庭でのバーベキュー 松阪牛編 BBQ di rumah daging sapi Matsusaka

今回は、庭のバーベキューで松阪牛を食べてみました。スーパーでバーベキュー用の食材を探している時に、この松阪牛が目に入ったので食べてみたいなと思い購入です。

なかなか食べる機会がないので、夏も終盤になりバーベキューの回数も少なくなるので美味しそうなお肉を購入してみることにしました。

A5なので、美味しい脂がたっぷりで美味しい!

松阪牛

このように、農家の名前や肥育地が記載されています。松坂牛のようにブランド肉の場合はこのような生産者情報などが書かれていることが多いですね。

この肉の品質規格は、 A5となっています。

すでにほとんど食べてしまっていたので、お肉の写真を撮る時には残りが少なくなってしまいました。

もも肉の部分と、カルビの部分だと思います。

こちらはもも肉の部分で、赤身がしっかりとしているので肉をじっくりと楽しみたい時に最適。

焼いた時には、脂身が少ないのでそれほど柔らかいという感じではないですが、通常のもも肉を焼いたときのような柔らかさ。赤身の美味しさをじっくりと味わえます。

カルビの部分はこのような感じ。写真からもわかるように、まんべんなく脂身が肉の間に入っていてとても美味しそうです。

脂身をしっかりと食べたい時にはこのタイプが最高。焼肉のタレをつけて白いご飯と一緒にガッツリと食べるのがいいですね。

焼肉のタレは、レモン汁をプラスすることで後味がすっきりするので私はいつもそのようにして食べています。

A5のお肉だと脂身が多くなりますので、焼肉のタレにレモン汁をプラスして食べる方がおすすめです。

大根おろしを、添えても良いでしょう。

それでは、炭火で焼いていきましょう!

このような焼き具合!脂が表面に浮いてきて、とても美味しそうです!

白いご飯が、すすむこと間違いなし。

飲み物は、やはりビールがいいでしょう。

南光園 味噌ホルモン

庭でバーベキューやるときの、定番の食材といえばこれ!「南光園の味噌ホルモン」です。

このホルモンは味噌の風味がいいのと、しっかりとした甘さがある味付けになっているので白いご飯にもぴったりと合いますし、ビールとの相性も抜群です。

焼いてるてるところの、様子はこのような感じ。

このホルモンは肉厚なので、食べる時の食感もぷりぷりとしていてしっかりとした弾力もありとても美味しいです。

サフォーク!

今回は、サフォークも購入してみました。サフォーク種の羊の肉は通常の羊の肉に比べてジューシーで柔らかくおいしいイメージがあります。

炭火焼きで焼くとこのように、美味しそうな脂は肉の表面に浮いてきます。羊の肉の独特な風味はありますが、とても美味しいのでサフォーク種の肉是非炭火焼きで食べてみてください。

脂が結構浮いてきますので、こちらもレモン汁を誰に加えて食べると後味すっきりで美味しいです。

普段はジンギスカンのたれで食べるのですが、今回はコストコで購入した叙々苑の焼肉のタレにレモン汁を加えて食べてみました。

この組み合わせのタレもすごく美味しくて、白いご飯にぴったりと合うのでご飯が進みました。

このぐらいまで焼いたら食べ頃です!もう少し早く食べても良いかもしれません。

ジャンボピーマン

家庭菜園で育てているジャンボピーマンが最近収穫できるようになってきたので、バーベキューで丸ごと焼きにして食べました。

バーベキューで炭火焼のピーマン丸ごと焼きはとても美味しいので、必ず用意する食材のひとつです。

写真にある通常のピーマンの大きさは左側です。右側にあるジャンボピーマンとの大きさは全く違うのが分かると思います。

2倍ぐらいの違いがあるのではないでしょうか!

味はそれほど普通のピーマンと変わりませんが、食べ応えがあり見た目もいいのでバーベキューの時に最適です。

家庭菜園をやっている方であれば、ジャンボピーマンの苗を一つ購入して育ててみるのも良いと思います。

ちなみにピーマン丸ごとで開いて、中の種までまで食べてしまいます!ピーマンの種は栄養がありますので、種までまで食べるのがオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA