Pierre Hermé Dapat dibeli di Hokkaido ピエール・エルメのケーキが北海道で買える

ピエールエルメのケーキとても美味しくて何度も食べたくなるようなものが、沢山あると思うのですが北海道ではなかなか買うことができませんでした。

そんななか、北海道でもピエールエルメのケーキをニセコ(パークハイアットニセコ)で買うことができるようになりましたので、まず試しにいくつか購入してきました。

ピエールエルメのケーキはどれもカラフルでフルーツをたっぷりと使ったものが多く、とにかく素晴らしいです。

複雑な味が好きな方にはオススメなケーキですので、北海道でピエールエルメのケーキを食べ見ニセコへ観光で寄ってみると良いのではないでしょうか!

ちなみに、食べてからブログを書くまでの間がしばらく開いてしまい、味などはうろ覚えの部分があります。その辺は、ご了承お願い致します。

ピエール・エルメのケーキ
kue Pierre Hermé

イスパハン

イスパハン購入してみました。ピエールエルメのマカロンといえばこれですね!!!!

マカロンのデザインとピンク色のカラーの使い方が、とてもカラフルで見た目もよく食欲をそそります。

ラズベリーがたっぷりと入っているので甘酸っぱさがケーキの甘さと、とてもよく合います。

クリームも入っているところが良いですね

酸味がしっかりと効いたケーキ

まず見た目のインパクトが素晴らしいです。

全体的に濃い赤色を使っているというところが、かなりのインパクトです。どのような味のケーキなのか気になります。

そして、綺麗でつるっとしたコーティングが美しい。

フルーツは、木苺とブルーベリーその他もう一つ乗っていますが、どんなフルーツかが忘れてしまいました。(写真がありますので写真の見た目で判断してみてください)

味の方はといいますと、甘酸っぱさがしっかりと強調されたケーキかなと思いました。

ずっしり甘いケーキを味わって食べるというよりも、食後などすっきり系のケーキを食べたい時に、凄く良いのではないかなといった印象です。

グリーンのカラーが目を引く

こちらは緑色のカラーのコーティングが美しく素晴らしい、見た目のケーキになっています。

フルーツは、さくらんぼが乗っています。

緑色の中にポツンとさくらんぼの赤色があるところが、コントラストがはっきりとしていて素晴らしく良いと思います。

詳しい味を忘れてしまったのですが、ピスタチオ使ったタイプのケーキだと思いました。

一番下のタルト生地のような部分の香ばしさと、濃厚な味付けのケーキだったような気がします。
しばらく前に食べたものだったので、また機会があったら食べて味を思い出してみたいと思います。

キャレマン ショコラ

濃厚なチョコレートケーキが好きな方には、特にオススメです!

一番上にはチョコレートチップが乗っかっていて、パリパリの食感を楽しめその下の層には濃厚なチョコレートケーキが楽しめます。

横から見るとこのようになっています。

美しいチョコレートのコーティングをされていて、濃厚なチョコレート味の雰囲気が伝わるかなと思います。

このチョコレートケーキはかなり濃厚なタイプのチョコレートケーキになりますので、あっさり系のチョコレートケーキが好きな方には不向きかもしれません。

チョコレートの濃厚な香りとしっかりとした甘さのあるタイプのチョコレートケーキが好きな方は、是非購入してみて下さい気に入ること間違いありません。

私の場合はチョコレートの甘さはほどほどで、苦味がありある程度ふわっとした柔らかいタイプのチョコレートケーキが好きなので、このタイプのチョコレートは少ししつこさを感じました。

ピエールエルメのケーキはどれを食べても美味しいものが多いので、また食べたくなる美味しさです 。

そしてフルーツを使っているケーキは、ケーキの中にたっぷりとフルーツが使われているのでフルーツのおいしさをしっかりと味わえるのもいいところです。

北海道でなかなかピエールエルメのケーキを手に入れることができませんでしたが、ニセコに行くと購入できるようになりましたのでニセコ方面へ観光に行く時にはぜひ、「パークハイアットニセコ」へよってピエールエルメのケーキを味わってみてください。

Web site

■ パーク ハイアット ニセコ HANAZONO Park Hyatt Niseko HANAZONO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA