【Masak 料理】自家製抹茶プリンづくり試作 Membuat puding matcha buatan sendiri

最近自宅でよく作っているプリンですが、今回は抹茶を入れて作ってみることにしました。
抹茶のいい香りと苦味が アクセントになり、とても美味しいので自宅でも作ってみたいなと思いまずは試作です。

材料については、ブログの一番最後に紹介します。

抹茶の苦みがとても良いアクセント
Pahitnya matcha adalah aksen yang sangat bagus

出来上がりの様子を写真に撮りました。

一番上のところに抹茶の粉が結構浮いているのが分かると思います。因みに、作るときはいつもマグカップか湯のみ茶碗を使っています。
(オーブンで焼く時に違う容器を使うと、焼き具合が若干違ってきますので気になる方は同じ容器を用意しておきましょう。)

今回抹茶を混ぜるときに、卵と砂糖・牛乳を混ぜる時にそのまま入れてみました。
牛乳を少し温めているので上手く溶けるかなと思っていたのですが、思ったようにうまく溶けませんでした。
一部分は溶けていますが、残った抹茶は上の方に浮いてきたような形になっています。

お皿に移してみた

出来上がったプリンをお皿に移し変えてみました。

そうするとカラメルのある部分にも、抹茶の塊が結構たくさん残っているのがわかります。
個人的には抹茶の粉が上にあるのは、結構見た目がいいかなと思いました。

横から見るとこのような感じです。

プリン本体の色も少し緑がかっていて、ある程度抹茶が行き渡っているのが分かると思います。

一番端の部分に、少し気泡がたくさん見えます。食べる時に少し食感が分かりますが、プリンの中の方になるとなめらかなので美味しいです。
気泡の部分は全体的には、食べる時に特別気になるほどではありません。

真上から見るとこのような感じに仕上がっています。

抹茶の固まりの部分が均一ではありませんが、食べる時に所々抹茶の強い風味や苦味を感じるのでこのまばら感が良かったです。
抹茶の粒を食べる時に少し口の中に残るような感じがあり、少しもちっとした食感にもなっていました。
多少の食感があるのもたまにはいいかなと思います!個人的には美味しかったです。

全体的に滑らかなものを食べたい方は、よく抹茶を溶かして均一に滑らかに仕上げると良いと思います。

半分にカットしてみたところの断面です。

中はとても綺麗に仕上がっていて美味しそうです!実際に食べたときも味も良くとても美味しかったです。

プリンを作るのはとても簡単なので、自宅でぜひ作ってみてください。
使う道具や材料もそれほど多くのものを用意する必要がないのもいいところです。
スイーツ作りの入門として、プリン作りから練習するのも良いですね!

【材料】

  • 牛乳 200ml
  • 卵 2個
  • 砂糖 (プリン液用 30g カラメル用 25g)
  • 抹茶 お好みで
  • バニラエッセンス(バニラビーンズ) お好みで
  • レモン果汁 お好みで
  • ラム酒 お好みで

【作り方】

プリン液

  1. 卵2個を器に入れる
  2. 砂糖30 g 加えてしっかりと混ぜる
  3. 牛乳を40℃から50℃程度に温める
  4. 卵と砂糖を混ぜ合わせたものに牛乳・抹茶を加える
  5. お好みで、バニラエッセンス・レモン果汁・ラム酒などを加える

カラメル

  1. 砂糖をフライパンの上に上げ溶かす(砂糖が溶けてくるまではあまり動かさないのがコツ)
  2. ある程度溶けてきたらフライパンを動かしながら、お好みの焦げ具合になるまで砂糖を火にかける
  3. お好みの焦げ具合になったら、大さじ1程度の水を加える

焼き

  1. 器に出来上がったカラメルを熱々のうちに注ぐ
  2. プリン液を上から注ぐ
  3. オーブンレンジの皿に湯煎用の水を張る
  4. オーブン(私の場合スチームオーブン)の設定温度は130°で20分目安で焼く
  5. 出来上がったら粗熱を取って、冷蔵庫に入れてしっかりと冷やす

パティシエのりんごスティック ラグノオ Stik apel koki pastry

青森でとても人気のあるスイーツ店の「ラグノオ」で販売しているパティシエのりんごスティックを 食べてみました。

青森といえばやはりリンゴが有名ですので、美味しいりんごを使った「りんごスティック」どのような味がとても気になります!

青森の人気スイーツ店「ラグノオ」
Toko manisan populer di Aomori “Lagunoo”

パッケージデザイン

まずはパッケージです。
りんごをイメージしたような、赤色がメインの包装となっています。

綺麗な包装で、お使い物にも良さそうです!

裏面はこのような感じです。

サイドのデザインは、このようになっています。

パティシエの頭のところに、りんごの葉っぱのようなデザインがあり、パティシエにもりんごにも見えるようなデザインになっているようですね。

原材料

裏面の原材料のところの写真をとっていますので、気になる方はチェックしてみてください。

より美味しく食べれる方法もここに書いてありますので、食べる前に一度読んでからお好みの方法で食べてみてください。

【より美味しい召し上がり方】

  • 袋からお菓子を取り出しオーブントースターで軽く温めると、焼きたてに近いサクッとした食感を楽しめます
  • 冷蔵庫で冷やしていただくと、ひんやりとしたリンゴのさらにみずみずしい食感が味わえます

包装紙を取ると中は、シンプルな色の箱になっています。

個包装

今回は、中に5本「りんごスティック」が入っているタイプのものです。

個包装になっているので、何人かで食べる時に分けやすく、1人で食べる時でも1つずつ食べたいぶんだけ食べられるのがいいところです。

一袋だけ取り出してみました。

結構大きめのサイズの、りんごスティックだということが分かると思います!
ちょっとだけ食べたい時は、1本を2人で半分にするのも良いでしょう。

食べ応えもありそうで、楽しみ!

個包装の裏側にも原材料がしっかりと記載されていますので、ここでも確認できるのが便利です。

それではここから、中を見ていきましょう!

見た目

このような感じで全体がパイの生地に包まれているタイプ。

真ん中にたっぷり、りんごのシロップ漬けが入っています。

ひっくり返してみると、このような感じになっています。

半分にカット

半分にカットしてみると、りんごのシロップ漬けが見えてきて、しっとりシャキシャキ食感のおいしいりんごが見えてきます。
りんごのシロップ漬けの下には、しっとりとしたスポンジケーキのようなカスタードクリームのようなものが入っています。

冷やして食べるとシャキシャキ食感

シャキシャキ食感を味わいたい場合は、冷蔵庫などで冷やしてから食べるとよりりんごの良い食感を楽しめます。

パイ生地に関しては、冷やしてしまうと少しもそもそとした感じがあります。

オーブンで焼いてみた!

オーブンレンジで、焼き上げてみました。
温めて食べてもとても美味しいということなので、どのような味が気になりやってみました。

オーブンで焼くとパイ生地が美味しくなる!

オーブンレンジで焼くことで、パイ生地がサクッとなり食感がよくなります。
中のりんごに関しては、程よいシャキシャキ感としっとりとした柔らかさになります。そしてりんごの甘味が増す感じ!

パイ生地がサクッとして、しっとりとした甘味のりんごを食べたい方には温めた方がおすすめです。

冷やしても焼いても両方に良いところがある

個人的には、両方とも美味しかったのですが、りんごのシャキシャキとした食感をより重視して食べたかったので、冷やして食べる方が今回は多かったです。

ただパイ生地のもったりとした感じが気になるので、全体のバランスとしていいなと思うのは、オーブンレンジで一度焼いてから食べる方が良いかなと思いました!

とても美味しい青森のスイーツですので、青森方面に行った時には是非一度チェックしてみてください。

Web site

■ ラグノオ Ragunoo

Video 動画

【Japanese Sweets】Taiyaki krim custard クリームたい焼きカスタード ファミリーマート

ファミリーマートで売っていた、クリームたい焼きカスタードはとても美味しかったので気に入りました。

たい焼きといえば熱々でパリッとした食感が美味しいというのがありますが、今回食べた「たい焼き」はもっちりとした食感がすごく良かったです。

Family Mart Sweets

見た目はこのように普通のたい焼きと同じです。

値段もお手頃で、サイズも一回食べるのにちょうど良い大きさです。

裏に書いてある原材料の部分を写真で撮っていますので、原材料は気になる方は確認してみてください。

たい焼きのこの形は、なぜでしょうかとても美味しそうに見えます!

たい焼きの厚さはこのぐらい

中のクリームの具合を見るのに、半分にカットしてみました。

たっぷりとカスタードクリームが入っているのが分かります。
このカスタードクリームが、濃厚でとても美味しかったです。

今回このたい焼きがとても気に入ったポイントとして、とてもモチモチとした食感がよかったことです。

冷たいまま食べたのですが、もちもちした食感があるので冷たいままでもとても美味しく食べれるのが気に入りました。

ファミリーマートで気軽に購入できるので、機会があったら一度食べてみてください。

自分でたい焼きを作る時にも、デンプンなどを入れたりしてもちもちとした食感を作れば冷やしてもおいしいたい焼きが食べれるかなと思いましたので、今度時間のある時に一度試しに作ってみようかなと考えています。

美味しいたい焼きが作れたら、ブログで作り方紹介します!

Video 動画

Ubi jalar cranberry Obihiro 帯広で超人気のクランベリーのスイートポテト

せっかく帯広行ったら必ず食べておきたいスイーツの一つが、クランベリーのスイートポテトです。

このスイーツは大人気ですので帯広旅行へ行くのであれば、一度は食べてみたいお菓子のひとつでしょう。

帯広へ行ったら買っておきたいスイーツ

購入するとこのような箱に入ってきます。

可愛らしい柄の箱ですね!

美味しい食べ方

中にスイートポテトを美味しく食べる方法が書いてあります。

  • 電子レンジで1分ほど温める
  • 冷蔵庫で冷やしそのまま食べる
  • 冷凍した後、冷蔵庫で解凍して食べる

この3パターンで美味しく召し上がれますので、購入する時の参考にしてみてください。
ちなみに私は温めても、冷たい状態で食べても、両方美味しいなと思いました!

冷たい方がクリームがしっかりとしていて、クリームをじっくりと楽しみたい方は冷たい方がいいと思います。

温めると、さつまいものいい香りが口の中により広がりますので、さつまいもの香りが好きな方は温めて食べるとより美味しく召し上がれると思います。

お好みの方で食べてみてください!初めての方は半々にして食べると良いでしょう。

開封

それでは中を見ていきましょう。

このようにずっしりとした感じの、スイートポテトが入っています。

下には本物のさつまいもの皮が使われていますので、さつまいもの食感も楽しめます。
(さつまいもの中身をくりぬいて器にしてるような感じです)

表面がこのように香ばしく焼かれていますので、香りが良く中のクリームは甘くてしっとりとしているのですごく美味しいです。

帯広行った時のお土産としてもぴったり!

購入する時の注意点!
商品は、さつまいもの大きさに合わせて作っていますので一つ一つサイズが違います。

ですので、小さめのサイズを買いたくてもなかなかなかったりします。

今回写真に撮影したのはわりと小さめのものを購入できたので、それを購入しました。

たっぷりと食べたい方は大きめのものを購入するといいですが、ちょっと食べたいときに小さめのものが売っていないと買うときに躊躇してしまうかもしれません。

まずはお店に行って、どのようなサイズのものがあるか見てみると良いでしょう。

とても美味しいスイーツですので、一度は食べてみてください。

帯広へ行くとたくさん店舗がありますので、ホームページなどで店舗を調べて寄ってみてください。

Web site

■ クランベリー Cranberry

Video 動画

【Kue Jepang】Ume Kuzukiri Chateraise シャトレーゼの梅くずきりがさっぱりして美味しい

夏の暑い時や、食後の後にスッキリと食べられるとても美味しいスイーツを食べました。

シャトレーゼで販売されている、和菓子です。

シャトレーゼはリーズナブルで美味しいお菓子はたくさん売っているので、お店を見かけたら時々寄ってみてはいかがでしょうか。

スッキリと食べられるスイーツ

今回食べたのは、「梅くずきり」です。

真ん中に梅の実が一つ入っています。

外側は柔らかいゼリーが詰められていて、その中にくずきりてが入っています。

ゼリーはプルプル食感

ゼリーの食感はとても柔らかく、プルプルとした食感ですごく良いです。

触るとすぐに崩れてしまうような硬さです。

ゼリーには梅の香りがあって、とても爽やかで美味しい!

くずきりの歯ごたえ

柔らかいゼリーの中に、歯ごたえのあるくずきりがあるので食感の違いが2種類楽しめてすごく美味しかったです。

さっぱりとした後味

梅の実も入っていて、梅の爽やかな香りがしっかりと口の中に広がり後味がすっきりとしていてとても美味しいスイーツでした。

食後などにはこのようなすっきりとしたタイプのスイーツを食べると、口の中もさっぱりとしてすごくいいと思います。

食後にもお勧めですので、是非食べてみてください。

原材料など詳細は写真の中に書いてますので、チェックしてみてください。

Web site

■ シャトレーゼ Chateraise