燻製薫るハッピーターン Smoked fragrant happy turn

ハッピーターンで、期間限定の珍しい味が販売されていて、美味しそうだったので1つ購入しました。

燻製のしっかりした風味がお酒にぴったり!

今回購入したハッピーターンは、「燻製薫るハッピーターン」です。

パッケージは、燻製をイメージしたかのような、濃い茶色を使ったシックなデザインです。

通常のハッピーターンだと、個包装になっていますが、今回のハッピーターンは、チャック付きの袋になっていて、個包装ではありません。

メインの原材料は、うるち米で米国産と国産のものを使っているようです。製造者は、亀田製菓株式会社。

ハッピーターンを開封してみると、このような様子です。

見た目は通常のハッピーターンと、それほど変わりがありません。燻製しているということだったので、色が少し茶色目が上がっているかなと想像しましたが、そのような事はありませんでした。

しかし、袋を開封した時に、燻製した時の強い良い香りがしっかりと広がりました。

いぶりがっこを彷彿させるような、良い香りでした。

食べてみた感想

実際に食べてみると、まず最初に燻製のいい香りが、しっかりとあるのが印象的です。

通常のハッピーターンと比べると、独特の甘じょっぱい良い美味しさの香りは、少し弱いかなといった印象があります。 というのも、燻製の香りが強いからです。

口の中に入れた瞬間に、ハッピーターン特有の甘じょっぱいいい風味はほどほどに感じられるという具合です。

その後は燻製の香りがメインで、最後の方にお米の良い香りが楽しめるといった具合です。

普段とは違ったハッピーターンの味で、燻製の香りも良く美味しかったです。

ビールなどお酒を飲む時に、ぴったりなおつまみだなと思いました。

もちろんお菓子として、そのまま食べてもおいしいです。

ハッピーターンは、味付けがしっかりとあり濃いので、少し暑い時など運動した後に、塩分補給も兼ねて、食べるのも良いかなと思います。登山の時などにも良いでしょう。

ハッピーターンが好きな方は、期間限定の味販売してるうちに、是非一度試しに食べてみてください。

■ 亀田製菓 Kameda Seika

金吾堂 手違いせんべい Kingodo mistake rice cracker

リーズナブルな価格で、たっぷり食べられそうなせんべいを探していたら、いいものを見つけました。

リーズナブルでたっぷり食べられるせんべい

今回購入したのは、金吾堂 手違いせんべいです。

値段は、230円ぐらいだったと思います。

袋の中を見てみると、3種類のせんべいが入っていることがわかります。

購入しようと思っていた時は、中をじっくりと見ていなかったので、1種類のせんべいがたっぷり入っているなと思い購入していました。

このせんべいは、うるち米(国産)が主原料となったせんべいになっています。

以前は、金吾堂製菓のせんべいを、あまり食べたことがなかったのですが、このような見切り品のような感じで、リーズナブルな価格でボリューム感のある商品が、結構たくさんあるのが分かりました。最近気になって、少しずつ違う種類を購入しています。

せんべいを袋から取り出してみると、このような見た目です。

一番左が揚げせんべいのようなもので、甘味の効いた醤油味がすごく美味しいです。

真ん中のせんべいは、通常の醤油味の焼きせんべいという感じ。しっかりと、バリバリ歯ごたえのあるせんべいを、食べたいときにぴったりです。

一番右の子のせんべいは、少し塩気の強い感じがする、揚げせんべいです。少し海老風味のような、味がするかなとも思いました。

横から見たところの、せんべいの様子はこのような感じです。

最近せんべいを食べているのは、仕事終わりになどに少し疲れた後、塩分も補給しながら、美味しいせんべいがないかなと思って探していたら、ちょうどリーズナブルな価格で、たっぷりボリュームのせんべいがあったのでよかったなと思っています。

そして、肝心の味のですけれども、パリパリ食感で味付けも良く充分美味しかったです。

リーズナブルで、たっぷりとせんべいを食べたいなというときに、是非チェックしてみてください。

■ 金吾堂製菓 Kingodo Confectionery

ふわふわ苺まんじゅう 柳月 「北海道のお菓子」Fluffy Strawberry Manju Ryugetsu

柳月で販売している、「ふわふわ苺まんじゅう」を購入してみました。饅頭の中に、イチゴの餡子が入っています。

爽やかな餡子を食べられそうで、楽しみにしています。柳月は帯広に本店がある、人気のお菓子店の1つです。

苺の爽やかな餡子が美味しいまんじゅう

パッケージはこのように、イチゴのデザインで見た目にも華やかで綺麗です。

一個あたりのエネルギーは、103kcal

原材料は、白生餡(白いんげん豆 北海道産)・砂糖・鶏卵・小麦粉・いちごピューレ・水飴・生クリーム・加糖練乳・植物油脂・いちご果汁加工品・餅米粉などが入っています。

開封してみると、このように饅頭の皮がイチゴカラーの薄ピンク色で、綺麗な見た目です。

ふわふわという言葉から、外側の饅頭の皮が蒸し饅頭のように、ふわっと・しっとりしているのかと思いました。ですが、実際に見てみると柔らかそうですが、割とパサっとしたようなまんじゅうのタイプだなという印象です。

半分に割ってみるとこのように、いちごが練り込まれた白餡が入っていて美味しそうです。

いちごの爽やかな風味が周りに広がり、食欲をそそられます。

食べてみた感想

購入した時に、蒸し饅頭のような柔らかさを想像していたのですが、思っていたものと違ってわりとしっかりとしたまんじゅうの皮だなというのがまず最初の印象です。

ですが、皮の感じはまあまあ柔らかいかなという具合です。

中の餡子は、イチゴのピューレが練り込まれており、苺の爽やかないい香りがするのが良かったです。

白インゲン豆を使った餡子なので、癖のない餡子に仕上がりより苺の風味が引き立ち良かったなと思います。

饅頭だけで食べても美味しいですが、緑茶や紅茶などを用意して食べるとよりおいしいかなという風に思いました。

ある程度しっかりとした、食感の饅頭が好きな方にオススメなタイプです。

春風のドラサン ピスタチオ&ベリー も美味しかったです

今回「ふわふわ苺まんじゅう」を買った時に、一緒に「春風のドラサン ピスタチオ&ベリー」やうぐいす餅・さくら黒豆大福なども購入しました。

鶯餅や桜餅黒豆大福の方は、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、春風のドラサン ピスタチオ&ベリーの様子だけ写真に撮りました。

このお菓子は軽い食感のカステラ生地の中に、 ピスタチオバタークリームの濃厚な味と、ベリージャムの爽やかな風味が両方混ざり合いとても美味しかったです。

カステラやバタークリームのお菓子が好きな方に、おすすめなので一度食べてみてください。

柳月といえば「三方六」という美味しいお菓子が有名ですが、その他にも色々美味しい和菓子が売っています。

北海道へ旅行に来た時は、柳月のお菓子も試しに食べてみてください!

Web site

■ 柳月 Ryugetsu

クラフトカルビー じゃがいもチップス 燻製チーズ味 Craft Calbee Potato Chips Smoked Cheese Flavor

クラフトカルビーの、まだ食べたことない味が出ていたので一つ試しに購入です。

今回の味は、「燻製チーズ風味」です。燻製の香ばしい香りが 、美味しそうなので期待しています。

燻製の風味が良く香ばしいポテトチップス

パッケージは、このようにシンプルですっきりとした感じのデザイン。

パッケージのところに皮まで美味しいと書いてあるので、じゃがいもの皮も一緒に揚げたタイプのポテトチップスになっているようです。

皮まで揚げているポテトチップスは、食感がいいものが多いので食感も楽しみにしています。

裏面には、ポテトチップスの美味しい訳が書いてあります。食べる前に、一読しておくと良いでしょう。

原材料の部分も写真に撮っていますので、気になる方はチェックしてみてください。

ジャガイモは、国産のものを使っているようです。

開封してみた、ポテトチップスの様子はこのような感じ。

形がしっかりとしていて、少し厚めのカットになっているポテトチップスの見た目で食感が良さそうです。

燻製されているということですが、色は通常のポテトチップスとそれほど変わりがないように思います。

実際にポテトチップスを食べてみると、最初にしっかりとした燻製の香りがして、その後からチーズの美味しさが口の中に広がるという感じです。

食べた時のポテトチップスの食感もしっかりとしたもので、パリッパリッという感じはとても美味しかったです。

燻製の風味があることで、いつもと違ったポテトチップスの味を楽しめてよかったです。風味がしっかりとあるポテトチップスということで、そのまま食べても美味しいですし、ビールやウイスキーなどのおつまみにもいいなと思いました。

普段とは違った味付けの、ポテトチップスを食べたい時にオススメです。

多分期間限定販売となっていると思います。気になった方は、見つけたら早めに一度食べてみてください。

レクラン・ドゥ・ルコルテのケーキ Lecrin de Recolte【Sapporo Sweets】

今回は札幌市清田区にある、「レクラン・ドゥ・ルコルテ」のケーキを食べてみました。ここのケーキ屋さんは、味が美味しいということで清田区でも人気のあるケーキ屋さんのひとつです。

特にチョコレートケーキが人気なので、しっかりとした甘いチョコレートが好きな方にもオススメのお店になります。「みやび Miyabi」という名前のチョコレートケーキが人気です!

札幌市清田区の美味しいケーキ屋さん

さて、それではケーキを見ていきましょう。

今回、購入したのは3種類のケーキ。

いちごのタルトケーキと、チョコレートケーキ・ショートケーキの3種類です。

見た目から、どれも美味しそうなケーキだということが分かるでしょうか!

サクサク食感のタルトの上に、生クリームとイチゴがたっぷりと乗っています。写真では少し見えにくいですがいちごの中の方に、カスタードクリームが入っています。

生クリームの風味が良いですし、タルトのサクサク食感も美味しくとても美味しいケーキでした。

横からの、見た目もこのように綺麗で華やかです。

イチゴがたっぷりと残っていて、イチゴの風味がしっかりと香っています。

このチョコレートケーキは、「エクアドル」というケーキです。

このエクアドルというチョコレートケーキは、甘さが控えめでチョコレートの濃厚な風味がとても良いタイプのケーキになっています。 

カカオの風味が重視されているチョコレートケーキで、甘さは程よく控えめでしっかりとしたカカオの風味が好きな方にオススメなケーキです。カカオは、エクアドル産の物を使用。

個人的には、カカオの風味がすごく良いので、このチョコレートケーキがとても気に入っています。

逆に甘くてしっかりとしたチョコレートの風味も味わいたいという方は、「みやび」というチョコレートケーキを選んでみてください。

しっかりとした甘さもあるケーキになります。個人的にはあまさは結構強いので、少し敬遠してしまうタイプのチョコレートケーキです。

見た目も綺麗で美味しそうです!

最後にショートケーキになります。定番のショートケーキですがここのお店のものは今までまだ食べたことがなかったので、今回初めて食べてみます。

生クリームの風味もよく、美味いしい!スポンジケーキも柔らかいですし、いちごの入っている分量もちょうどよく、風味と酸味がケーキとよく合い美味しいです。気に入りました。

ショートケーキの断面を見てみるとこのような感じ。

薄くスライスしたイチゴが、真ん中にサンドされています。

ショートケーキが好きな方は、是非一度試しに食べてみてください。

お店の外観はこのような感じです。

駐車場は、写真からもわかるように正面に4台ほどあります。その他、建物の横側も駐車場になっていて5-6台は停めれると思います。 

イオン平岡店の近くにあるので、スーパーで買い物したついでに美味しいケーキを購入しに寄ってみるのも良いでしょう。

札幌市清田区で、美味しいケーキを探してる方は是非チェックしてみてください。

Web site

■ レクラン・ドゥ・ルコルテ Lecrin de Recolte

Shop Info

〒004-0872 北海道札幌市清田区平岡2条5丁目3-10
営業時間 : 10:00~18:00
電話番号 : 011-887-5555

絶品のどら焼きを食べたいならこれ! 六花亭の「ご容赦どら焼き」 Goyosha Dorayaki Rokkatei Sweets Hokkaido

美味しいどら焼きを探している方へ! 北海道で人気のお菓子店、「六花亭」でものすごく美味しいどら焼きを販売しています。

普通のどら焼きと比べ物にならないほど美味しいです。そのどら焼きの名前は、「ご容赦どら焼き」!

値段は、たしか1個 160円だと思いました。期間限定販売で、賞味期限は当日の1日のみという珍しいどら焼きです。

本来は11月12月の期間限定販売になっているようですが、今回は2月でしたが販売していたのですかさず購入です。

美味しいどら焼きを探しているなら食べてみるべき逸品!餡子が普通と違い瑞々しい

「ご容赦どら焼き」のパッケージはこのような感じ。小豆の色をイメージしたような、デザインとなっています。六花亭らしい、花や植物のデザインがあるのも良いですね。

賞味期限1日

この「ご容赦どら焼き」ですが、賞味期限がわずか1日しかありません。

最小限の砂糖で作ったスペシャルな餡子

その理由は、小豆餡の美味しさに秘密があります。

このどら焼きのあんこは通常の餡子とは、一味違ったみずみずしく風味の良いものに仕上がっています。

最小限の砂糖を使用し、たっぷりの水で炊き上げた、みずみずしい小豆をそのままどら焼きに挟んでいるという感じです。

食べた時の、しっとりとした食感と柔らかさは最高に美味しい餡子です。 

このあんこはみずみずしく水分をたっぷりと含んでいるため、長く置いてしまうとカステラに水分が移ってしまい食感が悪くなります。

このような理由から、賞味期限が1日となっているようです。

原材料

原材料は、砂糖・たまご・小麦粉・あずき・水飴・みりん・食塩・寒天・トレハロース・膨張剤となっています。

砂糖が一番最初に来ているので、砂糖が原材料の中で一番多いようですが、餡子に関してはしつこい甘さがなくとてもスッキリとした仕上がりになっているので、しつこい甘さを感じさせないとても美味しいどら焼きが出来上がっています。

甘味を出すのに砂糖のみではなく、水飴やみりんを使っているところも美味しく出来上がっているポイントなのかなと思いました。

開封

それでは、どら焼きを開封してみました。

どら焼きのカステラ部分は写真からもわかるように、均一な焼き色でものすごく美味しそうな色合いです。

ふっくら柔らか食感のカステラ生地

このカステラ生地はものすごく柔らかい触り心地です。

横から見るとこのような感じ。通常のどら焼きと比べると、ふっくらしているのがわかるでしょうか?

そして餡子が少し見えてると思うのですが、小豆の粒はそのまま残ったようなタイプのあんこに仕上がっています。

どら焼きを半分に割ってみました。

あんこの様子がよりわかりやすくなっています。

瑞々しい小豆の粒が、一つ一つそのままの形で出来上がっているような餡子です。実際に食べてみると、小豆の良い風味とものすごく柔らかいしっとりとした小豆の食感が最高です。

瑞々しい最高の餡子

一粒一粒分かるようなあんこになっているので、ちょっと触るとあんこがポロポロとこぼれて行きます。

どら焼きのカステラもふわっと仕上がっているので、軽く乗っかってるような雰囲気になっています。

とにかくフワフワ感を残して、柔らかい食感を維持するような挟み方です。

餡子の様子が、しっかりとわかるように写真を撮ってみました。

餡子好きの方であれば、とても美味しそうな餡子だということがすぐにわかると思います。

食べてみた感想

まず開封して触った瞬間にとてもフワフワした食感のどら焼きだなということがすぐに伝わりました。そして、カステラ生地は強く押し付けているのではなくふわっと優しく乗っかっているだけというようになっています。

ちょっと触るとずれてしまうようなそんな感じです。さらに中に入っている餡子も、小豆の形をそのまま残したあんこになっているので、少し傾けるとポロポロと転がり落ちてきます。

一口食べるとカステラのふわっとした柔らかさが伝わります。この柔らかさがものすごく美味しいです。

そしてこのどら焼きの特徴として、餡子が普通のものとちょっと違うなという味に仕上がっています。

餡子が普通のものと比べるとものすごくみずみずしく仕上がっているので、食べた時にしっとりとしているところが素晴らしいです。そして、小豆の風味がしっかりあるのも美味しいポイント。

餡子の甘さについては最小限の砂糖で作っているので、しつこい甘さがないので最後まで、くどんどんと食べ進めてしまう美味しさです。

この世に今回のどら焼きはものすごく美味しいので、美味しいどら焼きを探している方にお勧めの商品です。

11月と12月の期間限定販売となっているようですので、この時期に北海道へ旅行に来たら忘れずに六花亭のお店によってチェックしてみてください。

このどら焼きを食べたら、他のどら焼きには戻れなくなるかもしれません!

ちなみに、この六花亭の「ご容赦どら焼き」 賞味期限が1日となっているため、オンラインショップでの販売はしていないようです。

北海道の美味しい和菓子として、外せない商品の一つになるでしょう。

Web site

■ 六花亭 Rokkatei