コストコ オーガニック豆乳 Costco Organic Soy Milk

コストコでたっぷり容量のある、オーガニック調整豆乳を購入しました。

このタイプと同じ豆乳で、バニラオーガニック調整豆乳を以前購入したのですが、その時のバニラの風味がよく美味しかったので、通常の調整豆乳はどのような味が気になり1箱購入してみることにしました。

約1 L 入った豆乳が、12本入っています。値段は、およそ2000円です。

たっぷり容量の調整豆乳がリーズナブルな価格で美味しい

今回購入した、調整豆乳の箱はこのようなデザインになっています。

12本が、ダンボール箱に入っています。ですので持ち運びする時には、およそ12kgあります。重いものを持ち運ぶのが大変だという方には、自宅まで持ち帰るのが少し大変かもしれません。

ですがコストコの場合であれば車の近くまでカートで運んで、駐車場内にある近場のカート収納場所へ置いとけば良いので、車までの移動であればそれほど大変ではありません。

車を降りてから自宅までの距離が長いという方は、持ち運ぶのが少し大変かもしれません。

箱のデザインは、このように紫色を基調にしていて、明るいデザインで豆乳の豆の写真などもあり、わかりやすいく良いと思います。

原材料は、このように日本語と英語で記載されています。

有機調整豆乳で、大豆固形成分6%以上となっています。

原材料は、有機大豆・有機砂糖・食塩やビタミンなどが入っています。

こちらには英語で成分内容が書いてあります。英語の記載の方がより詳しく書いているので、成分が気になる方はこちらの方をじっくりとチェックすると良いでしょう。

箱から、豆乳を取り出してみました。

通常の豆乳のように、四角いパッケージで豆乳が入っています。

パッケージのデザインは、箱のデザインと同じような感じです。爽やかな感じの、デザインが良いですね。

個別パッケージにも、このように英語で原材料の説明書があります。箱を捨てた後でも、パッケージを見ればチェックできます。

バナナ豆乳スムージーが、お勧めとして書かれています。

私はいつもバナナジュースを作っているのですが、ヨーグルトとこの豆乳をミックスしてよく作っています。それに加えて粉末の青汁を入れたり、はちみつやプロポリス・オートミール・酒粕を入れることもあります。

酒粕を入れると、風味が良く美味しくなるので、酒粕を少し入れるのもオススメです。甘酒を作った時であれば、甘酒をミックスして作るのも良いでしょう。

糖分を抑えたいのであれば、酒粕のみを入れるのがおすすめ。

酒粕が冷たいままだと撹拌しにくいので、電子レンジで軽く温めるとミキサーなどで攪拌する時に綺麗に混ざります。

キャップの蓋の部分は、このような感じになっています。キャップは少し薄めのタイプという印象。

本体とくっついているプラスチックの部分の取り外しに関しては、指を引っ掛けて引っ張るとと飲み終わった時に簡単に取れるようになっています。

豆乳の色は、このような感じです。 

飲んでみた感想

実際に飲んでみると豆乳の嫌な臭みがなく、程よい甘さがあるので飲みやすくて美味しいです。

私の場合は、インスタントコーヒーとこの豆乳割ってよく飲んでいます。後はバナナジュースを作る時にも、この豆乳をミックスして作っています。

程よい甘みがあるので、追加で甘さを加えなくても、美味しくできるのが便利です。

大豆製品なのでたんぱく質も摂取できるということで、運動の前後に飲むことで筋肉量のアップにも貢献できるかなと思いました。

コストコで買うと、まとめて一気に購入しなければいけませんが、リーズナブルな価格でゆうき調整豆乳が購入できます。毎日豆乳を飲んでいるという形であれば、一度コストコの豆乳も飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA