登山や釣りの行動食にぴったり Sempurna untuk aktivitas mendaki gunung dan memancing

釣りに行くと、よく食べたくなるお菓子を紹介します。

最近 釣りに行く時に気に入っているお菓子で、越後製菓の「揚げ小餅」です。

サクサクとした食感がとても良くおいしいのと、食べやすい細めのカットが丁度良いです。

越後製菓 揚げ小餅 サクサク食感が美味しい!

パッケージはこのような感じで、中のおかしの様子が分かるようになっていて購入する時の参考になります。

パッケージの裏面のデザインはこのようになっていて、おかきの美味しさが伝わる情報も記載されているのでチェックしてみましょう。

原材料の部分も写真に撮っていますので、気になる方はチェックしてみてください。

もち米は国産で米油を使用して、味付けに醤油・砂糖・鰹節エキス・食塩などが使われています。

袋から開封してみるとこのように、食べやすい大きさのおかきが入っています。

このタイプのものは横幅が広いものもありますが、このぐらい細身になっていると食べる時に食べやすくていいと思いました。

味付けが醤油味なので醤油の部分がパリッと仕上がっていて香ばしく、その風味がすごく良かったです。

以前に塩味のタイプの物も食べました。そちらの方はあっさりとした味で、お米の風味をより楽しめるのがよかったです。

どちらの味付けのものも美味しかったのでオススメです。

両方ともにサクサクの食感は間違いありません!

少し角度を変えた写真を見てみましょう。

カラッと油で上がっている様子がわかり、とても美味しそうですね!

やはりこういったお菓子はサクサク食感が、とても良いので開封したら一気に食べてしまうのがいいと思います。

登山の時の行動食にもとても良い

ブログの最初に釣りの時によく食べていると言いましたが、やはり疲れている時はこういった高カロリーで塩分のあるものを食べるとエネルギーがチャージされます。

そして 夏の暑い時動いている時には、汗をかいて体内から塩分が出ていきます。こういった塩分のあるお菓子を少し取っておくのもいいと思います。

そして登山などする時には 歩く時間が長く汗をよくかきますので所々で塩分補給も重要です。

私が登山する時には、結構このタイプのおかきを持ち歩くことが多いです。(その他にはカロリーメイトもバックに入れておくことが多い)

エネルギーの補給と塩分の補給、そしてこのお菓子はとても軽いので鞄に入れていても重さを気にならないというところが良いところです。

釣りや登山に行くと戻ってくるまではしっかりとした食事がなかなか取れないので、このようなハイカロリーなお菓子を持ち歩くのも一つの良い方法だと思います。

味も美味しいですし、是非登山や釣りの時に食べてみてください!!

Web site

■ 揚げ小餅 うまくち醤油味 Agekomochi Soy sauce flavor

シュークリーム アルトラーチェ 北広島市西の里 cream puff ARTLACZE

北海道北広島市で、とても人気のあるスイーツショップの「RTLACZE アストラチェ」でシュークリームを買いました。

ここのお店は、ジェラートがとても有名で夏の間になるとよく行列ができているお店です。

いつも混んでいる、ということから人気のあるお店だということが 分かります。

濃厚なクリームが美味しい!程よいサックと感のシュー生地も良い

今回購入したシュークリームは、2種類で通常のカスタードのタイプとチョコレートのタイプのものになります。

チョコレートの方は写真からわかるように、シュークリームの表面にチョコレートがコーティングされています。

シュークリームを真上から見るとこのような感じ。

少し角度を変えて写真を撮ってみました。

表面が少しパリッと焼かれている感じが分かるでしょうか?

しっとり系の生地のシュークリームもありますが、このシュークリームの生地は少しサクッとした食感も残しながらというものになっています。

おそらく、砂糖かクッキー生地のようなものを薄く焼いているのかなと思いました。

コーティングされているチョコレートは、少し甘めのチョコレートの印象。

中のクリームに関してはチョコレートクリームになっていて、しっかりとカカオの風味を生かしたような感じで甘さがほどほどの味付けでした。

カスタードクリームタイプのシュークリームを半分にカットしてみました。

このように、シュークリームの中にはぎっしりとカスタードクリームが入っていて、とても美味しそうに見えます。

クリームの食感はずっしりタイプ。濃厚でとても美味しかったです。

自宅で食べる時は、一度冷蔵庫に入れてじっくり冷やして食べるのがより美味しいかなと思いました。

シュークリームのクリームは冷たい方が美味しいです!

どうでしょうかクリームの濃厚さが伝わってきますか?

クリームたっぷりで、とても美味しかったです。

是非一度食べてみてください!

こちらはチョコレートクリームタイプのシュークリームを半分にカットしてみました。

最初は中のクリームはカスタードクリームなのかなと思っていたら、中のクリームがチョコレートクリームになっていて珍しかったです。

そしてこのチョコレートクリームが甘さが程よく、そしてカカオの風味がしっかりとありとても美味しいクリームに仕上がっていました。

チョコレートが好きな方にはとてもおすすめのシュークリームです。 カカオの風味がしっかりとあるタイプのものが好きな方は、きっと気に入るでしょう!

カットした左半分の部分にはクリームがたっぷりと入っています。

右側の方が少しクリームが少ないような感じです。

しかしこの直前にもう一つのチョコレートクリームタイプのシュークリームを食べたのですが、そちらの方はクリームがぎっしりと入っていました。

たまたまチョコレートクリームの注入が甘かったのか空洞の状況が良くなかったのかもしれないかなと思いました。

こちらのクリームもとても、濃厚でずっしりとしたタイプ。クリームが美味しい!!!

暑い夏には、ジェラートがおいしいのでジェラートを食べに行ってもいいですね!

そしてシュークリームをいくつか買って友達の家に行く時に、お茶請けのお土産にするのもいいと思います。

北海道北広島市西の里にあるスイーツ店ですのでその辺りを通る時など行ってみるといいのではないでしょうか。
お勧めのスイーツでの一つです。

Web site

■  「RTLACZE アストラチェ」

日本三大饅頭 柏屋 薄皮饅頭 つぶあん Manju Toko Kashiwaya dari Fukushima

日本三大まんじゅうの一つ、福島県郡山市の「柏屋 薄皮饅頭」を食べました。

柏屋は、創業から160年ほどたった老舗の和菓子店だということです。
福島へ行ったら、一度は食べておきたい和菓子のひとつです!

甘さ控えめの餡子で豆の風味が強く最高に美味しい!

餡子を使ったお菓子だからか、小豆色の包装紙になっています。

シンプルなデザインでありながら、和菓子の良さをしっかりと表現するようなデザインかなと思います。
和菓子の包装紙は、派手な物も良いですがこういったシンプルなデザインもしっくりときます。

裏面は、このような感じ。

柏屋のお店のマークなのでしょうか?

創業嘉永5年と書いてありますね!

原材料

原材料の部分を、写真に撮っていますので気になる方はチェックしてみてください。

包装紙を取ってみると、中の箱もこのような感じで和菓子らしい デザインです。

漢字の書体も、かっこよく良いなと思いました!

中の包装の様子

このように饅頭はひとつひとつ個包装になっています。

小包装になっていると、大人数でも取り分けやすく食べやすいです。

包装が透明なフィルムになっているので中の様子がしっかりと見えます。

饅頭の皮の部分が、ツヤっとした感じが伺えます。

見た目からとても美味しそうです。

饅頭の皮がすごく薄いので、中の餡子が少し見えていますね!

美味しそうな饅頭だったので、ピラミッド型に整えて写真を撮ってみました。

少し上から見るとこのような感じです。

開封

フィルムを外してみると、よりツヤツヤ感がしっかりとわかります。
とっても美味しそうな饅頭が見えますね。

横から見たまんじゅうの様子は、このような感じです。

餡子の様子

饅頭をひっくり返してみてみましょう。

餡子の部分が、たっぷりと入ってる様子が見えます。

この饅頭は下側まで皮がくるまれているタイプではなく、底の部分の餡子がむき出しになっているタイプです。

それでは次に餡子の様子を確認していきましょう。

餡子はつぶあんなので、しっかりと小豆の皮の部分が確認できます。

たっぷりと、小豆の皮が入っていることで、しっかりとした強い風味を感じることができます。
小豆の香りが好きな方にはたまりません!

甘さ控えめの餡子が最高に美味しい

そして薄皮なので、中にあんこがたっぷりと入っています。

これだけぎっしりとあんこが入っていると、甘いのかなと想像してしまうかもしれません。

しかし、柏屋の餡子は甘さが控えめでとても美味しいです。

小豆の皮の食感もあり、噛むたびにに小豆の風味がしっかりと感じられます。
小豆の皮にはポリフェノールも多く含まれているので、健康にもプラスの面がありますね!

甘さが控えめということで、小豆の風味をしっかりと感じながら食べる饅頭として最高に美味しかったです。

福島名物の柏屋の薄皮饅頭は、お土産にもいいです。そして何より、とても美味しいので自分用に食べるのにも良いまんじゅうです。

ちなみに賞味期限が一週間ぐらいだったと思いました。ですので、長期間の保存には向いていないと思います。そこを頭に入れておくと良いでしょう!

その他の日本三大まんじゅう

日本三大まんじゅうは、今回食べた福島県の饅頭の他に2種類あるので少し紹介です。

東京都 塩瀬総本家 志ほせ饅頭

大和芋と上新粉を合わせて練り上げた皮が特徴的で、昔ながらの製法で作られた饅頭だということです。

大和芋と上新粉を使っているということは風味がよく、しっとりとした饅頭の皮に仕上がっているのかなと想像します。

私はまだ食べたことがないので、一度食べてみたいと思いました。

岡山県 大手饅頭伊部屋 大手まんぢゅう

質の高い備前米を材料にして、麹から作っているということです。甘酒のような風味も感じられる饅頭だということ!

こちらのまんじゅうも私はまだ食べたことがなく、麹の風味を生かした美味しそうな饅頭なので一度食べてみたいと思いました。

饅頭の中の餡子はこしあんを使ってるということです。

岡山県を旅行した時には、是非チェックしてみてください!

Web site

■ 柏屋 薄皮饅頭 Kashiwaya usukawa manju

小さな海老の華 ローソンのスナック菓子 Kerupuk udang dibeli di Lawson

ローソンで美味しそうな海老せんべいを見つけたので、一つ購入してみることにしました。
値段も100円ぐらいで、リーズナブル。

商品は、「小さな海老の華」です。

ビールや芋焼酎によく合うスナック菓子

パッケージの左下のところに、「海老の華」と書いてあります。
このお菓子を元にして、ローソン風に仕上げているのでしょう!

「海老の華」は、軽い食感とエビの風味が良いのでとても美味しい米菓子です。

ローソンのプライベートブランド商品のパッケージは、シンプルなデザインが多いと思います!

原材料のところの写真に撮っていますので、気になる方はチェックしてみてください。
主原料のうるち米は国産のものを使っています。

開封

開封してみると中のえびせんべいは、このような見た目でした。

一口から二口で食べられるくらいの程よいサイズで、外側少し固めの食感なのですが中の部分はふわっと仕上がっていて、少し食べるととろけるような感じでなくなっていきます。軽く食べられるお菓子です。

塩味も結構効いているので、味はしっかり目という印象です。

海老の風味もありおいしかったです。

少し角度を変えて写真を撮ってみました。

エビが入っているので、海老の赤っぽい部分が所々に見えます。

この米菓子は、結構味が濃く海老の風味もいいので、ビールや芋焼酎飲む時にすごくぴったりだなと思いました。日本酒などにも合いそうです。

油で揚げたお菓子なの、一度にたくさん食べると少し口の中が油っぽい感じがします。
ほどよい分量で食べるのがより美味しいなと思いました。

ですのでこれ一つのお菓子を食べるのではなく、他のお菓子も一緒に組み合わせながら半分ずつ食べるなどすると、より美味しく食べれるなと思います。

後は、塩味がしっかりと効いているので、登山などに行く時に行動食として持ち歩くのもいいなと思いました。登山に行く時は汗もかきますので、水分と塩分の補給そしてカロリーも欲しいので、このようなしっかりと味付けされた油菓子があるとにぴったりだなという印象です。

味はとても美味しかったので、ローソンに行った時にはチェックしてみてください。

Web site

■ LAWSON ローソン

うま~い 三重県伊勢名物「赤福」 Spesialisasi Ise Prefektur Mie “Akafuku”

久しぶりに伊勢名物の、「赤福」を食べました。
三重県のお菓子いえば、やはりこの和菓子が一番最初に思い浮かぶでしょう。

お土産としても人気の商品のひとつです。かなりの有名な和菓子なので、誰もが一度は食べたことがあるような商品なのではないでしょうか。

滑らかな餡子と丁度いい歯ごたえの餅が最高!

ピンク色の包装紙が可愛らしいです。

老舗和菓子店

裏面のデザインはこのような感じです。
株式会社赤福は、創業宝永四年(1707年)の老舗です。

原材料

原材料の部分を写真に撮っていますので、気になる方はチェックしてみてください。

  • 砂糖(国内製造)
  • 小豆(北海道産)
  • もち米(国産)

伊勢本店の絵

外のピンク色の放送をとるとこのようになっています。

伊勢本店の、昔ながらの木造の風格のある建物が描かれています。(現在の建物は、明治時代に建てられたそうです。)

赤福をすくうのに使うヘラが貼り付けてあります。
写真を撮る前にテープを剥がしてしまっていますが、テープでくっついていました。

木べらはこのような感じです。

赤福のなめらかなあんこをしっかりとすえるように、丁度いい具合の幅広のものになっています。

伊勢本街道

「伊勢本街道」大和朝廷の時代から伊勢参りの主要道路だったそうです。

その様子の絵が描かれています。昔の風情が感じられて、いいなと思います。

開封

蓋を開けるとこのように、餡子が蓋にくっつかないように中に紙が一枚入っています。

餡子が波打っていて、美しい形できれいに整って入っています。

とても美しく美味しそうな、見た目ですね !

はやく、食べたくなります。

なめらかな、こし餡子の様子が分かるでしょうか?

「赤福」は、滑らかな餡子がおいしいのと、甘さが程よくしっとりとしているところが良いです。

そして中の餅も程よい具合の食感があり、しっとり・なめらかでもあります。
食べているうちに、口の中であんこと餅の風味が混ぜ合わさり美味しくなります。

餅が程よい弾力があることで、何度も噛んでいくうちに風味がしっかりと出てきますのでよく味わって食べると良いでしょう。

濃い緑茶と一緒に食べると、ぴったりと合う味です。「赤福」そのまま食べてもいいですが、時間のある時にはゆっくりとお茶を入れて食べるとより美味しいです。

伊勢へ行った時のお土産としてもとても良いですし、自宅でゆっくりとくつろいで食べるのにも良いですので、三重県の旅行に行った際には「赤福」を購入してみてください。

「朔日(ついたち)参り」

赤福では「朔日(ついたち)参り」という商品があります。

伊勢では毎月1日に普段より早く起きて神社へお参りするという慣わしがあるそうです。

そんなお参りの時に、赤福では美味しいお菓子を用意してお客様をお待ちしているということで、1日限定でそれぞれの月に違う和菓子を限定で提供しています。

普段とは違った限定の商品を、月初めに行く機会があれば食べてみたいなと思いました。
個人的には、特に7月の竹流しという商品が気になります!

Web site

■ 赤福 Akafuku

Video 動画

【Wagashi 和菓子】Mie Ise Akafuku manis Jepang yang sangat terkenal , Harus makan !三重伊勢とても有名な和菓子 赤福