ごつ盛りソース焼きそば 大盛【Japanese food】Cup Yakisoba Gotsumori

今回はしっかりとしたボリュームの、カップ焼きそばを購入してしました。

マルちゃんの「ごつ盛りソース焼きそば」です。 

まるちゃんの焼きそばといえばやはり、北海道限定やきそば弁当ですが、たまには違う味付けのカップ焼きそばを食べたいなと思い、ボリューム系のごつ盛りを選びました。

そして値段も安い!

からしマヨネーズで濃厚でありながらまろやかのソースが美味しい

パッケージデザインはこのように、がっつりと食べられるようなボリューム系の雰囲気になっています。

キューピーからしマヨネーズは付いているということで、焼きそばと相性のいいトッピングが付属していることで購買意欲がアップします。

最近はカップ焼きそばのマヨネーズ入りのものをあまり食べていなかったので、久しぶりに食べてみたくなりました。

原材料の部分も写真に撮っていますので、気になる方はチェックしてみてください。

麺の量は、130g。

今回原材料の部分を見ていると気になった部分が、調味料の中にデーツ果汁が使われていることです。このような食材も使われているんだなぁと、新たな発見です。

デーツといえば、やはり中東方面で人気の果物だと思います。イスラム教のラマダンの時期によく食べられる果物のひとつですね。

というのも、デーツはとても栄養価が高いので、断食の時によく食べるということです。断食の時には、太陽が昇ってから沈むまでの間は食事をしないそうです。

そんな時の栄養補給に、デーツはとてもいい役割をしているようです。

因みに、デーツはコストコで売っているので、一度食べてみたことがあります。甘くて美味しいドライフルーツのような感覚で食べれるものでした。デーツ興味があるようでしたら、コストコに行った時など売っている場所があったら購入して食べてみてください。

ちょっとお腹が空いた時に、食べるのにもちょうど良いです。甘いドライフルーツが好きな方にはおすすめ。

袋を開けてみると、通常のカップ焼きそばのデザインになっています。

中には液体ソースと、乾燥のキャベツ、そしてキューピーからしマヨネーズが入っています。

麺の様子はこのような感じで、通常のカップ焼きそばと同じような太さの麺の印象です。

お湯を入れて3分待ち、ソースとからしマヨネーズを混ぜるとこのような具合に仕上がりました。

マヨネーズのこってり感と、まろやかさが伝わってくるでしょうか?

まず最初に付属のソースだけ入れて食べてみた時には、酸味が結構強く結構しょっぱい味で濃いなと思ったのですが、マヨネーズを加えることで酸味が穏やかになりまろやかで、味の濃さもそれほど気にならなくマイルドになり美味しくなりました。

マヨネーズの効果は絶大です!

食べた時少し油っぽい感じもしますが、マヨネーズをたっぷり入れることで普段とは違った濃厚でマイルドな美味しい焼きそばになります。

毎回食べると少しくどい感じはしますが、時々はこういったこってりタイプの焼きそばを食べるのも美味しいです。

ごつ盛りは値段もリーズナブルで、たっぷりと食べられるカップ麺の一つです。特にお腹がすいたときや運動の後に丁度良さそうです。

Web site

 ごつ盛り ソース焼そば Gotsumori Yakisoba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA