トンテキとチキンカツの合い盛り丼 期間限定【かつや】Assorted tonteki and chicken cutlet limited time offer [Katsuya]

久しぶりに「かつや」でとんかつを食べたいなと思い、寄ってみることにしました。

ガッツリ食べたい時にピッタリな丼 「トンテキとチキンカツの合い盛り丼」

今回注文したのは、お腹が空いている時に、がっつり食べれるメニューで、美味しそうな期間限定の丼を発見したので、それを注文してみることにしました。

「トンテキとチキンカツの合い盛り丼」(2024年4月5日(金)より販売)

値段は、税込みで869円でした。

写真からもわかるように、大きなチキンカツと、たっぷりのトンテキがどんぶりの上に乗っているのが分かります。 

写真では分かりにくいですが、チキンカツの裏に、マヨネーズがたっぷりと添えられています。

チキンカツとトンテキの下には、キャベツも敷いてあります。

チキンカツはジューシーで、サクッとした衣が美味しく、ソースがとても美味しいのが印象的でした。

このソースですが、味噌カツのような雰囲気で、甘さとコクがしっかりとあり、白米がとてもよく進む味付けのソースで最高です。

チキンカツの、肉の厚さはこのぐらいの感じです。

鶏肉の風味なのですが、食べている部分によっては結構匂いがあったようにも感じました。多分鶏の皮の部分だと思うのですが、その辺りを食べるところでは、鶏肉の風味を感じたなと思いましたが、個人的には嫌いな匂いではないので美味しかったです。

鶏肉の風味が好きでないという方にとっては、少し気になる部分はあったかもしれません。

食べ進めたところの写真の様子はこのような感じ。

どんぶりの端に、マヨネーズがついているのがわかるでしょうか?ある程度つけながら食べましたが、このぐらいのマヨネーズを残しています。

キャベツもご飯に対してちょうどいい量が乗っているので、野菜のさっぱり感が出ていて、油物を食べるのに良かったです。

全体的に味も良く、しっかりとお腹いっぱい食べたい時にいい丼だなと思いました!

期間限定のメニューですので、気になったら早めに食べに行ってみてください。ソースが美味しいので、白いご飯が進むことを間違いなしです!!

ちなみに、次の写真にカツカレーがありますが、そのカツカレーのスパイシーなカレールーを少しチキンガ2に乗せて食べると、それもものすごく美味しくて良かったです。

カツカレー(梅)

もう一つの注文した商品が、カツカレー(梅)です。

値段、税込税込869円でした。

カレーに、ヒレカツが2枚とたっぷりの白米、それに加えてキャベツが添えられています。

このカツカレーのカレールーですが、スパイスの風味はものすごくよく、とても美味しかったです。

スパイスの種類が豊富に使われているような感じがして、辛さもありながら、酸味と少しフルーティーな感じもあり、そこにスパイスの美味しさが口の中に広がりとても美味しいです。

かつやのカレーを、今回初めて食べてみましたが、美味しく気に入りました!

今回は、ヒレカツのみですが、個別で他のフライなどをトッピングして一緒に食べるのも、いいなと思いましたので、別の機会に行ってみようかなと思いました。

テーブルの上の調味料類はこのような感じです。

ドレッシングと一味・とんかつソース、そしてからしは小さな袋に入って置いてあります。

お茶は、冷たいものになっていました。

かつやといえば、この漬物美味しいです!

大根の食感も良く、ご飯やカレー・とんかつを食べている時の、口直しに少し食べるとぴったりです!

メニュー

今回注文したトンテキとチキンカツの合いもり丼には定食もあります。

定食だと豚汁がついてくるので、汁物が欲しい方にはこちらがおすすめ!

今回注文した、ヒレカツカレー。

カツカレーのメニューや、エビフライ・メンチカツがセットになったカレーもあります!

以前にメンチカツツ定食を、食べたことがありますが、このメニューも美味しいのでおすすめです。

かつやといえば、カツ丼も外せません!

ロースカツ定食も、美味しいので今回注文するか迷いました。 

唐揚げ定食が以前から気になっていて、まだ注文していませんが、次回あたり来たら食べてみたいなと思っています。

タルタルチキンカツ定食も、美味しそうなのでこれも、リスト入りしています!

逸品メニューもこのように充実しているので、お腹に余裕があれば、追加で注文してみるといいと思います!

東京2泊3日の楽しみ方【一日目】  2024年3月20日頃 桜はちょっと早かった How to enjoy 3 days and 2 nights in Tokyo【first day】

今回は、東京へ2泊3日の旅。久しぶりの東京観光です!

いつも通り、神社仏閣めぐりをするのがメインですが、今回は東京タワーやマクセルアクアパーク品川へも行きます!

一日目の行程は、下記の通り。

  • 新千歳空港のJAL ダイヤモンドプレミアラウンジ
  • 羽田空港 パワーラウンジ
  • 三田駅-チサンホテル浜松町-大門駅
  • 豊川稲荷
  • 愛宕神社
  • 芝大神宮
  • 増上寺-東京タワー(パフェも!)-芝公園
  • 月島だるま もんじゃ
  • 小網神社(東京屈指のパワースポット)
  • チサンホテル浜松町ホテルレビュー

新千歳空港

JALの保安検査入口付近、13時過ぎ台の時間帯はいつもそれほど混んでいない印象。

この日も、それほど混み合っていませんでした。

いつも見ている 札幌 クラシックの広告看板、 素敵なデザインです。

さて、チェックインに移ります。

JALファーストクラス専用保安検査場から、手続きします!

JGCグローバルクラブの保安検査場よりも、圧倒的に人が少なくスムーズな印象です。

まとまって人が来ると、多少待ち時間が長くなることもありました。

ファーストクラス保安検査場を通過するとすぐに、ラウンジへあがるエスカレーターのところすぐにですので、ラウンジまですぐ行けとても楽です。

写真のオブジェですが素敵なので、毎回見てます。(個人的にお気に入り!)

この辺りに来ると、JALのラウンジで使われているとてもいいアロマオイルの香りが広がり、最高です!

「京急羽得きっぷ&Tokyo Subway Ticket」 新千歳空港の券売機

さて今回は、東京へ行くということで、京急と地下鉄の72時間券セットが、千歳空港に自販機があり、事前に購入しておくとお得です。

「京急羽得きっぷ&Tokyo Subway Ticket」とうものがあります!

写真にあるような券売機で、購入することができました。千歳空港の保安エリアを通り過ぎてから、この発券機がありました。

2箇所ありましたので、ANAとJAL側それぞれにあるような感じだと思います。

羽田空港に行ってからは購入できないので、ネットで決済しておくか、空港で購入という形になります。

今回は初めて購入するので、試しに空港の自販機で購入してみることにしました。

京急のチケットは、羽田空港と泉岳寺の間を往復できるチケットになります。

それに加えて、東京の地下鉄のチケットが、24時間48時間72時間から選択できます。

私の場合は、京急のチケットプラス地下鉄72時間のチケットを購入しました。

今回は、京急+地下鉄のチケットを購入しましたが、他のタイプのチケットも購入できるようですので、事前に購入しておくとスムーズに東京に行ってから移動できると思います。

ちなみに、今回購入した京急のチケットはそのまま使えるのですが、地下鉄の券に関しては、京急の窓口で受け取りになりますので、羽田空港で忘れずに交換してください!

羽田空港から泉岳寺までのチケットと、 72時間の地下鉄 乗り放題のチケットで、2100円でした。

以前にJALの機内誌に、「ハネチカ魅力発見キャンペーン」のがあって、これを見ていてチケットがあることを気づきました!

その他デジタルスタンプラリーなんかもやっていて、旅行中に楽しめるキャンペーンもありましたので、気になったらチェックしてみるといいと思います。

JAL 新千歳空港 ダイヤモンド・プレミアラウンジ

それでは、出発まで新千歳空港JALダイヤモンドプレミアラウンジでゆっくり過ごそうと思います。

ダイヤモンドプレミアラウンジに関しては、アクララウンジと違い、軽食があるところが嬉しい!

前回来た時も食べた、しっとりラムレーズン。ラムレーズンの香りとしっとりとした感じのパンが美味しいです。

確か、前回来た時にいなかった、ふらのクロワッサン。ちょっと食べたい時にいいサイズで、クロワッサがあるのは良かったです。

クロワッサンは、サクッとしてるわけではありませんでした。

甘辛ザンギおにぎり。ダイヤモンドプレミアムラウンジでは、おにぎりがあるところも嬉しいです!この、甘辛ザンギおにぎりは前回も食べて、美味しかったので気に入っています。

これは、ラウンジ定番のおつまみで、あられミックスと、減塩亀田の柿の種が置いてあります。柿の種は、減塩になっているところが嬉しいです!

ビールを飲む時にぴったり!

そしてプレミアムラウンジでは、桜ラウンジと違い、ノンアルコールビールも充実しています!

お酒が飲めない方も、楽しめる仕様です。

トマトジュースと牛乳もあります。

トマトジュースは、一番最後に必ず一口飲んでいます!美味しいですし、栄養補給にもいいですね。

まずはこのセットで、ゆっくりくつろぎます。

ビールはサッポロクラシック、しっとりラムレーズンと甘辛ザンギおにぎり。それにおつまみという感じです。

ちなみに ビールですが、 新千歳空港のダイヤモンド プレミアムラウンジでは4種類あります。

  • サッポロクラシック
  • アサヒ熟選
  • サントリープレミアムモルツ
  • キリン一番搾りプレミアム

ビールのほかにもウィスキーやお茶等色々あります。

パン屋おにぎりなどの軽食は、定期的に味が変わったりしているようです。ラウンジ行った時にもしあれば、是非食べてみてください!

柿の種やあられも美味しいです。

東京へ行くので、久しぶりにA350!

羽田空港到着

到着してすぐに、荷物受け取りをするまでに少し時間があるので、羽田空港のパワーラウンジで、水と酢のジュースを飲みました。(羽田空港の、第1ターミナルパワーラウンジは、保安検査を通り過ぎた後であれば、2箇所あります。)

パワーラウンジの、酢ジュースが気に入っているので、東京に来た時には時間があれば必ず寄っています。 

羽田空港に到着しました。 

手荷物受け取ってすぐのところに、レンタカーの受付もありました。 

リムジンバスのチケットもすぐ目の前で購入できます!

今回出たのは、ここの出口です。

すぐ近くには、「丸福珈琲店」があり、空港でコーヒーを飲んで少し休憩してから行くのも良いでしょう。

レストラン街で、東京ラーメンというのがありました!

お腹が空いている時であれば、ひかれるメニューです!

羽田空港 「POWER LOUNGE パワーラウンジ」

すぐに街へ向かおうかと思いましたが、少し調べ物をしたかったので、またパワーラウンジへ来ました。(このパワーラウンジは、1回国内線到着ロビー 保安エリアを通過する前にあります)

このように、飲み物がセットされています。

コーヒーマシンはこのような感じ。

豆からひいて飲むことができるので、良い香りのコーヒーが飲めます。

料金を払うとビールやお酒&甘いもの、おつまみなどが購入できます。

お茶は今回 3種類ありました。

  • 煎茶
  • アールグレイ
  • メイプルナッツティー

この扉の中には、黒酢ジュースであったり、水やジュースなどがあります。

まずは、黒酢ジュースを少しだけ。

ラウンジの目の前はスモークがかかっていて、他の人から見えにくくなっています。

カプチーノ

香りも良く美味しいです!

それでは、京急の駅へ向かいます。パワーラウンジからすぐ近くのエスカレーターで移動します。

京急の乗り場へ移動

真ん中には、羽田空港の案内所がありました。

写真の左方面が京急の乗り場になるので、そちらの方に進んで、窓口で地下鉄72時間券と引き換えしました。

京急のチケットはそのまま使えるので、改札機の中にそのまま通して移動できます。

帰りは三田駅(地下鉄)から乗ったので、先に地下鉄の72時間券で通過し、羽田空港の窓口で、京急分のチケットを渡しました。

案内所のすぐ近くに、東京モノレール乗り場があります。

三田駅に到着

今回は、「チサンホテル浜松町」に宿泊するので、三田駅で降りて徒歩で向かいます。

改札口から出てすぐの、この出口を今回は利用します。 

TAMACHI TOWER MALL のところに出ました。なんだか素敵な空間でした。

レストランやコンビニなども入っているようです。

ホテルへ行く前に、コンビニで買い出しするのにも便利そうです。お腹が空いていれば食事もできますし、スターバックスがあるので、コーヒーを飲んで一休みもできます。

このような感じで、エスカレーターを利用しました。

ここにも、素敵な空間が広がっています。

エスカレーター右横のところに、フリーピアノがあって、自由に演奏できるようになっていました。

この日は、ピアノを弾いている方がいて、音楽を少しの間聞くことができました。

地上に出ると、このような景色です。

やはり 東京は、 高層ビルが多いです!

日曜日ということもあって、外でイベントのようなものをやっていました。

1本内側の、細い路地を歩いて行くとこのような景色です。

この辺りにも、綺麗な高層ビルが建っています。

歩いていると、鰻屋さんを発見!「うなぎ割烹梅家」

渋い感じで良さげな店構えです。

ホテルに行くには、ここの交差点を横断します。

新幹線がちょうどいいタイミングで通り、少し見ることができました。 

三田駅から15分ほど歩いて、「チサンホテル浜松」に到着です。

ホテルの入り口。

ホテルの看板。

建物の、上の方の様子は、このような感じ。

すぐ近くには、鏡張りのきれいな高層ビルが建設中でした。

ホテルにチェックインするには時間が少し早かったので、荷物だけ預けて観光しに行きます!

大門駅へ

まず最初に、「豊川稲荷東京別院」へ行くことにしました。というわけで、ホテルから大門駅まで歩いて向かいます。

今回の旅は、地下鉄の乗り放題のチケットを購入していますので、地下鉄の移動をメインとしています。

大門駅を向かう途中に、ビルの一角に桜が咲いていました。まだ桜が咲くには早い時期でしたが、少しでも桜が見れてよかったです!

少し歩くと大きな通りに出ます。

川には観光用の船でしょうか? たくさん 停泊しています。

上を走っている、高架は首都高のようです。

少し歩くと、よさげな日本酒店を発見しました。

「浅野日本酒店」

テイスティングバーが併設してあり、気になる日本酒を少し飲んでから買いたいという時に最適です。

四合瓶専門店ということなので、ちょうど良いサイズ感。

色々な種類の日本酒を、少しずつ試し読みしたい方にもぴったりな場所だと思います。

入り口の目の前に大きな幟がありますが、奈良で人気の日本酒の1つ風の森(油長酒造)も、置いてあるようです!

2週間ほど前に奈良に行ったので、その時に角打ちで風の森を飲みましたし、「風の森 山田錦607」も四合瓶で購入し自宅で飲みました。

風の森は、全て無濾過生種で、風味がよく味もしっかりとしている日本酒でとても美味しいです。

磨きが多いものに関しては、後味がすっきりとしています!(大人気の日本酒の一つです)

店内には、おつまみも多少あるようなので、日本酒と合わせながらゆっくりと楽しめそうです。

時間があれば少し飲んでから、観光に行こうと思いましたが、時間もないので夜もし来れたらと思い写真に撮っておきました。

このように、大きな道路から1本内側に入ったところにあります。

大門駅へ向かう方面の風景です。この辺りには、飲食店がたくさんある印象でした。

高層のオフィスビルもあるので、お昼時などはランチで、サラリーマンの方などがこの辺りで食事をすることが多いのでしょう!

この辺りも、高層ビルばかりです。

さてそれでは、大門駅へ向かっていきます。

日本生命浜松町クレアタワーのところに、地下鉄大門駅があります。ビルの横は、緑あふれる空間で、気持ちよく歩けました。

地下鉄まではこのようにエスカレーターで降りて行けます。別の場所にエレベーターもあり、ベビーカーなどや体が不自由の方は、エレベーターを利用する事ができます。

上を見上げるとこのような景色。 

この辺りも素敵な空間です。結構長いエレベーターでした。

下には、飲食店もあります。

確か、ガラス張りになっているところあたりがエレベーターです。

豊川稲荷東京別院へ!(東京人気のパワースポット)

大江戸線に乗って、青山一丁目の駅に到着です。

豊川稲荷東京別院までは、ここから歩いておよそ14分です。

左手は赤坂御用地で、赤坂離宮もある敷地。警備のためか警察官?警備員?のような方が結構歩いていました。

素敵なビルがあるなあと思って見ていたら、この建物はカナダ大使館が入っているようです!

ホストクラブか何かの宣伝カーでしょうか?派手なトラック宣伝カーがいました。

もうしばらく歩きます。 

羊羹で有名な、とらやのお店が見えました。 

桜の咲いているところが、「豊川稲荷東京別院」です。

久しぶりに、とらやの美味しい和菓子が食べたくなりました。時間があれば寄ろうかなと迷いましたが、他にも行きたいところがたくさんあるので、参拝を優先です!

東京は全体的にまだ桜の時期としては早いなという感じで、ほとんど桜が見られないような状況でしたが、ここでは満開の桜が見れてとても良かったです!

豊川稲荷東京別院前の、交差点の風景。

このように、桜がとても綺麗でした。 

豊川稲荷東京別院の前には、赤坂御用地巽門がありました。

大きな木々があり緑が溢れていて、東京でありながら、良い空間が広がっていそうです。

このような風景です。

もう一度、桜を少し鑑賞して参拝に向かいます。

塀のところに並んでいる、大きなのぼりが印象的。

こちらの入り口側は、数台ですが駐車場もありました。

車の目の前には売店があり、豊川稲荷東京別院で有名な、「いなりずし」なども販売しています。

トイレも、ここにあります。

売店ではこのような感じで、飲み物や食べ物が売っています。

お店の中で、いなり寿司のセットやうどんのようなものが食べられる軽食店もありました。

真ん中でのお店に関しては、店内でいなり寿司を食べる場合は、いなりずし以外にもう一品注文すると中で食べられますと、言っていました。

両隣のお店では聞きませんでしたが、おそらく同じような感じで営業しているのかなと思いました。

せんべいなども売っているので、のんびりと参拝する時には、少し買って休憩の時に食べてみるのも良いでしょう。

今回私は、人気のある「いなり寿司」(テイクアウト)を買ってみました。いなり寿司に関しては、後で紹介します!

それでは、中を見ていこうと思います。

まずこの豊川稲荷東京別院ですが、神社ではなくお寺になりますので、お参りする時に2礼2拍手1礼されている方もいますが、手を合わせてお参りすると良いでしょう。

東京の豊川稲荷に来る前に、2023年度に愛知県にある、豊川稲荷の本山で参拝したことがあります。

そちらの豊川稲荷は、かなり大きな敷地になっていて、規模が全然違いますので、一度参拝されてみると良いと思います。

入り口入ってすぐのところにも、このようなお狐さんがたくさんいます。

布袋尊がいました。

布袋尊があったところの反対側を見てみると、白く綺麗な建物が見えてきます、こちらが奥の院になっています。後で参拝しようと思います。

鳥居の横にいたお狐さん。

摩利支天

ご真言 : オン・マリシエイ・ソワカ

摩利支天の横にお狐さんも祀られています。 

大岡廟

豊川稲荷東京別院は、「大岡越前守忠相公(おおおかえちぜんのかみただすけこう)」が、日常信仰されていたということです。

礼子図鑑にはたくさんのお狐さんがいます。

豊川稲荷本山の、霊狐塚には約1000体ほどのお狐さんがいて、ものすごい迫力です。

愛知県へ行った時は是非寄ってみてください。おすすめです!

正面にいるのは、 狐のゆるキャラでしょうか!

 記念撮影をする時にも、良さそうです。

稲荷らしい、ものすごい数の幟!

七福神の一体 福禄寿尊

ご真言 : うんぬんしきそわか

七福神の一体 毘沙門天

ご真言 : おんべいしらまんだやそわか

ここでもお参りします。

迫力のある石像です!

この先には豊川三神殿があります。

  • 太郎稲荷
  • 宇賀神王
  • 徳七郎稲荷

鳥居の先正面に見えているのが、「宇賀神王(商売繁盛など多くの人々に信仰されています)」

徳七郎稲荷(円満な対人関係をもたらすとされています)で参拝。

太郎稲荷(健康を守る飛行自在の神使)でも参拝しました。

左隣には、このようにお狐さんがたくさんいました。

ここ豊川稲荷でも人気の、縁結びの場所。

豊川愛染明王! 三神殿の裏にあり、少し見えにくい場所にありますが、見逃さずに訪れてみてください。

このような像が祀られています。愛染明王は、恐ろしい顔をしていますが、とても優しいということです。

恋愛成就を願う方にも人気があるようですが、その他良縁に恵まれることをお願いする人も多いので、人だけではなく色々な良いことに恵まれたい方も、ゆっくりとお参りしてみるといいと思います。

神木 梛の木、について書かれています。

商売繁盛にも、縁起の良い木だということです。

霊狐塚の裏にありました。

綺麗な仏像です。

豊川稲荷金運で人気のパワースポット!

「融通稲荷」財宝を尊天様(南無如来宝生孫尊天)。

金銀財宝の融通が叶えられると伝えられています。

中には、お狐さんがたくさんいて、野菜も祀られています。

豊川稲荷東京別院独特の、「融通金」!!

1人1袋となっていまして、財布に入れておくと金運アップするようです。

1年に1回交換するようで、隣に融通金お返し処(回収用のボックス)がありました。

毎年参拝できるようであれば、1つ財布に入れて祈念してください。翌年また参拝し返しに来ると良いでしょう。

ここには黄金色のお狐様がいました! 

融通稲荷縁起

本殿の建物横はこのような雰囲気。

破風部分

このような大きな石がありました。

さて次は、弁財天さんに挨拶です。(七福神の一体)

弁財天といえば金運ですね。ここでは銭洗いもできます。

まずはしっかりと、お願いしておきます。

ここで、銭洗いができます。

水は、一番高いところから出ています。

銭洗い用のザルが、このように棚の中に用意されています。この中に、小銭を入れて、銭洗いしてきました。

豊川稲荷で有名な縁切り!「豊川叶稲荷尊天」

弁財天さんの横にあります。

このような、雰囲気です。

叶とは、願望成就する事・願い事がとどく

ここにも、鋭い目つきのお狐さんがいます。

縁切りのお願いをする際には、最終的に人や物など良い方向に向かうように、縁切りになるようにお願いすると良いそうです。

ここでは、人との縁切りだけではなく、その他様々な縁切りに効果があると有名だそうです。

この場所で、行き止まりになっています。

ここが本殿です。

ゴールドの装飾が綺麗です。

おみくじや100円玉を10円に両替できる、両替機もありました。隣には自動販売機もあり、お寺らしい雰囲気を崩さないような、自動販売機デザインとなっています。

子だき狐

ご本殿前の、お狐さん。

大黒天 ( 七福神の一体)

ご真言 : おんまかきゃらやそわか

大黒天は、いつも色々な場所に祀られているので、お願いしています!ここにも、大黒天が祀られているのでしっかりと、お参りします。

ここには立派な、大黒天堂がありました。

中にいる大黒天も、凛々しい感じ。

南無豊川招福利生大黒尊天と三唱し、ご真言のおんまかきゃらやそわかを唱えて、参拝します。

実際に参拝した時には気づきませんでしたが、後で見てみると、手に持っているうちでの小槌が金色で良いですね。

招福利生大黒尊天について。

三所殿。

お守り等を受ける際には、こちらにあります。

それでは、ご本殿でお参りです。

豊川吒枳尼真天

ご真言 : オン シラバッタ ニリ ウン ソワカ(唵尸羅婆陀尼黎吽娑婆訶)

正面から見た装飾

中に入って参拝もできるようなので、入ってみようかなと思いドアを開けてみると、重くて開きませんでした。多分この日は、解放されていなかったのかも?

それとも、ただもっと力強くドアを開ければよかったのかもしれません。

次回行った時に、中で参拝できるようであれば、中に入ってみようと思います。

参拝する時にはこのご真言を唱えて、祈ると良いでしょう。

稲荷会館

山門の近くでは、このように綺麗な庭が広がります。 

もう少し暖かくなると、さらに綺麗な庭が見れるのかなと思いました。

手水舎

かっこいい2体の龍!

昇り龍のような、立ち上がった龍が迫力があり良いです。

子宝観音

子宝を授けてくださると言われている観音様です。綺麗な観音様の像が特徴的だなと思いました。

寿老人

ご真言 : うんぬんしきそわか

巻物と杖を持っているのが特徴的!ここでは、長寿を願います。

夕方になると、参拝客もだんだんと少なくなってきた印象です。

山門

すごく大きいというわけでもありませんが、重厚感もあり、装飾など手が込んでいて素敵です。

山門の瓦の様子。

稲のデザインが施されている文様が、素敵です。 

豊川稲荷についての縁起がここに書かれています。

多分、サザンカの花でしょうか。綺麗に咲いています。

椿とサザンカの花はとてもよく似ていて、見分けるのが少し難しいかなと思いますが、花びらは1枚ずつ落ちていくようなのはサザンカ、花がまとまってぽとっと落ちるのは椿のようです。

山門上部にある、彫刻の部分。

豊川稲荷東京別院の看板。この部分はとっても新しくて、すっきりしている印象。

豊川稲荷東京別院は、開門が5:00で閉門が20:00です。

山門の隣には、このような小さな扉がありました。

山門入ってすぐのところに、恵比寿尊の像があります。

ご真言 : おおんいんだらやそわか

ここのお地蔵さんは、たくさんの鶴が飾られています。

それでは、奥の院も参拝します。

奥の院のところにある鳥居が、一番大きなものだなと思いました。塗装も綺麗で、クリーンな印象です。

奥の院の建物の壁は、白が基調となっていました。この白い建物の雰囲気が、少し違った雰囲気がして、変わっているような感じがしました。

この奥には、本殿があり、 朱色の美しい建物が横から 一部分見ることができます。

豊川吒枳尼真天

ご真言 : オン シラバッタ ニリ ウン ソワカ(唵尸羅婆陀尼黎吽娑婆訶)

天井にある 装飾 も綺麗です。 

扉が開けれるのかなと思って上がってみたら、開きませんでした。現地では気づきいませんでしたが、隣に扉が開放されている時間が書いてありました。

開扉される時間が7:00で、閉扉される時間が14:50です。

奥の院奥にある、綺麗な朱色の建物を見るのに、先ほどお参りした弁財天が祀られているところに戻りました。

この場所に来ると、綺麗な建物が一部分見えます。

装飾も素敵なので、せっかくですから、ゆっくりと建物も鑑賞してみるといいと思います。

そして、正面よりもこちらの方か近くなので、もう一度ここでお参りもしました。

さて、お参りも一通り終わり、豊川稲荷東京別院で人気のあるいなり寿司を食べてみようと思います。

3個入りのいなり寿司で、横には生姜もついていました。

値段は、3個でおよそ350円。

見た目から少しわかるかもしれませんが、味は結構しっかり目だなという感じ!

ここのいなり寿司の特徴ですが、ご飯にたくさんの具材が入っているのがポイントです。

黒ゴマも入っていて、香ばしい風味が出ているのもいいなと思います。

白い酢飯のいなり寿司も美味しいですが、たまにはこのような具だくさんのいなり寿司も美味しいなと思いました。

味がしっかりめなので、運動した後やお腹が空いている時、番茶などと一緒に食べるとさらに美味しさが増すなと思います。

豊川稲荷東京別院に来ると、このいなり寿司を食べる方はよくいるようですので、名物の「いなり寿司」参拝来た際には、是非食べてみてください。

手水舎の雰囲気が良かったので、最後にもう一度ゆっくりと鑑賞しました。

龍の像がやはり素敵です!

お守りなどを販売している時間が終わったので、人もかなり少なくなりました。お守りなどを受け取らないという方であれば、夕方頃が人も少なくゆっくりと参拝できるのではないでしょうか。

最後に本殿も、ゆっくりと鑑賞。

時間は忘れましたが、午後5時頃だったでしょうか、受付はしまっています。

このようなインフォメーションもありました。最近、神社仏閣へ行くとこのタイプのインフォメーションが増えてきたように思います!

山門のところから、太陽の光が見え、良い景色です。

豊川稲荷の石柱

山門前の風景

愛宕神社

豊川稲荷東京別院での参拝も終わりましたので、次は愛宕神社へ向かおうと思います。

地下鉄の赤坂見附の駅。豊川稲荷からは徒歩9分ほどです。

この辺りも高層ビルが立ち並んでいて、ビルの良い景色を見ることができました。

交差点の景色は、このような雰囲気。

さて、地下鉄の虎ノ門駅で降りました。

出口を出てすぐ近くのところに、富士そばがありました!

まだ来たことがないですが、人気のお店なので、一度食べてみたいなと思っています。

全部のお店が24時間営業ではないようですが、時間のない時でもさっと食べれるようなので、別の機会に観光で忙しい時に利用しようかなとも思ったりしています。

あとは、夜食用にお腹がすいたら軽く食べてみるのも良いかなと思っています。

虎ノ門駅から愛宕神社までは歩いて約9分です。

この辺りにも高層ビルが多数立ち並び、その合間に愛宕神社はあるという感じです。

この辺りには1階に、カフェがあったり、コーヒーを飲んだりしてゆっくり休むのにも良さそうです。

少し歩くと、東京タワーも見えてきました。愛宕神社と東京タワーは徒歩で行ける距離です。東京タワー観光と一緒に行くのも良いでしょう。

愛宕神社到着です。愛宕神社の石柱と、目の前に見える急坂がわかるでしょうか!

愛宕神社の鳥居から見える、絶壁にある階段。愛宕神社にある名物階段です!!

愛宕神社、「出世の石段」と呼ばれいます!ここを登るのはかなりきついですが、せっかく愛宕神社に来たのであれば、この階段を上って参拝してみましょう。

ここは愛宕神社の参道になっていて、急な坂を利用したトレーニングをしている方もいるようですが、神社という場所ですので、トレーニングはしないようにということで注意書きがありました。

愛宕神社前にいる狛犬(左側)

愛宕神社前にいる狛犬(右側)

鳥居をくぐって振り返ると、このような景色。

「出世の石段」のいわれについて書かれています。

周りの高層ビルに囲まれているので、山になっていることが分かりにくいかもしれませんが、ここは都内にある自然の山の上にある神社で、都内23区で最高峰ということです。

それでは、この急峻の石段を登っていきます。

半分ぐらいまで登ってきました。

頂上まで上り、後ろを振り返るとこのような景色。急峻な石段の景色がここからも伝わると思います!

石段を上がりきると、このように神社は正面にあります。

鳥居はこのような雰囲気です。 

右側には社務所と、名物の鯉の池があります。

左側には、手水舎があります。

このような、展望所のようなところも新設されていました。

愛宕神社名物の、鯉の餌やりですが、新しい池に改装してから、まだ恋が慣れていないようなので、夏頃からできるようです。

ちなみに、去年も一度訪れたのですが、その時は水を全部抜いていて工事をしてる最中でした。

このように、綺麗な鯉が泳いでいます。 

正面の祠のところには、弁財天社があり市杵島姫命が祀られています。後でお参りしに行きます。

周りはビルに囲まれていますが、愛宕神社の辺りが、程よく緑に囲まれていて、いい雰囲気です。

おみくじ もたくさんあります!

黄色の鳥居が美しいです!

愛宕神社の社殿。

朱色の門が美しいです。

装飾も、綺麗!!

愛宕神社の御由緒が、書かれています。

ご祭神

【主祭神】

  • 火産霊命(ほむすびのみこと)〈火の神〉

【配祀】

  • 罔象女命(みずはのめのみこと)〈水の神〉
  • 大山祇命(おおやまづみのみこと)〈山の神〉
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)〈武徳の神〉
  • 将軍地蔵尊・普賢大菩薩


【境内末社】

  • 太郎坊神社
  • 福寿稲荷神社
  • 弁財天舎
  • 恵比寿大黒社

【創建】1603年(慶長8年)に、徳川家康公の命により防火の神様として祀られました。

【海抜】26メートル

【境内地】 1750坪(愛宕山面積は6千坪)

愛宕神社の御神灯

神紋の葵三つ巴

問にも神紋の葵三つ巴があります。

なんというものなんでしょうか?

このような装飾もあります。

境内にある庭の様子。

「招き石」

この石をなでると、福が身につくといいます。

気にせずに歩いていると見逃してしまいそうですが、せっかく来たのであれば、忘れずに石を撫でてから参拝しましょう。

社殿の屋根の雰囲気。 

正面から見た、社殿の様子。

敷地内に、猫がいると書いています。この日は、社務所あたりに猫がのんびりと寝ていました。かわいらしかったです!

社殿の雰囲気

写真正面に見えるのが、社務所です。

社務所の左側に、境内末社があります。

屋根裏の様子

愛宕神社の釣り灯篭

境内横は、まだ工事中の部分もありました。

社務所はもう開いていないので、お参りする方も少なく、のんびりと参拝できてよかったです。

愛宕神社社殿の様子。きらびやかで美しいです。

こちらでおみくじや、お守りなどを受けれるようです。

時間的に扉が閉まっていて、中に入ることはできませんでしたが、ここに境内末社がありました。前回来た時は、まだ早い時間に来たので、この三社でもお参りできました。

  • 太郎坊神社
  • 福寿稲荷神社
  • 恵比寿大黒社

社務所の近くには、少し年老いているようですが、可愛い猫がいました。

しっぽがピンとまっすぐなっているところと、丸まった背中が可愛らしいです。

手水舎の様子。

大きな花の蕾も綺麗で、肉厚で色の濃い緑の葉っぱも綺麗です!

椿の花でしょうか?

綺麗な花です。

愛宕神社の扁額。

もう一度綺麗な鯉を見て、ゆっくりとします。

木の幹に大きな穴が開いていて、良い雰囲気です。

弁財天社

御祭神は、市杵島姫神。

金運や水の神様として有名ですね。

このような感じで、経済はまだ工事中のようです。

弁財天社にある、龍の彫刻も素晴らしい。

下の方には、かもめのような鳥の彫刻がありました。何の鳥なのでしょうか?

扉の両サイドにも、龍の彫刻があり綺麗です。

真ん中の鍵も、新しくきれいで、黄金色で美しいです。 

弁財天社を、斜めから見たところ。

破風の部分には、鶴のような鳥の彫刻がありました!

愛宕神社の、「出世の石段」がプリントされている、お祭りTシャツも販売されているようです!

愛宕神社名物の、鯉の池はこのような雰囲気に改装されています。次に来る時には、鯉の餌やりを一度やってみたいなと、思っています。

まだ春も早い時期で、木々に緑はあまりありませんが、これから暖かくなると、綺麗な緑の中で参拝できそうな雰囲気です。

最後に、社殿一番奥の神様が祀られている場所に、一番近い場所でお参りして帰ろうと思います。

このような感じで、鳥居も設置されています。

正面からお参りする人はたくさんいるのですが、この場所でお参りする方は少ないので、ゆっくりと参拝したい方はこちら側からが、おすすめです。

愛宕神社の社殿を、横から見たところ。 

周りには高層ビルがたくさんあり、その中にポツンと神社があるのがわかるでしょうか。

都会の、綺麗な景色も堪能できます。

社殿 一番奥の部分の建物です。

この場所からは、このように東京タワーも見えます!

それではこの急峻な階段を降りて、次の場所に向かおうと思います。

雨が降ったりすると滑って、転んだりする危険もありますので、足元は十分に注意して上り下りするといいと思います。

できるだけ、スニーカーなど滑りにくい靴がいいなと思います。

階段を降り、最後に「出世の石段」を振り返り見ます。改めて、急坂を登ったなと実感します。

出世の石段は、階段がかなり急できついですが、隣に「女坂」があり、そちらはある程度緩やかな傾斜で上り下りしやすくなっています。

ただ現時点では、工事をしているため、「女坂」は使えなくなっていました。

それでは次に、関東のお伊勢様といわれている「芝大神宮」で参拝しようと思います。

正面に見えているのは、増上寺です。

芝大神宮

向かっている途中にも、東京タワーが見えています。

桜の開花まではまだ早かったですが、少し桜が咲いているところを見れました!

だんだん日も暮れてきて、東京タワーからライトアップされています。

東京タワーのすぐ下にある大きな建物は、東京プリンスホテルです。

歩道橋降りて、少し歩くとライトアップされた東京タワーがしっかりと見えます。

「増上寺 大門」が、見えてきました。

正面から見ると、このように素敵な門です。

増上寺大門のところだけ、道路の道幅が狭くなっているのがわかるでしょうか!

昔からの道の太さが、このぐらいのものだったんだなぁということが分かります。

増上寺大門を通り過ぎてすぐのところの交差点を、左側には曲がるとまもなく「芝大神宮」の入り口が見えてきます。

このように細い路地を入っていくと、もう間もなく神社に到着です。

東京10社巡りというのもあるようなので、今後少しずつ参拝に伺いたいと思います。

この通りの突き当たりを、左に曲がるとすぐです。

ここにも、東京10社巡りの看板がありました。

「生姜塚」というのがありました。

芝大神宮の石柱。

この大きな提灯がライトアップされると素敵です。 

神紋は、三つ巴です。

芝大神宮の参道。

芝大神宮を、正面から見たところです。

迫力のある鳥居が印象的。

ちょうど到着した時に、拝殿の扉が閉まりかけていました。すぐに上がって参拝すると、ちょうど神社の方がいて、参拝してる間だけ扉を閉めるのを待ってくれました!

芝大神宮の拝殿。

扉には三つ巴の神紋があり、黒塗りで金色の装飾も素敵です。

手水舎

手水舎にあった柄杓。

手水には、檜(ひのき)の芯材を使った、「禊(みそぎ)の湯」を入れているということです。

手水舎のすぐ左側に、このような石柱があり、小さな庭のような雰囲気になっていました。

社務所の様子。

神主さんに祈祷してもらう時などには、拝殿横のこちらの入り口から入っていくのでしょうか。

拝殿の扉、正面から見ても迫力があり素敵です

御祭神 :「天照皇大御神」「豊受大神」

相殿 : 「 事代主命」「 大国主命」「 倉稲魂命」「菅原道真公」「 源頼朝公」「徳川家康公」

参拝しているうちに、だんだんと暗くなってきて、提灯の明かりがさらに素敵な雰囲気。

この日はもう閉まっていますが、お守りなどを受けたい方はこちらの社務所です。

拝殿の扉は閉まっていますが、 ライトアップされているので、 日が落ちてからでも参拝しやすいです。

お賽銭箱の雰囲気。

金色の装飾が素晴らしいので、帰る前にもう一度ゆっくりと眺めました。

階段の上から参道を見ると、このような雰囲気です。

 右手の狛犬は口を開けています。

左手の狛犬は口を閉じています。

広々とした階段の上に、拝殿が見えるこの景色も良かったです。

仙台空港アクセス線の七夕飾りが素敵 Tanabata decoration Sendai

7月10日に、 仙台 行った時に仙台空港アクセス鉄道で、仙台の夏の風物詩、七夕飾りを見ることができました。

仙台の夏の風物詩

仙台空港から、仙台空港アクセス鉄道のホームの様子を見ることができます。

仙台空港から、仙台空港アクセス線への連絡通路はこのような雰囲気です。

仙台空港の、外観はこのように、波打った屋根のデザインが特徴的だなと思いました。

 仙台空港の反対側の景色は、このような雰囲気です。

 晴れていると、正面の山の景色がとても綺麗です。

 あいにくこの日は曇り空で、山の景色はお預けという感じ。

仙台空港アクセス線の改札前に、このような綺麗なステンドグラスもあります。綺麗です!

仙台七夕祭りがあと1ヶ月ほどということで、 改札前にはこのような、 七夕飾りが飾られていました。

仙台空港鉄道の、キャラクターなのでしょうか。

可愛らしいデザインの、七夕飾りが印象的です。

仙台空港アクセス線の改札はこのような雰囲気です。 

改札口はそれほど沢山ありませんが、 混雑して通りにくいということはなかったので、このぐらいの数で十分なのでしょう。

仙台空港から、仙台市内まで向かう時の列車はこのような感じです。

この日、乗車した時間帯の列車は、2両編成でした。

7月から8月にかけて仙台へ旅行する方は、可愛らしい七夕飾りが 仙台空港駅で見ることができるとおもいます。ぜひゆっくりと楽しんでみてください。

岩見沢公園 バラ園 Iwamizawa Park Rose Garden

北海道岩見沢市ににある、岩見沢公園のバラ園へ行ってきました。(2023年7月2日)

このバラ園では、たくさんの種類のバラを見ることができ、天気の日に散歩すると最高です。

公園内には、約630品種8800株のバラとハマナスが植えられているということです。

入園料と駐車場は無料でした。

天気のいい日に散歩すると気持ちがいい

駐車場 ぐ近くの、バラ園入り口の部分はこのような雰囲気です。

この日は、入り口から入るとすぐのところに、綺麗なバラが咲いていました。

広い敷地内に、たくさんのバラが咲いています。

この辺りはピンク色の花が、とても綺麗で、見頃です。

綺麗な花の様子が、わかるでしょうか。

 バラの花びらが、幾重にも重なり、とても綺麗です。

緑色の葉も、艶やかでいい発色なのが、花を引き立てています。

つぼみもたくさんありました。 まだ、しばらくいい状態のバラを楽しめそうです。

こちらのバラの赤色の発色がすごくよく、気に入りました。

ふわっとした花びらで、 波打っている様子が素敵です。

こちらのバラは、外側が赤色で、内側の部分が白い薔薇の花びらでした。

珍しい、雰囲気の色で素敵だなと思います。

ベティ ブープという種類のバラのようです。

違う角度から見てみると、 このような雰囲気の花です。

こちらのバラは、フェンスの部分に立ち上がっていくようになっていて、立体的に楽しめ、 花の数も多く綺麗です。

青空と、バラの景色が最高!

ピンク色の薔薇だけではなく、赤色のバラもありました。

マリー ヘンリーエッテという種類のバラ。

柔らかそうな花びらで、ふわっとした雰囲気と、淡いピンク色が素敵です。

白色のバラも咲いています。

コスモスという種類のバラです。

クリーム色の綺麗な色をした、バラもありました。

全体を見るとこのような雰囲気です。

バラ園の中心部分には、このような綺麗な花壇があります。

この日は週末ということもあり、記念撮影ゾーンもありました。

このように、アーケードのようになっている部分もあります。

中心部分にも、色々な種類のバラが咲いていて、 それぞれ違った色や花びらの様子を満喫できます。

 ダブル デュライトという種類のバラです。

横から見ると、こういう花びらの雰囲気です。

中心部分が白、外側が赤ピンクという感じの色合いで、気に入りました!

少し遠目から見てみると、 このような雰囲気です。

こちらにも、ピンク色のバラがたくさん咲いています。 ピンクや赤のバラが多い印象です。

少し、角度を変えてみると、中心部と外側の赤の色の違いがはっきりと分かります。

この辺りには、同じ種類がまとまっているようで、 ボリューム感のある花の様子が、楽しめるのが良いところです。

ここには円柱状になった柵に、綺麗な花が立体的に楽しめ、満開の様子がすごく綺麗で空とのコントラストの違いもあり、美しいです。

このバラの花びらは、少し外側がカールしていて、可愛らしい。

薄紫色をした、珍しいバラがありました!

色の雰囲気がとてもよく、気に入りました。

ノーヴァーリスという種類のバラです。

少し遠目から見ると、このような雰囲気です。

やはりこのカラーが、素敵でいいですね!

少し奥の方には、食事のできる建物があり、ピザやアイスなどを楽しむことができます。

ピザは結構人気があるようです。 このバラ園に来たら、一度食べてみてください!

花が少し枯れてくると、このような感じになっています。

道も綺麗に整備されていて、歩きやすい中で散歩ができます。

今回は、バラ園から中心部付近まで、15分程度の散歩してみました。

少しの散歩でも天気がいいと、とても気持ちがよく最高です。

この場所の少し 奥には、パークゴルフ場もあり、パークゴルフを楽しむこともできます。

運動した後に、のんびりとバラ園を散歩して、ピザなどを食べるのも良いでしょう。

三角形のところにある建物の中でも、バラなどの植物を見れるようです。

建物の奥側が山になっていて、夏のこの時期だと緑色が濃く、とても気持ちのいい景色が楽しめます。

山際の方へ歩いて行くと、小高い丘のようになっているので、バラ園を少し高いところから見ることができ、全景を楽しめます。

街灯も、このような雰囲気で、素敵です。

それでは入り口付近に戻り、今回の岩見沢公園 バラ園の散歩を終了します。

駐車場はかなり広く、ゆったりと停めることができますが、土日など混み合ってる時間帯では、ある程度の車が停まっている状態だと思います。

今回は、日曜日のお昼頃行ったのですが、7割から8割程度は車があったかなという具合でした。

岩見沢のバラ園はとても綺麗で、散歩にぴったりな場所です。バラが好きな方は、是非行ってみてください。

web page

■ バラ園 Rose garden

Map

青森の末廣ラーメン本舗 中華そば&焼き飯ハーフ&ビール Suehiro Ramen Honpo in Aomori

青森といえば、煮干しラーメンが特に有名です。しかし、今回は最近気に入っている、末廣ラーメン本舗の、中華そばを食べに行こうと思います。

コクのあるスープと麺のバランスそしてチャーシューが美味しい

お店近くの、青森市街の様子は、このような雰囲気です。

お店の目の前はこのように大きな通りですが、静かな雰囲気です。

この日は、21時から22時頃に、訪れたと思います。

青森の中心街はこのように、天井があるところを歩けるので、多少雨が降っていても、濡れる心配がなくて良かったです。

商店街の角には、高森茗茶堂という、お茶屋さんがありました。

新町ショッピングストリートの看板は、このように風情のある雰囲気で、とても良かったです。

交差点の違う方面の、街並みの様子です。

店舗の様子

それでは、末廣ラーメン本舗に到着しました。

仙台や秋田のお店もこのような、黄色の看板がとても目立つ、店構えとなっていました。

青森のお店も同様に、同じような店構えで、近くに来ると末廣ラーメン本舗ということがすぐに分かります。

末廣ラーメン本舗は、昭和13年創業の屋台中華そば ということです。

末廣ラーメン本舗のラーメンは、スープのベースが、京都の「新福菜館」のスープから受け継がれているということです。

数週間前に、京都へ行った時に初めて「新福菜館」の 中華そばを食べました。

「新福菜館」の、ラーメンのスープは真っ黒なスープの色でありながら、 塩味は抑えられていて、 すっきりとした後味でありながらコクがあり、とても美味しかったです。

末廣ラーメン本舗のスープとは、味の雰囲気が結構違いますが、ベースになる真っ黒の醤油スープのようなものは、同じような作り方になっているのでしょう!

この看板が、とても分かりやすく、ラーメン屋さんの雰囲気が出ていて、いいですね。

券売機

お店に入ると、このような 券売機が置いてあります。

仙台や秋田に行った時の、末広ラーメン本舗も、同様の券売機が置いてありました。

領収書が必要な方は、店員さんにお願いすると発行してくれるようになっていました。

瓶ビールはサントリーモルツ

青森の末廣ラーメン本舗は、ビールがサントリーモルツです!

事前に写真などで確認していると、ここではサントリーモルツの瓶ビールが飲めるということで、楽しみにしていました。

瓶のサントリーモルツは、美味しいので気に入っています!

ビールは、600円でした。

ヤキメシハーフ

焼き飯ハーフの値段は、380円でした。

注文してから提供まで、ものの数分で出来上がったという感じです。 席についてビールを飲んで少しするとすぐに、焼き飯が出てきました。

焼き飯の見た目は、通常ラーメン屋さんなどで見かけるものよりも、かなり色の濃いチャーハンに、仕上がっているのがわかると思います。

色が濃いので味付けが濃いように思われるかもしれませんが、 実際に食べてみると程よい味付けで、熱々のヤキメシがとても美味しいです。

末廣ラーメン本舗のヤキメシは、とても人気がある商品です。ここのお店に行く際には、是非この特徴のある黒い焼き飯を食べてみてください!

秋田に行った時に、ヤキメシの上に卵の黄身が乗っているバージョンも食べてみました。

そのヤキメシも美味しかったのですが、個人的には、このノーマルタイプの焼き飯の方が美味しいなと思いました。

まろやかな卵の風味や食感を、楽しみたいという方は、黄身をのせたタイプを選ぶといいと思います。

中華そば(並)

ヤキメシが出来上がってから、まもなくすると、 中華そばも出来上がりました!

中華そば(並)の値段は、850円でした。

見た感じからわかるように、しっかりとコクのある醤油ベースの、美味しそうなスープだということがわかるでしょうか。

最近の濃厚ラーメンのように、背脂などの脂がたっぷりというわけではありませんが、しっかりとしたコクがあり、とても美味しいスープに仕上がっています。

チャーシューにも特徴があり、薄切りのチャーシューがたっぷりと乗っています。

薄切りにすることで、柔らかい食感、そして麺との相性も良く、美味しく麺とスープを食べられる、チャーシューに仕上がっているなという印象。

スープの味ですが、北海道旭川ラーメンの、豚骨と魚介系のスープを合わせた、ダブルスープに、かなり近い味付けだなと思いました。

北海道旭川ラーメンが好きな方は、ここの中華そばのスープはきっと気に入るでしょう!

麺の太さは、中太麺でストレートです。少し太めの印象。

並サイズですが、ボリュームもしっかりとあるので、かなりお腹いっぱいになります。

調味料

調味料はこのようになっていて、胡椒・醤油・ラー油などが置いてあります。

メニュー

メニューは、壁に大きく貼りだされてます。

この日は、餃子が売り切れのようでしたが、餃子も販売しているので、ビールを飲みながら、餃子やワンタン、そしておつまみのメンマやチャーシューなどを一緒に食べると、ビールが美味しく飲めることを間違いなし!

今回はこのように、青森の末廣ラーメン本舗で、美味しい中華そばとヤキメシ、そしてビールを楽しみました。

ここの中華そばは、とても美味しく最近気に入っています。青森へ旅行する方は、是非食べてみてください。

店舗全体

末廣ラーメン本舗青森店の、店舗全体の様子は、このような雰囲気です。

青森の街

食後、外に出ても青森の街中は、このように静かな雰囲気で、のんびりと歩いて帰るのに最高です。

この道をまっすぐ歩いて行くと、青森駅方向へ行きます。青森駅までは、徒歩およそ10分というところでしょう。

この日、私が宿泊していたのは、「サンルート青森」です。末廣ラーメン本舗からは、歩いておよそ5分。

歩いてもそれほど遠くない距離で、ちょうど良かったです。ちなみに、青森の人気の観光地、アスパムからも徒歩5分程度です。

■ 末廣ラーメン本舗 Suehiro Ramen Honpo

京都の絶品とんかつ「かつりき」 Kyoto Tonkatsu Katsuriki

京都旅行で、美味しいとんかつを食べたいなと思い探していたら、とても良い店を発見しました。

お肉が美味しく 調味料が豊富 京都で極上とんかつを味わおう!

四条烏丸バス停の、目の前にあるビルの1階に、「とんかつ 京都かつりき」が入っています。

この日は バスで移動していることが多く、お店の目の前のビルに、バス停があったのはとても便利でした。

ビルの1階を入ると、このような雰囲気です。

1階には、いくつかのレストランなどが入っています。このように、インフォメーションがあります。

珍しい食品などを売っていそうな、スーパーマーケットや本屋さんも併設されています。

今回は、「とんかつ 京都かつりき」でとんかつを食べる目的できましたが、餃子やお寿司屋さんなど美味しそうなレストランがあり、他の店舗でも食事をしてみたいなと思わされます。

その時の気分で、色々と楽しめるのが良いなと思いました。

「とんかつ 京都かつりき」の、お店の目の前の様子です。

お店の前には、このように店内で提供されている、お肉の内容がしっかりと書かれていて、店内に入る前にしっかりと、食べたいものをチェックすることができます。

ここには、おすすめのメニューが書いてあります。

お店の目の前にメニューや、自分好みでとんかつを美味しく食べるための選択肢が多くあります。とんかつを美味しく食べる手順も書いてあるので、しっかりと食事を楽しめます。

お店の中に入ってからも、メニューはありますので安心してください。ゆっくりと食べたいものを考えると良いでしょう。

京都産の、厳選されたコシヒカリを使っているということで、美味しいご飯が食べれそうで楽しみです。

そして、京都で美味しいお米を提供している、「八代目儀兵衛」のお米が食べられるというのも最高です。

「とんかつ 京都かつりき」での美味しい、とんかつの食べ方がここに書いてありました。

  1. まず、最初に右から2切れ目を何もつけずに食べます。
  2. 次にお肉本来の甘みや旨味を楽しむために、中央付近のとんかつの断面に塩をかけて食べます。
  3. 最後にお好みで、泡醤油や中濃ソース辛口ソースの順番で徐々に濃いめの味を楽しむというスタイルです。

ココとんかつがつり機で珍しいなと思ったのが、泡ソースをかけてとんかつを食べるという点です。

初めて食べるソースになるので、どのような感じになるのか楽しみです。

それではメニューを見ていきます。

柔らかい肉質を楽しめるヘレカツ。これも美味しそうだなと、思い注文するか迷いました。

とんかつの定番といえば、やはりロース!

初めて食べに来るお店なので、どうすう注文するのもいいなと思いました。

一品メニューで、特製コロッケや、特製ミンチかつなどもあります。

2種類のとんかつなどが合わさった、定職メニューもあります。

今回はとんかつと、エビフライを食べたいな気分だったので、これを選択しました。

とんかつとエビフライの組み合わせは最高です。

そしてとんかつ定番の、ロースを味わえるのも選べる決め手となりました。

一品メニューに卵カツあり、どのような味になっているのか気になりました。

別の機会に行ったら、食べてみたいなと思います。

飲み物のメニューは、ビールや日本酒、ワインなど結構色々と種類があります。

お店の中の雰囲気は、このような感じ。

おしゃれで清潔感があり、いい空間です。

調味料が、このように揃っています。

右から2番目の、プッシュするタイプのものが、泡醤油になっています。

珍しいスタイル の、調味料なので楽しみです。

それでは、ロースカツとエビフライの定食が出来上がりました。

見た目から、とても美味しそうなのが、分かるでしょうか。

漬物の3種類あり、口直しにぴったりです。

とんかつはこのように、サクッと揚がっていて、とても美味しそうです。

衣は、荒いタイプのものを選びました。

エビが大ぶりのものを使っていて、食べた時にしっかりと海老の実の食感がプリッと感じられ、美味しかったです。

備え付けの、タルタルソースも美味しいです。

やはりこの組み合わせの、見た目は食欲をそそります。

ご飯の様子はこのような感じ。

とんかつにぴったりで、美味しいご飯でした。

この日は、ご飯のおかわり1回しています。

味噌汁は赤だしのような雰囲気の、味噌汁だったと思います。

とんかつと、エビのを断面はどのような感じです。

しっかりとあげてあるとんかつですが、お肉も柔らかく美味しかったです。

最初に何もかけずに、そのまま食べてみました。とんかつの美味しい、風味を確認しながら味わいます。

その次に、塩をかけて食べると、やはりお肉の甘みが伝わってきて良かったです。

その次に、泡醤油をかけてみました。醤油のキリッとした風味で、さっぱりと食べられるとんかつだなと思います。

お酒と一緒に、とんかつを楽しみたい時にピッタリかなと思いました。

その後はソースを使って、とんかつを食べました。

中濃ソースがご飯と一番よく会い、美味しかったです。

辛口ソースは、思っているもピリッとしたからさがあり、辛いものが好きな方にオススメ。

どのソースも、美味しく食べれ、とても良かったです。ご飯を食べたい時や、お酒を飲みたい時など、それぞれ会うソースの使い方ができるのが、いいなと思いました。

エビフライに関しては、少ししっかり見にあげてあるので、エビのプリッとした食感が強めかなという雰囲気です。

個人的には、もう少ししっとり系の上げ具合のほうが、好みですが、エビの大きさがしっかりとあり、食感も楽しめたので、今回のエビフライ美味しかったです。

とんかつかつ力から少し歩くと、このような街並みを見ながら、外を歩いて行きます。

この次に向かったのが、京都スプリングバレーでビールを一杯だけ、食後に飲みたいなと思い、歩いて行きました。

スプリングバレーのビールは、いくつかの種類があり、味もとても美味しく気に入っています。

京都でビールを飲みたい時、おすすめのお店です。

このような京都の街並み、綺麗なので歩いているだけでも楽しめます。

今回はこのように、京都で美味しいとんかつを楽しみました!

■ 京都カツリキ Kyoto Katsuriki