Festival Salju Sapporo 2019 さっぽろ雪祭り

さて今回は、2019年度の「さっぽろ雪まつり」を散歩してみました。

さっぽろ雪まつりは、 毎年2月4日から2月11日まで開催しています。
※会場によって開催期間が少し違いますので、さっぽろ雪まつり公式ホームページで確認してみてください。

毎年素晴らしい大雪像をたくさん見れますので、楽しみにしているお祭りの一つです。

この時期には、札幌にも外国人の観光客がすごく増える時期です。

普段はそれほど外国人をたくさん見かけることはあまりないですが、この時期にはいつも以上に沢山の外国人の方を見かけます。

「雪のHTB広場×JR貨物」の大雪像です。

写真にある雪像は、「大通り会場」です。
地下鉄の大通り駅で降りると、アクセスが非常に良いです。

札幌駅からも徒歩で10-15分程度で行けますので、ゆっくりと街並みを見ながら散歩するのもいいと思います。

JR貨物の列車が雪で再現されていますね!
毎年クオリティの高い雪像を沢山見ることができます。

雪まつり会場は3か所

  • 大通会場
  • すすきの会場
  • つどーむ会場

大通り会場は、札幌雪祭りのメイン会場です。
ここでは、迫力のある大雪像を見ることができます。
そして食事を楽しむエリアも設けられています。

  • 開催場所 : 大通公園 西1丁目~西12丁目
  • 開催日程 : 2020年2月4日~2月11日
  • 開催時間 : 常時(ライトアップは22時まで)

すすきの会場は、氷像のエリアです。
大きな雪像はありませんが、とても綺麗な氷像が沢山ありますので見応えのあるエリアになります。
周りには飲食店など沢山ありますので、食事をしてゆっくりとすすきの会場を楽しむのも良いと思います。

  • 開催場所 : 南4条から南7条までの西4丁目線(札幌駅前通)
  • 開催日程 : 2020年2月4日~2月11日
  • 開催時間 : 常時(ライトアップは23時まで※最終日は22時まで)

つどーむ会場は、子供たちと一緒に楽しめるような雪道がたくさんある場所になります。
大規模な休憩所や飲食ブースがあり小さな子供がいても、家族連れで楽しむのにとても良いです。
会場へ行くには、地下鉄栄町駅からバスで行くのが便利です。

  • 開催場所 : 北海道札幌市東区栄町885番地1
  • 開催日程 : 2020年1月31日~2月11日
  • 開催時間 : 9時~17時

夜はライトアップ

夜になると、大雪像のライトアップが始まります。

昼の大雪像とは印象がまったく変わってきますので、夜のさっぽろ雪まつりも別の楽しみ方ができます。

最近では、何箇所もの大雪像でプロジェクションマッピングを行っていますので、光と雪像の幻想的な空間を楽しめます。

北海道の食を堪能

寒い札幌の冬ですので、長時間歩いていると体も冷えお腹も空いてきますね。

さっぽろ雪まつりでは、食事ができるエリアもあります。

北海道の様々な食材を使った、美味しい食べ物がたくさんありますので是非北海道の食材を堪能してみてください。

北海道で有名な食べ物

  • 味噌ラーメン
  • スープカレー
  • ジンギスカン
  • シーフード(牡蠣やホタテ・カニなど)

これらが北海道で特に有名な食べ物なので、フードエリアでは是非チェックしてみてください。

体が冷えた時には、美味しいものを食べると体も温まります!

日本に来た時には、寒い冬にピッタリな「甘酒」という飲み物があります。
甘くていい香りの飲み物です。
とても美味しいので是非飲んでみてください。

世界の食べ物も楽しめる

札幌雪まつりでは、北海道の食べ物だけではなく世界のいろいろな国の食べ物も楽しむことができます。

ロシア・トルコ・マレーシアなど色々な国食べ物を販売しています。

普段食べることができないものを、食べてみる良い機会ですので雪道を見ながら休憩の時に食べ歩きするのも楽しいです。

以前私がさっぽろ雪祭りに行った時には、マレーシアの料理店のブースで音楽に合わせて実演して料理していことがありとても面白かったです。

せっかく札幌雪まつりに来たのであれば、是非色々なものにチャレンジしてみてください。

Web site

■ Festival Salju Sapporo さっぽろ雪祭り公式ホームページ
↑ Klik untuk melihat

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA