かつや カツ丼&親子丼チキンタレカツ Katsuya Katsudon 【Hokkaido Foods】

久しぶりにかつやに行って、丼ものを食べようと思います。かつやの揚げ物はリーズナブルでありながら、味もよく美味しいので時々行きたくなるお店です。

鶏もも肉の圧倒的なボリューム感の丼が良い!

お店に行く前は、カツ丼を食べようと思っていましたが、お店の目の前にこのような商品の看板があったので、どのようなものかとても気になりこれにすることにしました。

親子丼とタレカツの合い盛り丼ということです。値段は715円。 肉は鶏もも肉を使っているので、柔らかくジューシーな丼に仕上がっているのでしょう!

今まで、まだ食べたことがないメニューということもあり、食べるのが楽しみです。

それでは。商品が到着しました。肉の量もたっぷりで、ボリュームがものすごいことが見た瞬間にわかります。

親子丼の方は卵もしっかりとあり、トロッとした食感でご飯に絡めて食べるととても美味しそうです。肉もたっぷりと入っていますね。

チキンカツの方は、割としっかりとあげてるような見た目。 

少し角度を変えて上から写真を撮りました。よりイメージが分かるでしょう。

実際に食べてみると、チキンカツの方は少し塩辛いようなタイプの、ソースがかかっています。(甘さが少し控えめという感じ)

チキンカツを食べた時の食感は、ザクザクとした食感がありしっかりと揚げられています。このぐらいしっかりと揚げたカツも美味しいです。中の鶏もも肉はやわらかく揚げてあるので、チキンカツの方は、気に入りました。

次に親子丼の方です、こちらは甘さの効いたタレに仕上がっているので、ご飯との相性もぴったり。チキンカツの方は少し塩辛いタイプのソースを使っていて、この少し甘めの親子丼のタレがよく合います。

両方とも混ぜ合わせながら食べると、より美味しかったです。甘めのタレは北海道人好みの味!

後は親子丼の方の鶏もも肉の状態ですが、少し硬めの仕上がりだなという印象。しっかりとした歯ごたえを意識した仕上がりにしているのかもしれませんが、もう少しふっくらとした仕上がりの方は親子丼の場合はおいしいかなと思いました。

全体的にはリーズナブルな価格で味もよく、しっかりとしたボリュームがあるのでお腹がすいた時にはピッタリな商品だなと思います。

次にこちらはカツ丼です。

かつやに来ると、個人的にはこのカツ丼が気に入っていて、ついつい注文してしまう料理のひとつです。

卵の分量はそれほど多くはないかなという印象ですが、カツの肉はしっかりとボリュームがあり、甘めのタレがご飯との相性も良くガンガン食べたくなる美味しさです。

少し角度を変えてみると、このような見た目でとても美味しそうです。

今回食べた親子丼とタレカツの丼はお弁当もできるようです。かつやではテイクアウトのメニューも豊富にあるので、店内が混んでいる時などはテイクアウトで購入してゆっくりと自宅で食べるのも良いでしょう。

ただし、とんかつやヒレカツなど揚げたてが美味しいものは、できれば店内で食べた方がいいと思います。やはり衣のサクサク食感が、美味しいですから!

今回食べたようなカツ丼などであれば衣がしっとりしても、美味しいので持ち帰りでも良いと思います!

後はミックスフライセットもあり、以前そのセットは持ち帰って食べてもサクサクとした食感が良かったのでオススメです。柔らかいイカフライもあり、個人的にはそのイカフライも気に入っています!

かつやに来て唐揚げ定食はまだ食べたことがないのですが、唐揚げも美味しそうなので別の機会に食べてみようかなと思いました。

海老・ヒレカツ・メンチカツの定食が、税込869円とお得なのでこのセットも今回食べるかどうか迷った料理の一つです。

ヒレカツ定食は安定の美味しさ!

定番のカツ丼も美味しいですが、ソースカツ丼もなかなか美味しいので食べてみてください。

カツカレーもいいですよね!

さっぱり食べたいときは、大根おろしのあるカツ定食もあります。

このようにかつやでは、リーズナブルで美味しい揚げ物が食べられるお店です。自宅でとんかつを揚げると油の処理などが面倒です。気軽に揚げたての美味しいトンカツを食べたい時には、時々「かつや」寄ってみるのも良いでしょう。

時間のないときでも、すぐに食べられるところが嬉しいです。

仕事などで店内で食べれない時でも、テイクアウトで車の中で食事をする時にもいいと思います。

Web site

■ かつや Katsuya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA