L字型歯間ブラシ デンタルプロ L-shaped interdental brush Dental Pro

年をとってもしっかりとした歯で食事をとるためには、 健康な歯である必要があります。

歯をしっかりと健康的に残すために、毎日の歯ブラシは欠かせません。

歯ブラシはもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯の細い隙間もしっかりと清掃することが重要になってきます。

通常の歯ブラシだけでは、歯の隙間の汚れは取り除けませんので、歯磨きのやり方をしっかりと考えてみると良いでしょう。

歯の健康のための必出アイテムの一つ

私は、普段から歯間ブラシとデンタルフロスを使っています。通常歯間ブラシを使う時は、ストレートタイプを使っていました。奥歯の歯間清掃をする時にやりにくさを感じていたので、今回初めて L 字タイプの歯間ブラシを使ってみることにしました。

今回購入した歯間ブラシは、デンタルプロの L 字型ブラシです。

10本入りになって、値段は約280円だったと思います。

裏面には歯間ブラシの使い方が書かれています。

 L 字タイプなので、奥歯の歯間清掃が直線タイプのものより使いやすそうだなということが分かると思います。

ブラシの太さが色々とありますので、自分に合ったブラシの太さを選択すると良いでしょう。

歯間が小さいのに大きすぎるものを選んでしまうと、うまく清掃出来ません。できるだけフィットするものを選んだ方が、綺麗に汚れが取れます。

交換の目安として、ブラシ部分の毛先が傷んだり、ワイヤーが曲がったりしたら早めに新品と交換すると良いということで記載されています。

ブラシの先端の様子はこのような感じです。

金属の軸の周りにブラシがついています。

持ち手の部分からある程度距離がありますので、奥歯の清掃もやりやすいです。

先端部分に取り付けるキャップがありますので、旅行へ行く時などブラシ部分にカバーをしたい時には、このような付属品が付いていますので、利用すると良いでしょう。

使ってみた感想

今回初めて L 字型の歯間ブラシを使ってみて思ったのは、奥歯の歯間清掃をする時とても作業が楽になったなというところが一番です。

ストレートタイプのものだと、歯間の部分に対して斜めに入ってしまうような感じがあるので作業しにくかったこともよくあったのですが、 L 字型になることでまっすぐ挿入することができ清掃作業が楽になりました。

前歯の清掃に関しても、思ったより使いやすく気に入りました。(手持ち部分がストレートタイプに比べると長いので、作業しにくいかなと思っていましたが思ったほどではありませんでした。)

全体的にとても使いやすいなという印象で、先端の部分も柔らかい感じがありブラシの軸も割と柔らかく動くので清掃しやすかったです。

まだ L 字タイプの歯間ブラシ使ったことがない方は、一度使ってみてください。

歯間ブラシが入らないぐらい小さな歯間の場合には、無理して歯間ブラシを使わないようにしましょう。(歯茎などを傷つけてしまうことがあります)

歯間にあったブラシを使うのは重要です。

毎日のお口の清掃が、年をとっても美味しく食事をとれる秘訣になります。口臭の予防にもなりますので、お口の臭いが気になる方も歯間ブラシを使ってきれいに歯磨きをしてみると良いでしょう。

口臭の場合には、舌の清掃も効果的ですので、舌専用のブラシも売っていますのでそういったものを使ってみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA