泊村の兜千畳敷でサクラマスとホッケ狙いの釣り ダイソーNewメタルジグ初使用! Memancing Jigging Di Tomari Hokkaido

ここ数ヶ月ぶりに入ってなかったので久々に釣りに行ってみることにしました。
今回行くのは、泊村にある兜千畳敷です。

今回の狙いとしては、サクラマスとホッケ・ヒラメの3種類になります。
この場所ではたらも時々タラも釣れることがあるので、もしタラが釣れたら嬉しいなと思います。

山の景色が美しい兜千畳敷(泊村)

今回は久々に朝から釣りをすることにしてみました。

時間は、4:00 am 時頃からスタートして11:00am 頃まで釣りをしたといった感じです。
久しぶりにこの場所で朝早くからの釣りをしたので、綺麗な朝焼けの景色を見ることができました。

星空も最高!

夜の星空が最高に綺麗なポイントなのですが、残念ながら通常のコンパクトデジタルカメラしか持っていなかったので、星空を撮ることは出来ませんでした。

星空がものすごく綺麗なので、釣りをする時は是非綺麗な星空も堪能してみてください。

何回か流れ星を見ることもできました!

朝焼けの景色

太陽が昇り始めると、正面に岩内やニセコ方面の雪に覆われた綺麗な景色が見始めます。

「羊蹄山」の景色も最高に綺麗です!

けあらし (「蒸気霧(じょうきぎり)」)

海水面に水蒸気が上がっているようです。
「けあらし」でしょう。

けあらしは、気象用語では「蒸気霧(じょうきぎり)」というそうでうす。

朝空がピンク色になる頃に見える、この辺りの景色は最高に綺麗です!

釣りに来なくても、朝早くにこの景色を見に来るのも良いでしょう。

朝焼けの時間帯は、後ろの大きな岩に少しずつ太陽の光が当たり始めて綺麗になってきます。

日の出

霞がかって見える、「羊蹄山」横の方から太陽が昇ってきました。

この時間帯は最高に綺麗な景色を見るので、写真好きの方は釣りの最中も時々手を止めて写真をとるのも良いでしょう!

太陽が昇り始めると、後ろの崖にも太陽のオレンジ色の光があたり、崖の色も変化が出てまた違った景色を楽しめます。

Newダイソーメタルジグでの釣果

以前古いタイプのダイソーのメタルジグが発売中止になってから、しばらくの間ダイソーのメタルジグ購入できませんでしたが、最近になり新しいメタルジグがダイソーから発売されたということを確認したので、今回は初めて使ってみることにしました!

旧タイプのメタルジグで、しっかりとホッケの釣果がありましたので、今回も楽しみにしています。

今回使うダイソーのニューメタルジグはこのような感じです。

旧タイプのものに比べると、かなり細身のデザイン!重さのバランスはセンターバランスとなっています。

細身のタイプなので、風がある程度ある時にでも飛距離が安定してだせるのではないかと思います。

後は巻き取りの時に、水の抵抗を受けにくくなりますので軽い巻き心地でリール操作ができるかなと思いました。

実際に、旧タイプのものと新しいタイプのものを現場で使ってみると、風がある時には明らかに新タイプのもの方が飛ぶような感じがあります。

リールを巻く時にも、新しいタイプのものの方が細身で軽い巻き心地でした。

長時間釣りをする事を考えると、今回の新しいダイソーメタルジグの方が使いやすそうです。

シングルフックに交換するのがおすすめ!

ダイソーニューメタルジグの場合は、前回同様トリプルフックがリアにデフォルトでついています。

トリプルフックだと、魚の口から針を外す場合外しにくく魚の負担も大きくなることがあります。ですのでリリースすることを考えると、シングルフックの方がいいと思います。

私はいつも、トリプルフックをシングルフックに交換して使うことが多いです。

リリースすることが多いので、そのようにしています。

それにシングルフックにすることによって、針の外しもとても楽です。

あとダイソーのメタルジグの針は強度が弱い印象があります、ですので有名メーカーから販売されているフックに交換しておくことで、魚をバラすということも少なくなると思います。

ホッケ3匹でした

今回の釣果は、ホッケが3匹でした。

サイズは、15cm 程度の細くて小さいもが2匹、30cm オーバーぐらいのホッケが一匹だけ釣れたといった感じです。

これは小さなタイプのホッケの方です。

手袋との大きさの比較でだいたいのサイズ感が分かると思います。

写真に写っているメタルジグが、ダイソーのニュータイプのものです。

ホッケを、ズームで写真撮りました。

ピカピカとつるっと光っていて綺麗な状態です。

大きなもの一匹だけ持ち帰ろうかなと迷いましたが、まだまだ元気だったので今回はリリースです!

魚体の色の変化

しばらくホッケをバケツの中で休ませておくと、体の色はこのような感じに変化していました。
(このホッケは30cmオーバー位です。)

すぐにリリースすると気付かないですが、このように少しバケツに入れて観察すると魚体の模様の変化も分かり、勉強になります。

釣ったばかりの状態だと魚が興奮して、魚体の色の模様が少し変わるのでしょう!

少しこのように休ませてから海に返すと、魚の負担も少ないかもしれないなと思いました。

リリースの時にはバケツの海水の交換も!

小さなバケツに入れておく場合は、酸素が足りなくなることも考えられますので、定期的に海水を交換しておかなければ弱ってしまうこともあります。

リリースする場合には、その辺りにも注意しておくといいでしょう。

周りの様子

周りの方も釣れていましたが、メタルジグなどで釣りをしている方はそれほど爆釣というわけではないかなと思いました。
ほどほどに釣れているといった感じです。

撒き餌をして、サビキで釣っている方はホッケの釣果が良かったような気がします。
投げ釣りでは、カレイ・ホッケ。カジカなど釣れますので、のんびりと投げ釣りをするのも良いでしょう。

ホッケのサイズですが、わりと小さめのサイズがまだ多いなといった印象です。

大きいサイズも時々混じっているという感じですので、少し時期をずらすと良いかもしれません。

お昼近くの景色

太陽もしっかりと登って、お昼近くになってくると兜千畳敷の景色はこのような感じになります。

少し雪が積もっていて、綺麗な景色です。

冬で寒い時期ですが釣り人が沢山いました。
夜中から来てる人も、結構います。

太陽が昇ると、くっきりと見える山の景色も素晴らしいです。

岩内・ニセコ方面の景色

夏も景色も綺麗ですが、やはり冬には雪が少し積もった景色の方がより綺麗に思います!

岩内温泉まで行くと、岩内の街並みや泊方面が露天風呂から見える場所もあるのでおすすめです。

やはり岩内、ニセコ方面の景色はいつも綺麗なので、ここに来ると必ず景色も眺めてから帰ります。

ニセコアンヌプリ山頂付近からも泊方面の景色が見れる!

ちなみにニセコアンヌプリの登山をすると、頂上ちょっと手前の所から、泊村原発方面の景色が見れるので、ニセコアンヌプリ登山をする時にはちょっとチェックしてみると良いでしょう!

ニセコアンヌプリの登山は、割と登りやすく気軽に登山するのに良い場所のひとつだなと思います。

2020年に、ニセコアンヌプリ私も登山していますので、ブログで詳細はアップしていますのでそちらの方をご覧ください!

ニセコ五色温泉

登山口近くには五色温泉があり、登山の後に五色温泉にゆっくりと入って疲れを癒すのに最高です。
五色温泉は硫黄温泉なので、水が白く濁っていて硫黄の香りがあり最高です!

鵡川漁港鮭釣り2020 大きなアタリがあるもバラす Memancing salmon di Mukawa Hokkaido

9月中旬にも鵡川漁協で鮭釣りに行きましたが釣れなかったので、9月下旬にもう一度釣りをしてみることにしました。

去年は9月中旬頃に鮭の群れが入ってきてすごく調子が良かった時期があったのですが、今年私が行ってる間にはその様子を見ていないので、もしかしたら群れが入ってくるのは遅いかなと思いまして、9月下旬にも来てみたといった感じです。

群れが入ってくれば一気に釣れるのですが、こまめに通ってないとなかなかその状況にはあたらないので長時間釣りをして粘るのが一番の釣れるコツかなと思っています。

2020年9月30日のんびり鮭釣りしてみよう

この日砂浜で投げ釣りをしている人は、そこそこいました。

日曜日のように、たくさんの人が釣りをしているわけではありません。

人気のある鮭釣りですがさすがに平日であれば、ある程度場所も開いているといった印象です。

車を見てわかるように、日曜日とは全く違った様子になっています。

駐車している車の数が全然違いますね。

車の数が少ない!

天気は空を見ても分かるように、なかなか良いです。

空にある雲の様子も、結構綺麗です。 

日曜日であれば隙間がないぐらいびっちりと人がいますが、さすがに平日ですので釣り場はほどほどに空いています。

ですが人気のある鮭釣りですので、そこそこ釣り人がいますね!

この辺りの角の部分は、空いています。

堤防の上を歩いて、先端の方まで歩いている途中です。

漁港の景色も綺麗です。 

鮭の群れが入ってくればこの辺りにビシャビシャと跳ねている様子が見えますが、群れは入ってきてないようなので飛び跳ねてる様子はほとんど見れませんでした。 

何の花でしょうか 、タンポポに似たような花が咲いていました。

漁港半分ぐらいのとこまで歩いてきました。

この辺から先の部分は釣り人が、ほとんどいない状況です。

何名か、釣りをしている人がいました。

前回も先端付近で釣りをしたので、今回も漁港の先端付近まで歩いてきて釣りをすることにします。

写真を見て分かるように、釣り人がほとんどいません。

鮭が飛び跳ねてる様子もありません。

平日なのでのんびりと、鮭釣りができ最高!

のんびりとした雰囲気で、すごく良いです。

おやつタイム

今日のお菓子は、湖池屋の「スコーン禁断のシーフード味」です!

すっきりとした塩味とシーフードの味で美味しかったです!

やはり、釣りの時のスナック菓子は良いですね。

空の景色

この時間の雲の様子すごく綺麗ですね!

霞がかった樽前山の様子も綺麗

戦闘機

戦闘機が飛んでいました。

多分 F 15だと思います。

苫東厚真火力発電所

鮭を確認!

綺麗な夕日を見てのんびりと釣りをしています。

夕方何度か鮭が飛び跳ねてるところを確認できました!

手前の方で、何匹か泳いでる姿も確認できました。

ここからの夕日は何回か観ていますが、いつもながらに綺麗です。

鮭が釣れた痕跡

ところところで、このように鮭を〆たたような跡がありました。

去年鮭が沢山入ってきている時期には、このような跡がたくさんありましたが今年はそのような光景は今のところ見れていません。

とても綺麗な月が、ほんの少しの間見えました。

夜釣りに必要な道具

夜釣りをするのに重要なアイテムはあかりです。私が、いつも使っているライトを少し紹介します。

LEDライト

LEDライトでよく使うのがこのライトです。

明るい

とても明るく広範囲に光が広がるのですごく使いやすいです。
(ズームをすることもできる)

車の中で道具を探したりする時も、この LEDライトがあれば十分

このライトは手持ちをしなくてはいけないので、片手がふさがってしまいますが夜釣りの時に足元を照らすのにすごくいいライトです。

夜歩くときに最高

足元をしっかりと照らさないと、転んでしまったりする可能性もありますのでしっかりと見えるライトを一つ持っておくと安心です。

写真に写っているように、すごく綺麗に明るく見えます!
一番広範囲にして光を、照射ている状態です。

ヘッドライト

餌を付けや仕掛けを交換したり、釣りをしながら手元に灯りが欲しい時には、やはりヘッドライトが一番です。

私はヘッドライトを二つ持ち歩くことが多いです。

そのうちの一つのタイプがこれを使っています。

このタイプのヘッドライトだと、センサーのとこに触れるだけでライトのオンオフができるのがとても楽です。
ボタン式のものでもよいですが、何度も電気のon・offをするのであればセンサー式の方が楽に使えると思います。

電池は単四電池が3本入るもののタイプです。

充電式の電池が便利

私は充電式の電池を使っています。

充電式出ないタイプの電池を使うと、容量が少なくなった時にだんだん暗くなってきてしまって次に交換するのがもったいないのでギリギリまで使ってしまいます。
充電式タイプの方だと、暗くなったらすぐ充電すればいいのでこちらがおすすめです。

USB充電できるヘッドライトも一つあると良い

このヘッドライトのタイプだと、USB での充電ができないので長く使用するときは替えの電池を用意しとかなければいけません。

ですのでもう一つ私が持ってるヘッドライトのタイプは、 USB で充電できるタイプです。
なので先にそのヘッドライトを使って電池がなくなって充電してる間に、こちらの小さなタイプのヘッドライトを使うなど工夫しています。

鮭釣り仕掛け

今回も鮭釣りの仕掛けはウキルアーでを使いました。

ルアーのカラーは、ピンク系と青系の半々の色です。

タコベーは赤色を使っています。
(針は2本付きのもの)

ウキ止めの糸を別にしているので、それも購入しておくと良いです。
(何度も投げているうちにウキ止めの糸が、ゆるくなってきます)

私は端を短く切らないで少し長めにとっておいて、緩んできたら引っ張って締め直すようにして使っています。

鮭釣りの餌

今回も自家製の餌で、イカを調味料などに漬け込んで作ったものです。

このイカの餌で、今回はヒットがありました!

ついに鮭ヒットしました!!

今回初めて鮭をヒットすることができました。

すぐ手前のところでアタリがあり、合わせて手前の方まで引き寄せたのですが、残念ながらそこでバレてしまいました。

初めての鮭のアタリでしたので、感触がつかめてよかったです。

次回は釣れるように頑張ります!

新千歳空港

来る途中久々に、新千歳空港のある道を通りました。

空港の建物が綺麗なので、苫小牧方面に行く時にはここを通ることも結構あります。

今はコロナウイルスの影響でかなり人が少なくなっていますので、車の様子がどのような感じか試しに通ってみたというのもあります。

このような感じで車はすごく少なかったです。

近くの駐車場も、ほとんど車が止まっていなかったのでおそらく営業してないだろうなというところもありました。

飛行機が止まっています。

その奥には樽前山も見えます!

新千歳空港の管制塔

このような感じで新千歳空港付近の景色も結構綺麗なので、平日など車の空いてる時にはドライブするのもいいでしょう。

北海道釣り場の紹介

釣りをする時に出たゴミなどは、必ず持ち帰りましょう!!
釣り人のマナーが悪いと、釣り場が使えなくなってしまうところもあります。

基本的に私が釣りに行ったことある場所を紹介します。

参考用に動画のリンクなども貼っておきますので、釣り場の様子や釣れた魚種もチェックしてみてください。

太平洋側

たくさんの釣り場がありますが、私の行ったことのある釣り場を紹介します。

苫小牧西港

苫小牧西港は、色々な場所で釣りを楽しめるので、自分の好きなポイントを探してみてください。
港での釣りになるので、車をすぐ目の前に止めることができる場所が多く、ファミリーで釣りをするのにも楽な場所です。

  • 勇払
  • 中央南ふ頭
  • 中央北ふ頭
  • 東埠頭
  • 入船公園
  • 北ふ頭
  • 西埠頭
  • 漁港区

勇払埠頭

サビキ釣りで、よく釣れる魚種

  • マイワシ
  • カタクチイワシ
  • ニシン
  • キュウリ魚
  • サバ
  • チカ

投げ釣りや岸壁沿いの落とし込みなどで釣れる魚種

  • カレイ
  • アブラコ
  • ソイ
  • ガヤ
  • ドンコ
  • アナゴ
  • コマイ
  • マメイカ

船で沖まで出ると釣れる魚種

  • ヒラメ
  • サクラマス
  • アメマス
  • タラ
  • ヤナギノマイ
  • ギス

中央南埠頭

サビキで、鯖やチカ・ニシンなどを狙うのも良いですし、投げ釣りでカレイを狙うのもいいでしょう。

勇払埠頭から、車で15分程度で着きますので、勇払埠頭で釣れない時にはこちらに気分を変えて場所を移動したりするのもいいと思います。

鵡川漁港

港内で鮭釣りができる

9月10月頃になると、鮭の釣れる漁港です。
この時期にはかなり人気があって、釣り人がびっちり並んで釣りをしています。

鮭がたくさん入ってる時間に行くと、漁港内でびちゃびちゃはねている鮭を見ることができます。

鮭を釣る時の印象として、入ってくる時間帯があるのでその時間帯で一気に釣り上げるといった感じでした。

釣り方

鮭を釣る時の仕掛けとして、浮きルアーを使ってる人が多いです。
餌はさんまやカツオをつけると良いでしょう。

投げた後は、ゆっくりとリールを巻いてルアーを動かしていきます。
後はアタリがあったらあわせてください。

そう簡単には釣れないので、長時間釣りをするということを事前に頭に入れて釣りに行くといいと思います。

鮭釣りに行きたいのであれば、その日丸1日は釣りの日にするといいでしょう。

釣れる魚種

  • ソイ
  • アブラコ
  • ガヤ
  • カジカ
  • カレイ
  • アメマス

などが釣れます。

門別漁港

釣れる魚種

  • ソイ
  • アブラコ
  • ガヤ
  • カジカ
  • イカ
  • カレイ
  • マツカワ

などが釣れます。

白老漁港

登別港

日本海側

札幌からも近くの海もあり移動時間が短く済む場所もあります。

兜千畳敷 泊村

大人気の釣りポイントです。

しかし、磯場になりますのである程度しっかりとした釣りの装備がない人が行くと危険です。
しっかりと釣りをできる準備をしましょう。
特に命にもかかわる、ライフジャケットは必ず身につけてください。

夏場には鰤も釣れそうなので、メタルジグで狙っていますがまだ釣れたことがありません。

青物を狙ったショアジギングをやるのであれば、日本海側で狙うのが良いでしょう。

日本海側は、ブリが狙えるポイントもいくつかありますので色々とポイントを変えて試してみるといいと思います。

ヒラメは難しい

兜千畳敷はヒラメを狙いに来てる人もいるのですが、なかなか釣れません。

ヒラメを釣りたくて、兜千畳敷や岩内港で月に1-2回ペースで1年ほど行きましたそれでも釣れませんでした。

まだ諦めていませんので、これからも釣れるまで通っていこうと思います。

根掛かり

岸壁沿いは海藻がたくさんあるので、仕掛けが引っかかることもよくあります。
ある程度投げると、下は砂地のようで根掛かりでロストするようなことはほとんどありません。
仕掛けが近くまでやってきた時には、ある程度早く巻いて引っかからないようにするといいと思います。

釣れる魚種

  • ヒラメ
  • ホッケ
  • アブラコ
  • ガヤ
  • カジカ
  • サクラマス
  • アメマス
  • イカ

などが釣れます。

岩内漁港

岩内漁港はとても大きな漁港で、人気の釣りポイントです。
投げ釣り・サビキ・ジギングなど幅広く釣りを楽しめる旅行です。

札幌から車で2時間ちょっとで行ける場所で少し距離はありますが、釣りをする場所はたくさんあるので人気のポイントです。

車を釣り場のすぐ近くに停めて釣りをすることができるので、道具の移動などがとても楽なのでファミリーでの釣りにも置いてます。

風が強くてできなかったりだ時でもここへ来ると釣りをすることができたりします。

漁港内の投げ釣りでも時々「ヒラメ」が釣れたりすることがありますので、ヒラメを狙っている人に人気の釣り場でもあります。

ヒラメを狙ってる人も多いので、ジギングの人気の場所でもあります。

根掛かり

所々にかかりすることはありますが、私が釣りをした時の印象は他の場所と比べると根掛かりする可能性がとても低い感じがします。

釣れる魚種

  • ヒラメ
  • ホッケ
  • アブラコ
  • ガヤ
  • カジカ
  • サクラマス
  • アメマス
  • イカ
  • チカ

などが釣れます。

石狩港 沖堤防

石狩の沖堤防です。

この場所へ行くには渡し舟を使う必要がありますので、船の費用がかかります。
確か2000円から3000円程度でいけたと思います。

私が利用した時は、朝出発して夕方に帰る時間で利用しました。

景色がとても良く、広々とした中での釣りをできますので、ゆったりのんびり釣りをしたい人にはぴったりです。

トイレはありませんので、事前に済ませておくといいでしょう。

春頃になると、お腹が大きなソイも近づいてくるようですので、札幌近郊でソイの大物を釣りたいという人にはピッタリなポイントだと思います。
ソイを狙いたい人は、夕方の船で沖防波堤まで行って朝の船で帰る人もいるようです。

ソイは匹もよく釣りをしていてとても楽しめるので、人気のターゲットの一つです。

この時私が入った時は、ソイとガヤがメインで釣れました。
カレイも数匹釣れたといった感じです。

時期によって、サイズなど違いはありますが天気のいい日に釣りに行くととても気持ちの良い場所ですので、是非言ってみてください。

一度沖まで出てしまうと、途中で戻ったりできませんので、仕掛けや餌が足りなくなったりすると釣りができなくなってしまうので、事前にしっかりと準備していきましょう。

釣れる魚種

  • ヒラメ
  • ソイ
  • ガヤ
  • カレイ
  • アブラコ
  • ホッケ
  • イカ

などが釣れます。

小樽 祝津港

港内の水深は浅いイメージです。

小樽で釣りをしていて、気分転換に場所を変えて釣りをしてみたい時に少し寄ってみたところです。

ここでは何度も釣りをしたことがありませんが、小樽港で釣れるような魚が狙えます。

小樽の街もそれほど遠く離れていないないので、釣りをした途中で釣具や食料を買いたい場合でも小樽まで戻るという方法もありますので便利な場所にあります。

近くには、小樽の観光名所の小樽水族館があります。

釣れる魚種

  • ソイ
  • ガヤ
  • カレイ
  • アブラコ
  • ホッケ
  • イカ

などが釣れます。

小樽港

色内埠頭

第二埠頭

南防波堤

Memancing di desa Tomari Kabutosenjojiki 泊村兜千畳敷でのホッケ釣り

ホッケやサクラマスが釣れる時期になりましたので、泊村の兜千畳敷で釣りをしに行きました。

ここは釣りの人気スポットになりますので、週末に行くと釣り人が多くする場所がないこともあります。

2月の釣り

今回は、2020年2月15日に行きました。

15名ほど釣りに、来てる方がいました。

釣りをできる場所が少しありましたので、そこで釣ることにしました。

夏は利用できるトイレですか、冬の間は使えませんので釣り場に来る前にトイレを済ませておくといいと思います。

波が荒い

写真を見るとお分かりいただけるように、波は結構ありました。

天気予報では、 風速3-4m といった感じでした。

岩に打ち付けてくる波が結構強く、足元まで水が来ることが何回かありました。

そのうち何回か足元に大きく水がかかり、靴の中がビシャビシャになってしまいました。

この寒い時期ですので、水に濡れると足がとても寒く、その後1時間位は何とかできました。

しかし日暮れになり、足も相当冷えてたところで終了することにしました。

大きな波が来ると、このような感じで内側の方にも海水が入ってきています。

波しぶきが、あがっています!

今回釣った魚

今回釣れた魚は、「ホッケ」です。

30-35cm  ほどの大きさでした。

もう一匹アタリがあり、手前まで寄せたのですがあげるときにバラしてしまいました。

引きも非常に良いので、釣りをしても楽しめます。

今回もいつも通り、釣った後写真を撮ってからリリースしています。

サクラマスも釣れると嬉しかったのですが、この日は釣れませんでした。

この日は3時間ほど釣りをしまして、合計で2回のあたりがありました。

数時間やっても一匹も釣れないこともありますので、この日は2回チャンスがあったので良かったです。

使用したメタルジグ

今回使用したメタルジグは、100円ショップで売っているメタルジグ40g です。

カラーは緑色です。

トリプルフックの掛かり具合が、少し良くないような感じもありますので、気になる方は針だけ交換してもいいと思います。

夕焼け

泊まりの夕日はとても綺麗なので、天気が良ければ釣り場からとても綺麗な景色を見ることができます。

晴れている日に夕日だけ見に来ても、ゆっくりとできるのでとてもいいと思います。

釣りをした後はとても寒かったので、帰りに近くの「盃温泉 潮香荘」で温泉に入ってゆっくりと温まってから帰りました。

泊村に来た時には、寄ってみてください!

【Mancing Hokkaido】Monbetsu Hidaka 門別漁港での釣り ソイが沢山釣れた!(2019-7-21)

ヒラメを釣りたい!
Mau ditangkap Ikan Hirame

春から、ヒラメを狙って釣りを継続していますが、まだ一匹も釣れません。
大分練習はしたので、そろそろ一匹釣りたいです。
あとは、いろいろな場所で何度も挑戦すれば釣れると、個人的には思っています。

Sejak musim semi, saya telah mengincar “Ikan hirame” , tetapi saya masih belum bisa menangkapnya.
Saat saya berlatih, saya ingin segera pergi memancing.
Secara pribadi, saya pikir mencoba berulang kali di berbagai tempat, akan dapat memancing.

門別漁港
Pelabuhan memancing Monbetsu

漁港の様子です。

Ini adalah keadaan Pelabuhan memancing.

天気は曇りでした。
風はそれほど強くありませんでしたので、釣りをしやすかったです。

夜10時頃になると、風が強まってきました。

Cuaca mendung.
Anginnya tidak begitu kencang, sehingga mudah untuk memancing.

Angin semakin kencang sekitar jam 10 malam.

砂地のようですので、ほとんど根掛かりはありません。

Tampaknya seperti daerah berpasir, jadi hampir tidak ada akar.

港内は、海藻にかかることが結構あります。

Ada banyak rumput laut di pelabuhan.

サビキで、カタクチイワシのような魚を沢山釣っている方がいました!

Ada banyak orang yang menangkap banyak ikan seperti ikan teri di “Sabiki” !

カモメが、街頭の上に立っていて可愛らしいです。

Camar berdiri di jalan dan mungil.

夕焼けです。
天気がいいと、夕日がとても綺麗に見えます。

Ini adalah matahari terbenam.
Saat cuacanya baik-baik saja, matahari terbenam terlihat sangat indah.

トイレもあります
Ada juga toilet

港の中にトイレがありますので、ありがたいです。

Ada toilet di pelabuhan.

休憩
Istirahat

メタルジグを投げて、3時間ほどたって疲れたので少し休憩です。
セブンイレブンで購入した、「ティーラテ」です。

Saya melempar jig logam dan lelah setelah sekitar 3 jam, jadi saya istirahat.

門別漁港から、車で5分位のところにセブンイレブンがあります。

Seven Eleven berjarak sekitar 5 menit dengan mobil dari pelabuhan memancing Monbetsu.

今回釣れた魚
Ikan yang ditangkap kali ini

アブラコ
Ikan aburako

この日最初に釣れた魚!

Ikan pertama yang ditangkap hari ini!

ソイ
Ikan soi

今回は、20cm – 30cm 程度の大きさのソイが沢山釣れました。

Kali ini, banyak “ikan soi” sekitar 20cm-30cm ditangkap.

サビキにダブルでソイがかかり、竿が海に落ちそうでした。
危なかったです。
鈴をつけていたので、すぐ気づきましたがもし鈴をつけていなければ、竿が海に落ちていたかもしれません。

Sabiki jarum ditangkap dua ikan soi .
jadi kali ini pancing akan jatuh ke laut .
karena dua ikan berat ya .
Itu berbahaya.

Tetapi saya pakai bel untuk pancing .
sepaya tahu ada ikan ya .
jadi tidak apa apa pancing saya !

ワタリガニ
kepiting biru

ワタリガニ

以前、苫小牧で初めてワタリガニを釣りましたが、門別でもワタリガニが釣れました。
北海道でも、結構ワタリガニがいるんですね。
知りませんでした。

dulu saya dapat kepiting biru di Tomakomai pertama kali .
jadi saya tahu kepiting biru bisa dapat di Tomakomai .
dan kali ini dapat itu di Monbetsu juga .
di sini juga ada kepiting biru ya !

お腹に、たっぷり卵がありますね。

Banyak telur di perut .

その他
Lainnya

貝が釣れました。

Kerang ditangkap.

海老が釣れました。

Udang ditangkap.

何でしょうか?
円盤形の海の生物のようです。

Apa itu?
Itu tampak seperti makhluk laut diskoid.

使ったメタルジグとワーム
Pakai kali ini Jig logam dan Cacing

jigpara
ジグパラショート 40g グリーンゴールド
Jigu para pendek 40g Emas hijau

お手頃価格で、バリエーションも豊富なので気に入っています。

グラスミノー赤金
Grrass Minnow Emas merah
ロックンベイト パールブルー
Rock’n Bait Batu Mutiara Biru

今回使った餌

今回の餌は、イカの三升漬けです。
ソイが沢山釣れ、反応も良かったです!
餌もちもいいので、烏賊はおすすめです。

Umpan kali ini adalah cumi-cumi.
Saya bisa menangkap banyak “Ikan soi” dan responnya bagus!
kalau umpan cumi-cumi bisa pakai lama . bagus juga !

動画
Video

Belajar kata-kata 単語の勉強

mancing = tsuri 釣り つり
umapn = esa 餌 えさ 
ikan = sakana 魚 さかな
jig logam = metarujigu メタルジグ
cumi-cumi = ika 烏賊 イカ

【Mancing Hokkaido】Tomari & Iwanai 泊り兜千畳敷&岩内での釣り (2019-7-6)

ヒラメが釣りたい!
Mau dapat “Ikan Hirame”

今回もヒラメ狙いで、釣りをしに来ました。
何度か来ていますが、未だに一匹も釣れていません。
そろそろ、ブリも釣れそうな時期なので青物かかってくれると嬉しいなとも思っています。

Saya datang untuk memancing dengan tujuan flatfish kali ini.
Saya telah datang beberapa kali, tetapi saya masih belum menangkapnya.
Segera, saatnya menangkap “Ikan Buri” .
kalau bisa dapat “Ikan buri” juga senang !

泊 兜千畳敷
Tomari Kabutosenjojiki

駐車スペースが沢山あります。

Ada banyak tempat parkir.

Toilet Tomari

綺麗なトイレもあり、便利です。

Ada juga toilet yang bersih, yang nyaman.

いつ来ても、綺麗な景色が見れます!

Kapan pun Anda datang, Anda bisa melihat pemandangan yang indah!

海もきれいです。

Lautnya juga indah.

岩肌がむき出しで、迫力ある景色も楽しめます。

batu itu telanjang dan Anda dapat menikmati pemandangan yang kuat.

結構沢山釣り人が来ていました。
メタルジグで釣りをしてる人達は、誰も魚を釣り上げていなかったと思います。
エサ釣りをしている人たちが、少し魚を釣っていました。

Banyak pemancing datang.
Orang yang memancing dengan jig logam berpikir bahwa tidak ada yang ditangkap.
Orang yang pakai Umpan , menangkap ikan sedikit .

釣れた魚
Ikan ditangkap

コチが釣れました。

tangkap ” Ikan Kochi “

雲丹が釣れました。

Landak laut ditangkap.

ヒトデが釣れました。

Bintang laut tertangkap.

夕方まで粘りました
Main sampai malam

夕方でもたくさんの人が釣りをしています。 

Banyak orang memancing bahkan di malam hari.

午後2時から午後7時頃までここで釣りをしましたが、一匹も魚は釣れませんでした。
暗くなってきましたので、岩内の方に移動しようと思います。

Saya memancing di sini dari jam 2 siang sampai jam 7 malam, tetapi saya tidak bisa menangkap ikan.
Sudah mulai gelap, jadi saya akan bergerak menuju “Iwanai”.

岩内
Iwanai

岩内に移動してきました。
到着した時点で、既に暗くなっています。

Saya pindah ke “Iwanai”.
Sudah gelap ketika kami tiba.

今回は少し気分を変えて、今までにきたことがない場所で釣ってみようと思います。

Kali ini saya akan sedikit mengubah suasana hati saya dan mencoba memancing di tempat yang belum pernah saya kunjungi sebelumnya.

メタルジグとサビキに餌をつけて、釣りをしました。
結局、一度もあたりもなく釣れませんでした。

Saya memancing jig logam dan 「sabiki dengan umpan」.
Lagi pula, saya tidak bisa dapat ikan.

この辺りでは、マメイカを狙って釣りをしている人がいました。
水面にライトを当ててみてみると、何匹かマメイカが泳いでる姿を確認できました。

Di daerah ini, ada beberapa orang yang mencari cumi-cumi.
Ketika saya mencoba menerangi permukaan air, saya bisa melihat beberapa cumi-cumi berenang.

月明かりが、海面にあたり綺麗でした。
「岩内」では、午後11時過ぎまでヒラメが釣れないかなと思って頑張っていましたが、結局はあたりもなくこの日も釣れずに終わりました。

Cahaya bulan sangat indah di permukaan laut.
Dalam “Iwanai”, saya bekerja keras berpikir bahwa flatfish tidak dapat ditangkap sampai setelah 11 malam
Namun, saya berakhir tanpa memancing hari ini.

動画
Video

Belajar kata-kata 単語の勉強

Mancing = tsuri 釣り つり
Jig logam = metarujigu メタルジグ
malam = yoru 夜 よる 
pagi = asa 朝 あさ
kali ini = konkai 今回 こんかい
ikan = sakana 魚 さかな
kecil = chiisai 小さい ちいさい
besar = ookii 大きい おおきい
Jarum = hari 針 はり