【札幌珈琲タイム】Cafe Zikka (カフェジッカ) 清田区 Sapporo walk

札幌市清田区にある人気のカフェの一つ、「Cafe Zikka (カフェジッカ)」でコーヒーを飲んでみることにしました。 

カフェなどを特集している雑誌などでも、結構見かける店舗です。清田区方面で、ゆっくりとコーヒーを飲みたい時によってみると良いと思います。

建物の雰囲気はこのように、少し変わったような感じです。このようなドーム型の建物になっているので、中に入った時天井が高く開放感がありとても良い空間です。

コーヒーと甘いもの買い物を楽しめるカフェ

お店の目の前は、このような2車線の道路になっています。駐車場も結構広く、30台ぐらいは停められると思います。

キューバ

キューバというコーヒーを、飲んでみることにしました。今回初めて飲んでみるコーヒーで、どのような味がするか楽しみです。

特徴としては、甘くふくよかな香りとバランスの取れた苦味と酸味。

色がこのようにしっかりと黒色が出ていますが、飲んだ時は最初に苦味を程よく感じ。後味は結構、スッキリしているなという印象と、丁度良い具合で珈琲の味が残り、美味しかったです。

後味に、強い苦みが苦手という方にも、良いと思いました。酸味もそれほどないので、酸味が強いコーヒーが苦手という方は気に入ると思います。

酸味が効いていて、すっきりとしたコーヒーを飲みたい時には向かないかもしれません。

カフェウインナー

カフェウインナー(深煎りのコーヒー+生クリーム)。

値段は600円でした。

苦味の効いた美味しいコーヒーと、生クリームのバランスがとても美味しいです!

ホットチョコクロワッサン

ホットチョコクロワッサン(熱々のクロワッサンと冷たいアイスの微妙で絶妙な組み合わせ)。

値段は、750円でした。

クロワッサンの食感がサクサクでとてもよく、チョコレートの良い風味と、冷たいアイスクリームをバランスが最高です!

サクサクで暖かいクロワッサンの上に、冷たいアイスクリームのコンビネーションが抜群でした。

甘さはしっかりとありますが、とても美味しいクロワッサンで、気に入りました。チョコレートなど甘いものが好きな方にオススメです!

コーヒーとの相性もバッチリなので、ここのお店に来たらぜひ食べてみてください。

フレンチトースト

フレンチトースト(メープルシロップ、生クリーム)。

値段は、550円でした。

このフレンチトーストは、外側がカリッと仕上がっていて食感が良く、中が柔らかくて美味しかったです。

食べる瞬間に、メープルシロップの良い香りが口に広がるのも最高です。

ちょっとお腹が空いたときの、おやつ等にぴったりだなと思いました。

ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ(生地は全て自家製、100%道産小麦を使用)。

値段は、450円でした。

しっかりと濃厚でありながら、程よくふわっとした食感が良くとても美味しいです。濃厚な味と程よいくちどけを楽しめます。

コーヒーとの相性もぴったり。個人的にはコーヒーと、ベイクドチーズケーキの組み合わせでとても気に入っているので、コーヒー店に行った時には、この組み合わせが定番になっています。

横から見るとこのような見た目です。中のふわっとした感じが伝わるでしょうか!

ベリーのジャムが少しトッピングしてあるので、口の中がしつこくなった時に、ベリーの酸味でリセットするのにもちょうどいいです。

コーヒーや紅茶のメニュー 

コーヒーや紅茶のメニューは、このように色々な種類があります。その時の気分で少しずつ違うものを飲んで、味の違いを楽しんでみるといいと思います。

お店の入り口前には、コーヒーを入れるための道具であったり、コーヒー豆やその他ちょっとした小物などが販売していて、買い物を楽しめるスペースがあります。(馬追焼きもありました)

自宅でよく珈琲を飲むのであれば、食事ではなくコーヒー豆のみの購入で、訪れてみるのも良いと思います。

札幌市清田区方面で、ゆったりとした空間でコーヒーを飲みたい時、訪れてみてください。

■ Cafe Zikka  カフェジッカ

セブンイレブン限定で販売しているスターバックスの缶コーヒー Seven-Eleven limited canned Starbucks coffee

スターバックスからセブン&アイグループ限定ショート缶コーヒーが新発売されていたので、どのような味が気になり購入してみました。

  • 「スターバックス® COFFEE CHOICE コンフィ」
  • 「スターバックス® COFFEE CHOICE ロースティノーツ」

今回販売していたのは、この2種類の缶コーヒーです

運転のお供に欠かせない缶コーヒー

「スターバックス® COFFEE CHOICE コンフィ」

まず最初に、 「スターバックス® COFFEE CHOICE コンフィ」という缶コーヒーです。

缶コーヒーのデザインはスターバックスのグリーンを主とした、かっこいいデザインになっているなと思います。

この缶コーヒーは、コク深いコーヒーの風味とミルクの絶妙なバランスが特徴のようです。

ミルクが効いていてさらにしっかりとしたコーヒーの風味があるタイプは、個人的には気に入っているので実際に飲んでみるのが楽しみです。

缶コーヒーのデザインは、全体的にこのような感じになっています。

原材料が気になる方もいると思いますので、原材料の部分をズームで写真に撮っておきました。

私は個人的に缶コーヒーを飲む時には、人工甘味料が入っていないものの方が味が良く好きなので、原材料のところに人工甘味料が入っていないものを選ぶことが多いです。

しかし頻繁に缶コーヒーを飲むと、糖分の摂取が多くなってしまいます。なので、缶コーヒーを頻繁に飲んでいるなーっていう時には、微糖やほとんど甘くないタイプのコーヒーを選ぶこともあります。

缶コーヒーから、中のコーヒーをグラスに移してみるとこのような見た目でした。

実際に飲んでみると、コーヒーのいい香りがしっかりとあり苦味もほどよくありました。そこにまろやかなミルクがたっぷりと入っている感じがとても美味しかったです。

人工甘味料が入っていないので後味もよく、砂糖の甘さも程よいという感じでよかったです。通常の缶コーヒーだとかなり甘いなという感じがあるのですが、この缶コーヒーは普通の缶コーヒーに比べると少し甘さが控えめになっているのかなという印象がありました。

コーヒーとミルクのバランスが良かったので、牛乳が入った缶コーヒーが好きな方にはオススメです。

「スターバックス® COFFEE CHOICE ロースティノーツ」

次に、もう一種類の缶コーヒーでスターバックス® COFFEE CHOICE ロースティノーツです。

こちらの缶コーヒーのデザインは、コーヒーの色をイメージしているのか、コーヒー豆のブラウンカラーをイメージしたかのような色合いになっています。

缶のデザインはこのように、目を引くかっこいいものになっています。

こちらのコーヒーは、ロースト感のあるコーヒーの奥深さと、豊かな香りが特徴のコーヒーとなっているようです。

原材料の部分も気になると思いますので、写真からチェックしてみてください。

一番最初に牛乳が来ていることから、牛乳がメインの食材になっていることがわかります。

甘味料は、スクラロースが使われています。個人的には人工甘味料が使われた缶コーヒーは、後味がイマイチ良くないので購入する時には2番候補になります。

コーヒーを、グラスに開けてみるとこのような色合いでした。

実際に飲んでみると、甘さはかなり控えめと感じました。そして苦味も結構しっかりとあるなといった印象です。

後味に関しては人工甘味料が入っているので、少し気になる部分はありました。それと、クリームのようなものが舌の上に後味として結構残るのといった感じもあります。

もう少し舌の上の、さっぱり感があるとより美味しいなと感じました。

二つの缶コーヒーを飲んでみて、個人的に美味しいなと思った方は、「スターバックス® COFFEE CHOICE コンフィ」です!

コーヒーの風味としては両方とも良かったので、まだ飲んだことがない方は試しに飲んでみてください。期間限定の販売だと思います。飲んでみたい方は、早めにチェックする方が良いでしょう。

車の運転をする時の缶コーヒーは、気分転換にもなりますし、冷たいものを飲むとすっきりするので、欠かせません。

釣りに行ったりする時にも、この缶コーヒー良さそうです。

むさしの森珈琲でモーニング Pagi di Musashinomori coffee

今回は朝少し時間が空いたので、むさしの森珈琲の二十四軒店へ寄ってみました。

ここのコーヒー店は、近くにコープさっぽろやGU などの複合施設になっている場所の一角にあります。

ですので駐車場も広々としていて、駐車しやすいです。

朝の時間帯はモーニングサービスはありますので、コーヒーと一緒にパンも食べれるところがすごく良いです。

珈琲と朝限定のモーニングサービスを注文

お店の建物は、このように落ち着いた雰囲気の外観です。

隣にはコープさっぽろがあります。スーパーなどで買い物する時、少しゆっくりとコーヒーを飲みながら休みたい時にぴったりです。

小さなコーヒー店だと、駐車できるかどうかわからなかったりする不安があると思いますが、このように駐車場はたっぷりある場所だと車が停めれるかどうかの心配がいらないので安心です。

隣にはマツダのディーラーがあったので、車の点検に来た時の後の長い待ち時間の時に利用するのも良いでしょう。

メニュー

むさしの森珈琲のメニューはこのようになっています。メニューの一番最初にふわふわのパンケーキが写真にありますのでおすすめなのでしょう!

コーヒーなどのドリンクページです。ドリンク一つ注文すると、朝10時30分までであればモーニングサービスを利用できます。

メニューの一番上にある4種類のトーストから一つ選択できます。甘いタイプのものからチーズトーストなど食事系の味付けものでありますので、その日の気分でいくつか選べるのはとても良いです。

サラダやヨーグルトなど追加で食べたい時には、一緒に注文すると良いでしょう。

しっかりとした量を食べたい時には、このようなモーニングのメニューもありますので参考にしてみてください。ピザやベーコンエッグサンドなどボリュームのあるメニューもあります!

モーニングメニューを注文するときに、一緒に単品ドリンクを注文するとお得な価格でドリンクも注文できます。

その他スイーツ系のパンケーキなどもありますので、甘いものとコーヒーよく合いますのでこのようなメニューも良いでしょう。

今回私が選んだのはここにあるモーニングサービスのメニューのキャラメルホイップトーストと、ポップコーンアイスキャラメルラテ(638円)を注文しました。

ポップコーンアイスキャラメルラテ

このような感じで細長いコップで提供されてきます。

上にキャラメルポップコーンが乗っているのが、見た目もよくとても美味しそうです。

このラテは少し甘いのかなと思っていましたが、そんなことはなくコーヒーの苦みの効いた砂糖の入ってないタイプのものでした。珈琲の風味も良いです。

キャラメルポップコーンの甘い風味があるのと、トーストに付いていたキャラメルクリームがありましたので、甘くないタイプのラテて良かったです!

キャラメルポップコーンは写真にあるような感じです。表面が少しパリッとしていて食感もあり美味しいです。少しコーヒーにつけておくとしっとりとして、それもまたおいしい。

キャラメルホイップ+厚切りトースト

サービスで注文できる、「厚切りトースト+キャラメルホイップクリーム」です。

厚みのあるパンだったので食べ応えもあり、備え付けのキャラメルホイップクリームの香りが甘くとてもよく合いました。

朝早めに行くとお得ですので、ぜひモーニングサービス利用してみてください!

店内の様子

店内の様子はこのような感じです。

今回行った時は少し朝早めに行ったので、到着した時には人はまばらでした。その後少し時間が経って10時を過ぎる頃になると、だんだん人が増えてきたかなといった印象です。

席の間隔もある程度取ってあるので、ゆったりとできるのがとても良いところです。

のんびりと少し長居したいなという時にすごくいいと思いました。小さなコーヒー店だと長居すると気が引けますが、席に余裕があるコーヒー店だと周りの状況を見ながらある程度長居できるなぁという心の余裕ができます。ですので、あるので落ち着いて本を読んだりなどの長めコーヒータイムを楽しめます。

Wi-fi と充電ができるようになっていた

店内ではフリー wi-fi があったので、動画などを見たい方は wi-fi に接続して利用するといいのかなと思いました。

 USB の差し込み口もあって、携帯の充電もできるようになっていたのがよかったです。

コーヒーを飲んでる間に、充電できるのは助かります。

それとポイントカードなどは 、D ポイントや T ポイント楽天ポイントなどが使えるようです。

今回私は D ポイントを貯めました!

気軽にゆったりとしたいときにお勧めな場所です!少し空いた時間にコーヒーでゆっくりしたいなという時によってみてください。

Web site

■ むさしの森珈琲 Musashinomori coffee

Acces アクセス

〒063-0803 北海道札幌市西区二十四軒3条1丁目2−26
TEL : 0116330017

缶コーヒーBoss 深煎りspecial five blend Kopi Boss di jepang

缶コーヒーボスの、「深煎りスペシャルブレンド」という缶コーヒーが出ていたので購入してみました。
缶コーヒー BOSS のシリーズは、コーヒーの風味がしっかりと出ているような感じがするので気に入っています。

今回のこのコーヒーは5カ国の厳選された豆を使用しているということですので、どのような風味になっているか楽しみにしています。

コーヒーの香りが普段よりもしっかり感じられる

缶コーヒーはいつものボスの顔のデザイン!ボディは全部赤色に統一されていて一目で目立つような缶のデザインだなと思いました。

缶コーヒーには砂糖がたっぷりと含まれているので、原材料の一番最初のところに砂糖と書かれています!その次にコーヒーとなっています。

砂糖は国内製造のものとニュージーランド産のものが使われているようです。砂糖がニュージーランドで有名なような印象があまりないのですが、砂糖の製造が盛んなのでしょうか?

あとは砂糖がたっぷりと使われていますので、缶コーヒーの飲み過ぎには注意したいですね。

缶コーヒーから開封してみると、コーヒーの色はこのような感じです。
色に関しては普段飲んでいる缶コーヒーと似たような色合いだなと思いました。

飲んでみた感想

実際に飲んでみると、普段よりも豆の風味とコクが少し強いような印象です。
しっかりととコーヒーの風味を味わいたい時にいいなと思いました。

あまさもある程度あるのですが、コーヒーの風味と苦味そしてコクのバランスが良いのでよかったです。

缶コーヒーを飲む時は大抵、車の運転をする時に飲むことが多いので、個人的にはコーヒーの風味と香りが強く天沢ほどほどのものはいいなと思います。
今回の缶コーヒーは、車の運転の時に飲むのにちょうどいいなぁといった印象です。
釣りをする時などは少し遠出になることもありますので、車の中に幾つかつくストックしておくといつでも飲めるので、少し買ってこうかなと思いました。

畑作業などをして体を使って疲れた時には、甘いコーヒーも美味しいので、その時の気分に合わせて色んな種類のコーヒーを飲むのはいいでしょう。

Web site

■ ボス スペシャルファイブブレンド 深煎り Boss special five blend

キリンFire Onday Latte 大容量で釣りの時に良さそう Minuman jepang kopi Fire

キリンファイアの新しいコーヒーが販売されていたので試しに購入してみました。

「Fire Onday Latte 微糖」です。
販売してから結構人気があるようなので、期待しています。

香りよくスッキリ味の微糖

このようなペットボトルに入っています。

600mlと書いてあるように、普通のペットボトルコーヒーよりもたっぷりと入っているのが分かります。

少し太めのペットボトルのボディになります。

原材料の部分を写真に撮ってありますので、気になる方はチェックしてみてください。
私がいつも原材料で見ているのは、甘味料のところでこのコーヒーには、アセスルファムk・ ステビア・スクラロースが含まれています。
微糖のコーヒーは必ずといっていいほど、人工甘味料が入っていますので、基本的には購入することが少なくなりました。

なぜかというと後味が人工甘味料のほうが、通常の砂糖を使っているものと比べるとあまり良くないからです。

しかし砂糖に制限のある方は、このように人工甘味料を使ったものがあると助かると思います。
あまり多く砂糖を摂りすぎると、コレステロールなども心配なので、上手に飲み分けると良いかなと思いました。

グラスにあけてみるとこのような感じです。

原材料のところに牛乳が一番最初に記載されているので、しっかり牛乳が使われているタイプのものだなということがわかります。

実際に飲んでみると、コーヒーの香りがしっかりとあり美味しい印象でした。そしてあまみも抑えられていて後味がすっきりとしてるなといった印象です。

牛乳が使われているのでもう少しこってり感があるのかなと思いましたが、割ととさっぱりした後味て飲みやすくていいなと思います。

釣りの時にも良さそう

個人的にはコクのあるものが好きですが、釣りに行く時にすっきりとしたコーヒーがあると、長時間ちょっとずつ飲むのにいいので、こういうタイプの大容量コーヒーで微糖の物は重宝します。

釣りに行くとどうしても、長時間スーパーや自動販売機へ寄ることができないので、そのような時にカバンに入れておけばしばらく飲める、少し大きめサイズのコーヒーがあると助かります!

今後も時々、大容量コーヒーなので釣りの時に持っていて飲もうかなと思っています。

■ キリンファイア Kirin Fire

Kopi Indonesian Lintong Mandheling Gosh美瑛 リントン マンデリン コーヒー

美瑛町美馬牛にある有名なコーヒー店、「自家焙煎珈琲 Gosh」のコーヒー豆を購入してみました。

購入したのは、インドネシアのリントンマンデリンというコーヒー豆です。

美瑛といえば壮大な北海道の大自然を堪能できる、「パッチワークの丘」や「青い池」がとても有名です。

自家焙煎珈琲 Goshは、畑の中にあるコーヒー店というタイプではありませんが、静かでゆっくりとコーヒーやスイーツを楽しみ上質な時間を楽しみたい人にお勧めの場所です。

Indonesian Lintong Mandheling
リントン マンデリン

Indonesia Lintong Mandheling というコーヒー豆です。

パッケージは黒を基調としていて、落ち着いた雰囲気でありながらお洒落ですごく良いデザイン

特徴

豆の特徴としては、完熟したフルーツやチョコレートのような香りがあり、しっかりとした苦味と上質なバターのようなコクがあります。

珈琲豆

袋から出してみたコーヒー豆の様子です。
このように焙煎は、しっかりとしているように見えます。

少し角度を変えて、写真撮影していました。

豆の粒もしっかりとしていて、袋から出した時の香りも良く飲んでみるのが楽しみです。

飲んでみた感想

実際に飲んでみると、最初の一口目しっかりと苦味が感じられ舌の上に乗せると酸味も同時に感じられます。

コーヒーが喉を通ると、酸味も消え苦味が残る後味になります。

苦味が残りますが、それほどしつこく残らずマイルドな感じかなと思います。

説明にバターのようなコクと書いてあったように、飲んだ後に舌の上に残るような油分を他のコーヒーよりも多く感じられたかなと思います。

苦味があって、酸味がそれほど強くなくコクのあるコーヒーが好みの方にはぴったりだと思います。

じっくりコーヒーの味を楽しみながら飲みたい時にすごく良いのではないでしょうか。

甘めの和菓子などと一緒に、このコーヒーを飲むとよく合いそうです。

Web site

■ Gosh Biei Coffee ゴーシュ自家焙煎珈琲 美瑛美馬牛

Belajar kata-kata 単語の勉強 

  • Kopi = ko-hi- 珈琲 コーヒー
  • Biji kopi = ko-hi-mame コーヒー豆 こーひーまめ
  • Rasa pahit = nigami 苦味 にがみ
  • Keasaman = sanmi 酸味 さんみ
  • Enak = oishii 美味しい おいしい