Informasi 3 Jenis karintoかりんとう3種類の紹介

今回は3種類のかりんとうを食べましたので、これらのかりんとうを紹介します。

  • 成城石井 黒丸
  • 成城石井 白丸
  • 瀬戸内レモンかりんとう

成城石井 黒丸

コンビニ行った時にたまたま半額で売っていて、お得だったのですぐに購入しようと決めました。
コロナウイルスの影響でお客さんが少ないためセールしていたのかもしれません。

それではまず成城石井の蜂蜜かりんとう黒丸を食べてみます。

パッケージはこのような感じで、中のかりんとうはどのような形をしているのか見える梱包になっているのが良いです。

かりんとうは色々な形があるので、中の様子が分かると購入する時の参考になります。

中のかりんとうは一口サイズの小さな丸い形をしているので、一つ一つにしっかりと黒砂糖と蜂蜜がコーティングされていて黒砂糖の香りと甘さが前面に出ていてとても美味しかったです。

一口サイズのつぶにすることによって、大きな形のものにするよりも表面積が増え黒砂糖をたくさんコーティングすることができるのでしっかりと甘味と香りを堪能できるかりんとうでした。
食感もサクサクとしていてとても良かったです。

とても美味しかったので気に入りました。

成城石井 白丸

それでは次に成城石井の蜂蜜かりんとう白丸を食べてみます。

こちらも先ほどのおかりんとうと同様に、コロナウイルスの影響だと思いますが半額で売られていたので即購入を決めました!

先ほどのかりんとうの味違いなのでパッケージは同じようになっています。

こちらも中が見えるので、どのようなタイプのかりんとうか一目で分かるのがいいところです。

先ほどの黒糖を使ったタイプのかりんとうはしっかりと黒砂糖な甘味が前面に出ていましたが、こちらは蜂蜜と砂糖の甘さを上品にコーティングしたといった感じです。

それほど甘すぎないぐらいの仕上がりでした。
ですので、甘味と小麦粉の香りが両方とも楽しめるかりんとうです。

食感はサクサクしていてとても美味しかったです。

こちらの方が飽きがこずに沢山食べてしまいそうなかりんとうでした。
こちらもとても美味しかったので、また食べたいかりんとうです。

今回2種類買ったので、同時に二袋を開けて2種類の味を楽しみながら食べたので一種類だけを食べるよりも飽きがこないので、このように2種類のかりんとうを少しずつ食べるととても良いなと思いました。

かりんとうを食べるときは是非何種類か買って混ぜながら食べてみてください!
お勧めです。

瀬戸内レモンかりんとう

次に瀬戸内レモンを使用したかりんとを食べてみます。

袋を開けた瞬間に、レモンの優しい香りが広がりとても良かったです。

レモンは色々なお菓子にも合いますので、とても良い食材だなとつくづく思います。

このかりんとうは広島方面で買ったものです。
レモンは広島県産のレモン果汁を使用しているということです。
尾道などあちらの方ではレモンがとても有名ですよね。

このかりんとうの形は長方形形で。少し厚みのある形になっています。

この形のかりんとうはあまり見たことがないので、珍しいなーと思って食べてみました。

感想

まず先に前置きです。
しばらく家で保管していたので、このかりんとうを食べるのが遅くなってしまったとうことを先に伝えしたいと思います。

ですので購入した時すぐに分けて食べれば、味・食感は若干違うかもしれません。

さて食べてみた感想ですが、長方形方で少し細長くなっていますので食べた時に中の小麦粉の味もしっかりと感じられるようなタイプのものです。
甘さは、割と控えめかなといった印象です。
個人的にはこのタイプのかりんとうであれば、もう少ししっかりと甘みがあってもいいかなと思いました。

それと食べた瞬間にレモンのいい香りがほんのりとしてきます。

食感はそれほどサクサクっとした感じではなく、若干もったりとしたような感じがありました。
ですので口の中の水分が少し失われるような感じになります。
このタイプのかりんとうを食べる時には、紅茶やコーヒーなど水分のあるものと一緒に食べた方がより美味しいなと感じました。

個人的にはレモンの香りがとても好きなので、いい部分とそれほどでもない部分がありました。

レモン風味のあるかりんとうはあまり見たことがないので、ぜひ一度試しに食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA