PUロックプラス コーコス信岡 薄手のグリップグローブ Grip gloves

暑い時期に使いやすいグリップグローブを探していて、まだ使ってない物を少しずつ使ってみようかなと思っているところです.

今回購入したのは、「PUロックプラス」コーコス信岡の商品です。

夏用としては若干生地は厚めかなと思ったのですが、そのぶん耐久性がありそうだったので、どのくらい耐久性があるかということで今回は購入してみました。

野菜の収穫や夏の庭作業で使いやすそう

「PUロックプラス」は、手袋の凹凸は見て滑り止め効果抜群と書いてあります。 

用途

  • 農作業
  • 製品検査
  • エレクトロニクス産業
  • 果樹の収穫・選別
  • ガーデニング

用途としてはこれらの内容が記載されています。他にも車の作業をしたり、キャンプ・釣りの時の保護手袋として使用したりなど、色々と使えると思います。

特徴

  • 拳部分の凹凸編みが外部からのダメージを緩和
  • 背抜き手袋なので通気性が良く蒸れにくい
  • 15ゲージ編み機使用で手袋の網目が非常に細いので、より手になじみ、摩耗に強く、ホコリなどの侵入を防ぎます
  • 最高級ナイロンを使用していますので、とても良い肌触りです
  • 最も摩耗しやすい指先(つまみ作業)と手のひら(つかみ作業)をさらに強化
  • 特殊ウレタン樹脂コーティングにより優れたグリップ力と柔らかなフィット感

このグリップグローブの特徴としてはこれらのことが挙げられるということです。

手の甲の部分

夏でも使いやすそうな、割と薄手の背抜きになっています。これよりもまだ薄手の手袋はありますが、手の保護のことを考えると、どのような作業をするかにもよりますが、このぐらいの厚さがあるものを選んでも良い良いかなと思います。

色も黒なので、日焼け対策の紫外線カットにも良いと思います。

パッケージの説明のところにも、紫外線遮蔽率99%以上と記載がありました。

実際に履いてみた感じも、サラサラとしている感じがあり使っていても手の甲の部分の蒸れ感は、思ったほどないように感じました。

しかし、多少厚手の部分があるので他のより薄いグリップグローブの方が涼しいのは間違いありません。

特殊ウレタン樹脂コーティング部分

手の表面部分の、特殊ウレタン樹脂コーティング部分です。

薄手のタイプの手袋なので、コーティング部分もそれほど厚いものではありません。

程よく厚さがあるかなという程度です。 これよりもコーティング部分が、もっと薄いグリップ手袋は他にもあります。

程よく暑さがあることによって手の保護にもなりますし、耐久性もあるように思います。

庭作業をする時に、枝などを触るときはこういった手袋の方がいいなと思います。

指先部分

指先の部分はこのような感じです。

程よく厚みがあります。グリップ手袋を使っていて、やはり一番多く使う部分と言えば指先でしょう。その部分の耐久性も気になるところです。

程よい厚みがあるので、ある程度の耐久性を期待していました。

実際に使ってみると、数日使ったところで少しずつ痛み初めて来たといった感じです。

10日から2週間ほど使うと、指先の部分を大分薄くなってきたなという印象。(週5回ぐらい使って、毎回洗濯していました)

使う頻度によっても、コーティング樹脂が取れる頻度は変わってきますので参考程度にしてみてください。

コーティング部分の柔らかさは、ほどほどといった感じです。他のグリップ手袋では、より柔らかいコーティングのものもありますので、繊細な作業する時にはより柔らかいタイプのものを選択すると作業しやすいと思います。

手首部分

手首の部分は程よく長さがあり、しっかりと密着する感じで使いやすかったです。

高級ナイロンを使っているということで、程よいサラサラ感があり汗をかいてもべたっとくっつくような感じがそれほどなく良かったと思います。

割と薄手の手袋なので、汗をかいた後休憩して、体をそれほど動かさなければ、なかなか早く乾いたかなという印象です。

段ボール箱を運んだ時の感想

グリップグローブを使って、ダンボールを運ぶ作業などを良くすると思います。

ダンボールを掴んだ時の感覚だと、少し滑るなという感じがあります。もちろん素手でやるよりはしっかりとグリップするのでいいのですが、他のグリップ手袋と比べると、ダンボールを掴んだ時に滑りやすい印象でした。

大抵グリップグローブは、開封したての時は表面にコーティング(粉)が残っているのか多少滑りやすいことがあるのですが、洗濯するとしっかりとグリップするなということがあると思います。

しかし、この手袋の場合は洗濯したあとも思ったほどグリップ力がアップするということがありませんでした。(もちろん洗濯したほうがグリップ力は多少上がります。特に土やホコリが着いた状況だとグリップ力が低下します)

個人的には、ダンボール箱をメインに運ぶ用途として使う手袋としては、ショーワグローブやAtomの方が使いやすいなと感じました。

家庭菜園の野菜の収穫などに良いと思いました

使ってみて思ったのは、家庭菜園の野菜の収穫作業などにいい手袋ではないかなと思いました。

黒色の手袋で紫外線遮蔽率が高く、そういった部分も外での作業では重要です。

後は野菜などを扱う時には、野菜によっては多少刺があり、チクチクしたりする部分もあるので程よい厚さの手袋があるとより手を保護できて安全です。

そういった面では、この手袋の暑さが夏の作業にちょうど良いなと思いました。

長時間の使用では少し暑いかもしれませんので、作業によってはより薄手のものを使うのも良いかなと思います。

ある程度手の保護をしながら、作業をしたいという方におすすめの手袋ですので使ってみてください。

私は、まだそれ程多くの種類のグリップグローブを使っているわけではないので、これから違う種類のものも少しずつ使って使用感を確かめていこうと思います。

Web site

■ CO-COS コーコス信岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA