平岡樹芸センターの紅葉下見 Hiraoka Arboretum Center [Travel Sapporo]

今回は札幌で人気の紅葉スポット、平岡樹芸センターへ行ってみました。

紅葉を見るにはまだ時期的には早いですが、最近は少し寒くなってきてだんだんと葉っぱが色付き始めるかなと思いましたので、様子を見に行ってみました。

2022年9月19日に行った時の、様子の紹介になります。

紅葉トンネルの人気スポット!札幌の人気紅葉スポット

平岡樹芸センターといえば、もみじの紅葉トンネルがとても有名です。

ここへ来たら、もみじのトンネルを歩き、写真を撮るのがおすすめです。

この日紅葉トンネルを歩いてみると、色づき始めている部分もありましたが、まだまだ色付きが進んでいなく茶色い葉っぱの木も多かったです。

部分的に赤色の葉っぱの部分もあったので、紅葉の最高時期に比べると色付きは良くないですが、綺麗に見える部分もありました。

この辺りが平岡樹芸センターの、紅葉トンネルで人気の写真ポイントです。

近くに大きな栗の木があり、この時期だと上からイガグリが落ちてくる可能性があるので、帽子をかぶって行ったり、傘を用意して歩くと良いのかもしれません。

写真から分かるように、すでに栗がいくつも落ちているのが分かります。

栗の木の横には、このような素敵な木の空間があるので、この辺りの散歩をするのもおすすめです。

程よい広さで、コンパクトに楽しめる庭園で、住宅地の中にポツンとある静かな感じが、のんびりと散歩するのにちょうどいいです。

日本庭園側に寄ってみました。

こちらの景色もとてもよく、紅葉が良い時期になると、東屋付近の写真撮影ポイントが込み合います。

東屋が見えてきました。

東屋の目の前には、このように小さな池があり、水が常に流れ込んでくるので、水の音も聞こえてきて、とても気持ちの良い空間です。

ハウチワカエデなどの木がここにあり、ここの紅葉も素敵なのでおすすめ。

ここから見る、池越の東屋の景色がとても綺麗に見えます。この場所は人気の撮影ポイントの一つでもあります。

何の花の種類かはわかりませんが、最近ではこの辺りに花を植えていて、花も楽しめるようになっていました。

少し角度を変えて、東屋付近からの様子はこのような景色です。

正面の方の木の紅葉が始まると、赤や黄色の色合いがとても綺麗です。紅葉時期には見応えがあります。

東屋を少し進むと、このように岩の塀の所があるのですが、この辺りに小さな花が咲いていてとても綺麗でした。

色々な種類の植物があるので、季節でそれぞれ違った様子を楽しめて素晴らしいです。

登山をする時に見かけるような植物もいくつかあり、登山をしている方であればそういった、山でよく見かけるような植物があるので、山の植物を発見する楽しみもあります。

この辺りは駐車場すぐ近くの、庭園の様子です。

この辺りにあるドウダンツツジが色づくと、紅葉がとても綺麗です。せっかく平岡樹芸センターにきたら、この辺りの紅葉も楽しむことをお勧めします。

駐車場の目の前にはこのように、「ノムラモミジ」のトンネルが続いていますが、この辺りはまだ茶色い葉っぱです。10月下旬頃、見頃になるでしょう。

イヌサフランだと思います。紫色の花がとても綺麗です!

駐車場のすぐ近くの場所に咲いていました。

この時期になると、この花が綺麗に咲いているので探してみると、綺麗な花を楽しめます。

このように今回は平岡樹芸センターで、9月の紅葉直前の様子を下見に行ってきました。

紅葉まではまだ時期的に少し早いですが、この時期であれば人も少なくゆったりと楽しめるので、静かな空間でゆっくりと散歩したいなら今の時期がいいと思います。

植物が好きな方は、ゆったりと散歩したい時に、寄ってみると楽しめます。

それほど大きな場所ではないですが、札幌の住宅街で美しい自然を楽しめる穴場スポットです。

■ 平岡樹芸センター(みどりーむ) Hiraoka Greenery Center (Hiraoka Jyugei Center)

ニセコの旅 絶品ピザ&スイーツを! Niseko Trip Exquisite pizza&Sweets

ニセコにある絶品ピザを食べに来ました。ニセコでとても有名な、乳製品を使ったスイーツショップなども併設されている、「高橋牧場」です。

高橋牧場の飲むヨーグルトはものすごく有名で、道の駅やスーパーなどでも見かける商品です。

今回訪れたのは高橋牧場の、「ピザレストラン マンドリアーノ」。

ニセコ高橋牧場 MANDRIANO

この日は、ニセコ方面での登山でした。「イワオヌプリ」に登ってきました。イワオヌプリからこの高橋牧場までは、車でおよそ20分程度の道のりです。

この日は登山を開始する時間が少し遅れてしまい、遅くなりそうだったのですが、ここのピザを登山の後に食べたいなと思い、少し急いで山登りをしました。

しかし山登りの時は、急いでしまうと怪我などをする心配があるので、登山をするスピード自体はそれほど上げずに、写真や動画などを撮るところを削って時間を節約しました。

というわけで、なんとか営業時間に間に合いました。

営業時間は、11:00 – 18: 00 (ラストオーダー17:30) となっています。

駐車場は、このように広々としています。車が停めやすいのは嬉しいです。

お店の入り口は、このような雰囲気で素敵です。

階段にも花が飾られているので綺麗です。

入口を入ると、すぐにこのような長い廊下があります。ここにもメニューがありますので、食べたいピザをチェックしておくと良いでしょう。

通路の左側には、チーズを作っているような工房がありました。

チーズなどが置かれているので、時間があれば少し眺めてみると良いでしょう。

廊下には、このような絵がいくつか飾ってあります。時間があればゆっくりと鑑賞すると楽しめます。

お店の入口の所には、「第7回 ばんえいグランプリ 1995 北海道市営競馬組合」の旗のような物とソリが飾ってありました。羊蹄山とばん馬の写真が飾ってあります!

ばんえい競馬といえば、帯広が有名です。ニセコでも、ばんえい競馬の馬を育てているのでしょうか??

ピザはこのように6種類あります。

以前ここでピザを食べた時は、マルゲリータを注文しました。このマルゲリータが絶品で、とてもおいしく印象的でした。

初めてピザを食べに来る時には、このマルゲリータがおすすめです!!!

ピザによく合うドリンクといえば、やはりビールでしょう!ブラックフォックスビールというビールがあって、飲んでみたかったのですが、車の運転があるので今回はビールを飲みませんでした。

サイドメニューの、サラダもいくつかあります。以前フライドポテトを注文して食べたことがありますが、このジャガイモの揚げ具合が良く美味しかったです。

窓際の席に座ると、景色を一望できる大きな窓があり、正面にこのような羊蹄山の絶景を眺めながら、食事を楽しめます。

この絶景を見れるのが、最高なポイントのひとつです! 

店内はこのように清潔感があり、天井も高く広々としていて快適です。

今回注文したピザの一つ目は、きのことハムのピザです。具材は、きのこ・ハム・ゴーダチーズ・にんにく・マンドリアーノチーズ・グラナバダーノとなっています。

値段は、1650円。

このように、キノコがたっぷりと入っていて、上に程よいバランスでハムが乗っかっています。

塩分の濃さがそれほど強くなく、食べ進めていてもしつこくない感じがすごくいいです。

そしてチーズの塩分も、それほど強くないのが素晴らしいです。1枚か2枚食べるのであれば、もう少し塩分が多くてもいいかなと思うぐらいの味の濃さでした。

胡椒などのスパイスが効いていて、素材の味や風味を感じながら食べれる美味しいピザです。

ピザ生地は、少し厚みのある生地になっていますが、食べた時の風味がよく、焼いた時の香ばしさが美味しさを引き立てています。

少し厚みのあるピザだと、口の中で生地が残ったり、もったりすることもありますが、ここのピザ生地はとても美味しいのでそういった感じはしません。

生地がおいしいのも、このお店のピザの特徴だなと思います!

具材はこのような様子で、たっぷりと入っています!

ピザを食べながら、窓越しに見える素晴らしい羊蹄山の絶景を見ます!何度見ても、いい景色です。

この日は羊蹄山に雲がかかっていなく、山全体がくっきりと見えたのがよかったです。

もう一つのピザは、「4種チーズのピザ」です。マンドリアーノピザチーズ・ゴルゴンゾーラ・クリームチーズ・グラナパダーノが入っています。

値段は、1480円でした。

見た目から分かるように、たっぷりとチーズがのっかっていてとても美味しそうです。

ゴルゴンゾーラが所々に入っていることで、口の中に入れた時に良い風味が広がり美味しかったです。

これだけたっぷりチーズが入っていると、塩分が強くしつこくなるピザもありますが、ここのチーズは塩分が控えめという感じで、結構たくさん食べても食べ進められるような美味しさです。

今回食べた二つのピザを比べると、個人的にはこちらのチーズピザの方が好みでした。

チーズは好きな方は、ここのチーズピザおすすめですので、是非一度食べてみてください。

ピザ生地は、きのこのピザと同じように、薄いタイプのピザ生地ではなく少し厚みのあるピザ生地になっています。

先ほど説明したように、少し厚みのあるピザ生地ですが、風味が良くフワッと柔らかい感じが美味しいです。端の部分は、しっかりとした食感があります。

各テーブルに置いているわけではないですが、セルフサービスで、チリオイルはハバネロソースなども置いているので、お好みでかけて食べられます。

ピザを購入するレジ付近に、調味料が置いてるのでチェックしてみると良いでしょう。

それではおいしいピザも食べ終わり、お店を出ようと思ったら、このような乾燥させたトウモロコシなどが飾ってありました。

ニセコらしい、農産物のデコレーションがあってすごくいいなと思います。

お店を出たところから見る、羊蹄山の景色はこのような雰囲気。外で見るこの景色は、風も感じられ清々しい気分で楽しめます。

食事中に見ていたこの景色ですが、コキアや色々な種類の花が咲いていて、とても綺麗だったので、少し散歩して近くで鑑賞することにしました。

遠くからの見た目も綺麗ですが、近くで見ることで発色の良い花を見ることができるのも最高です。

この時はコキアがまだ紅葉していなく、赤くはなっていませんが、これから秋になると色付き始めて、夏とは違った綺麗な景色を楽しめそうだなと思います。

こちらの建物は、「レストラン PRATIVO プラティーヴォ」 です。よりしっかりとした食事を楽しみたい時は、こちらを利用すると良いのかなと思います。

このように綺麗な景色が楽しめるので、高橋牧場に来た時には食事のみではなく、自然の中を散歩する時間を確保しておくとより楽しめます。

こちらの建物が先ほど食事をした、 「マンドリアーノ」です。

駐車場に戻ってきました。このように広々としています。

この日は営業終了ギリギリに到着したので、混んでいませんが、シーズン中の土日祝日などはかなり混み合っていると思います。

違う角度から見た、「マンドリアーノ」です。おしゃれな雰囲気の建物で素敵です。

食後のデザートに、アイスなどを購入しに寄りました。

こちらの建物の中では、スイーツやチーズがメインとして販売されています。発送もできるのでお土産を購入したいときにも便利です。そしてとても人気のある、高橋牧場 飲むヨーグルトや、とろとろのクリームが入ったシュークリームを購入できます。

お店の中の雰囲気はこのような感じです。

焼き菓子なども売っていますし、少しですが豆なども売っていました。

ちなみにこの隣の建物では、野菜などを販売していることもあるのでチェックしてみると楽しめると思います。ニセコは農産物が美味しいので、せっかくここまで来たら野菜もチェックするのがおすすめです。

ソフトクリームにするかアイスクリームにするか迷いましたが、結局今回はアイスクリームを食べる事にしました。

ほうじ茶アイスが売っていて、この日はなんとなくほうじ茶アイスクリームが食べたい気分だったからです!

アイスクリームは、2種類選べて420円でした。

今回は、ほうじ茶アイスクリームとジャンドゥーヤチョコレートアイスクリームを選択。

ほうじ茶アイスクリームは、ほうじ茶のいい香りとさっぱりとした後味が良くとても美味しかったです。ジャンドゥーヤチョコレートは甘さがしつこくなくチョコレートの風味も良く美味しかったです。

ここに来たらやはり、シュークリームも外せません!

というわけで、ひとつだけシュークリームを購入しました。

通常のシュークリームと比べると、かなり大きめのサイズのシュークリームです。

このシュークリームの、クリームがものすごくおいしいのが特徴です。写真から見てわかるように、シューからこぼれ落ちそうなくらい、とろとろなクリームが入っています。

食べる時には優しく持っていないとすぐにクリームが溢れてきます、シュークリームをかじる時も勢いよくかぶりつくと、クリームが溢れてしまいます。

クリームをうまく吸い込むように、食べるとおいしく綺麗に食べられると思います!

このシュークリームを食べる時は、手が汚れてしまうことはよくあるので、ウエットティッシュや食べ終わった後に、手を洗う環境があるのがおすすめ。

このように今回は、イワオヌプリで登山をした後に、ニセコの高橋牧場へ寄って、美味しいピザとスイーツを楽しみました。

ニセコでおすすめのポイントです。この辺りまで観光できた際には、忘れずによってみてください。

■ ニセコ高橋牧場 MANDRIANO マンドリアーノ

幌見峠 ラベンダー畑 札幌観光絶景スポット Horomi Pass Lavender Sapporo Beautiful

ラベンダーの香りに包まれながら、札幌の景色が一望できる素晴らしい札幌観光スポットです。

満開のラベンダー畑と良い香りが最高!(7月16日)

2022年7月16日に行ってみると、ちょうどラベンダーの花が満開でとても綺麗な状態でした。

少し風が吹いた時に、ラベンダーのものすごく良い香りが辺りに広がります。

幌見峠のラベンダー園は1987年に、120株のラベンダーからスタートしたそうです。

現在は8000株ほどまでに増えているそうで、とても綺麗なラベンダー畑になっています。

最初は何もない土地でしたが、オーナーがこの場所の魅力に惹かれ、土地所有者に10年もの歳月をかけて交渉したという話を聞いた記憶があります。

見てわかるようにラベンダーの発色がよく、とても綺麗です。

7月上旬から7下旬頃が見頃のようです。7月中旬に行くが、タイミングとしては一番いい頃だと思いますので、その頃を訪れる目安にするといいのかなと思いました。

今回は第2駐車場に停めました。一番下による駐車場なのですが、下から登っていく時に見られる景色も綺麗です。

少し急勾配なので、歩くのが大変かなと思いましたが、綺麗な景色を見ながらなのでそれほど苦労はありませんでした。

足が悪い方などは少し登るのが大変かもしれませんので、空いてる時間帯に入って上の方の駐車場が空いてそうな時間に行くと便利だと思います。

第2駐車場は、3時頃行った時点ではこのような感じでまだたくさんの駐車スペースが残っていました。

このように、丸太置き場になっているスペースもあります。

この辺りのラベンダーの花が、生き生きとしていてとても綺麗でした。

少し勾配のある場所に咲いている、ラベンダーの景色もよかったです。

富良野とは、少し違った印象のラベンダー畑の景色を見れるのが素晴らしいです。

写真中央に見える、大きな木が一本入っている景色もいいですね。

勾配は少しきついですが、足元はこのように綺麗に整備されていて歩きやすいです。

ラベンダー畑らしく、たくさんの鉢が飛んでいて、花の蜜を吸い働いていました。

ラベンダー畑だとクマバチがたくさん飛んでいるイメージがありますが、ここではミツバチのような小さめの蜂が多かったように思いました。

この辺りはまだラベンダーのみ見えていて、中腹ぐらいまで上がってくると綺麗な札幌の街並みと一緒にラベンダーを見ることができます。

上の方にも、駐車場があるのが分かると思います。

この辺りの駐車場に停めることができれば、坂を上らずにラベンダー園を楽しめます。

全体を歩きたいという方は、第2駐車場に停めておいてもいいのかなと思いました。

富良野のラベンダー園だと、ラベンダーのあいだに隙間を空けながら植えてるイメージがあります。

ここ幌見峠のラベンダー畑だと、ラベンダーの下部の隙間がほとんどなくびっしり植えています。

ですので、ラベンダーの花が絨毯を敷き詰めているように、びっしりと咲いているのが美しいです。

このように、綺麗なラベンダー畑を堪能できます。

さて、この辺りは札幌の景色も一望でき、写真撮影ポイントとしてもとてもいい場所です。

札幌の絶景と、綺麗なラベンダー両方を見ることができ、とても気持ちが良いです。

ラベンダー以外にも、数種類の花も咲いています。

札幌中心部が一望でき、つどーむも見えています。

手前に広がる、急斜面の崖がありますので、景色を一望する際には足元も注意してください。

ちょうど見頃の、カラフルで綺麗な花がありました。

札幌の街並みと花。

ラベンダー園内は、一歩通行になっている部分がありましたので、歩く時には看板を注意してみましょう。

このように、今回はラベンダーの香りに包まれながら、札幌の絶景隠れスポットの、幌見峠ラベンダー園を堪能しました。

ハンドメイドのラベンダーグッズが販売してあるブースもあります。

ラベンダーの苗も、購入できるようです。

自宅に一株ラベンダーの苗があると、いい香りがして良いですし、切り花としても使えます。

イタドリもかなり成長しています。

アクアリウムの花も綺麗でした。

タチアオイ(立葵)の花だと思いますが、所々に綺麗に咲いています。

第2駐車場の様子です。

ちなみに駐車場は、入り口で500円払いました。

昼の料金と夜の料金が違うようですので、ホームページで確認してみてください。

夜は綺麗な夜景が見れるので、その時間に来るのもオススメのようです。

夜の時間帯は駐車料金800円のようです。

出入り口は、自動ゲートになっていました。

円山公園から車で10分ほどで到着できる、景色の素晴らしい場所です。歩きや自転車で登っている方もいると思いますが、結構な急勾配なので車で行くのをお勧めします。

観光客の方であれば、タクシーで行くのも良いでしょう。

ラベンダー園までの道は、道幅はそれほど広くないので、歩いて行く方は車に十分に注意して歩くと良いと思います。

■ 夢工房さとう Dream Studio Sato