Menanam sayuran 家庭菜園

最近育てている、家庭菜園の植物がだんだんと大きくなってきました。
成長過程を少し紹介していきます。

家庭菜園の植物が成長

えごま

これはエゴマです。

エゴマは焼き肉の時にお肉に巻いて食べるのもおいしいですし、炒め物などにも使えるのでとても使い勝手の良い野菜です。

そして栄養価値が高いのも良いところです 。

血液をサラサラにしてくれる「オメガ3」を吸収できるので、えごま油も人気がとてもありますね !

ちなみにオメガ3脂肪酸が多いものとして以下の油等があります。

  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • 魚油
  • アザラシ油

健康に気を使うのであれば、オメガ6とオメガ3をバランスよく摂取することです。
推奨されているバランスとして、オメガ6とオメガ3のバランスは 2:1 です。

長芋

これは何の葉っぱか分かりますか?

あまり見かけないと思いますが、これは長芋の葉っぱです。

大きく育てたい時には長めの棒を立てて、葉っぱを上に伸ばしていくようにして育てると上手く育てれるでしょう。

キュウリ

これはきゅうりです。まだまだ小さいですがこれから成長していきそうです。

このようにネットに這わせていくことで、上に伸びていきうまく成長します 。後で収穫の時に上手に取りやすくなります。

新鮮なきゅうりだと表面にトゲトゲがります。触ると痛いくらいですね。

キュウリはもぎたての新鮮な時に食べるとみずみずしくシャキッとした食感がとても良く美味しいです。

スーパーで売っているものはトゲトゲがもうあまりないので、とれたてで食べることのできる家庭菜園のキュウリを一度作ってみるのはおすすめです。

味噌をつけて食べたり冷やし中華に入れたりと、夏にとても美味しい野菜のひとつですのでぜひ作ってみてください。

トウモロコシ

これはトウモロコシです。

日当たりが悪いとうまく育たなくなったりもしますので、少し手入れをすると良いでしょう

とうもろこしの実が沢山なりすぎたら、小さいうちにいくつか間引いてください。そうすると、トウモロコシの身が大きく育ちやすいです。

それとある程度大きくなってきたら、トウモロコシがカラスに食べられたりすることもあるので、注意してください!

できれば、ネットを設置しておくといいでしょう。

茄子

これは茄子です。

新鮮なものは茄子のヘタの部分に、トゲトゲがついているので痛いぐらいです。
収穫や触る時は注意しましょう!

家庭で育てると取り立ての美味しい茄子を食べれるので、実が大きくなった頃の楽しみです。

食べ方として、バーベキューでの丸ごと一本焼きや煮物·炒め物など色々と使える食材ですので、一つか二つ苗を育てると幅広く料理に使え役立ちます。

ローズマリー

これはローズマリーです

お肉を焼いたりする時に香りがとても良くなりますので、一つ育てておくと料理の幅が広がります。

一本植えて大きく育てば結構使えるので、1株または2株あれば十分だと思います。

余った部分を乾燥させて、冬の間でも使えるのでとてもいいと思います。

パセリ

これはパセリです

パセリはスープなどの彩りを良くするのにもとても良く重宝します。

電子レンジでしっかりと乾燥させてパラパラにしておくと、保存もでききますので沢山育てておいてもしっかりと使いきれます!

電子レンジで乾燥させて、使わない分は冷凍庫で保管しておくと良いでしょう。

パセリをよく使う方であれば、2株以上育てても使い切れると思います。

サラダやお肉のトッピングにも、彩が良くなり良いですね!

ピーマン

これはピーマンです

ピーマンは肉詰めにしたり炒め物にしたり、調理方法も色々な種類があるので料理に使いやすい野菜の1つです。
沢山あっても案外すぐ食べきれてしまうので 2株3株ぐらいあってもいいと思います。

新鮮なピーマンはシャキシャキとしていてとても美味しいので、家庭菜園で作るのはお勧めです。

つくねハンバーグなどを作って 、生のシャキシャキのピーマンの中に肉をちょんとのせて食べるとピーマンの苦味とジューシーなお肉の味と合わさってとても美味しいので試してみてください。

このように家庭菜園で少しでも野菜を作ると、新鮮な野菜と植物の成長過程を楽しめます。

そしてスーパーなどに行った時に、どのような野菜が新鮮なのか見た感じでだんだんとわかるようになってきますので、それも勉強になりとても良いことです。

時間のある時に少しでも 野菜作り方てみてください。
楽しめると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA